« 「若さま同心徳川竜之助 弥勒の手」 若さま、最大の窮地!? | トップページ | 「やわら侍・竜巻誠十郎 秋疾風の悲槍」 コロンブスの卵はあったけれども »

2009.11.16

「水滸伝」 第22回「壮絶! 救出大作戦」

 晁蓋が倒れ林中が囚われたと知り、東渓村に向かう高求。梁山泊勢は変装して東渓村に潜入、占い師に化けた公孫勝を信じた曽狼の言により高求軍は進路を変え、梁山泊軍の待ち伏せで大打撃を受ける。さらに歌い女に化けた扈三娘の色香に迷った曽魁と曽密が争う隙に、宋江たちが林中を救い出す。怒りに燃えて敵の本拠に乗り込んだ林中らは、曽狼と息子たちと対決、大乱戦の果てにこれを全滅させる。曽家倒した梁山泊軍を前にに、遅れて到着した高求は軍を引くのだった。

 さて、曽家との対決編も後編。ひたすら追い詰められ、被害を出す一方でフラストレーションが溜まった前回ですが、今回は一転、梁山泊側の大反撃です。

 しかし東渓村は占領され、そして何よりも林中は敵に捕らわれたまま。真っ正面から戦うわけにはいかない梁山泊の打った手は、それぞれが変装して東渓村に潜入しての攪乱作戦であります。
 原典でも、城市攻めの際などに、豪傑たちが変装して内部に潜入し、様々な攪乱を行った上で外の軍勢と呼応し、敵を殲滅するというパターンがしばしば見られましたが、今回はまさにそれ。ある意味一番梁山泊らしいパターンでの大逆転劇は実に愉しく、前回の溜飲も下がりました。

 さて、その潜入作戦ですが、それぞれの扮装と役割は以下の通り。
・宋江…人夫となって林中の牢作りに加わる(本作の宋江、えらくがっちりして見えるのでこういう役ピッタリ)
・公孫勝&阮小七…占い師とお供に扮して(この辺り、原典で盧俊義を仲間入りさせる時の呉学人を想起)曽狼に接近、高求軍の進路を変えさせるとともに、林中の牢を屋敷内から外に出させる
・扈三娘&阮小五…歌い女とお共に扮して曽魁・曽密に接近、色仕掛けで二人の間を裂き、林中の見張りを手薄にさせる
 さらに阮小二は宋江に扮して(ってヒゲ付けただけ!)、鉄牛とともに別働隊として山道に罠を仕掛け、高求軍を撃退するという役割(この時、鉄牛が「ヒゲつけたからっていいかっこするな」とか「俺がやりたいのはこういう戦いじゃねえ」と始終ブツクサ言って、阮小二と喧嘩ばかりしている辺りがまた最高)。

 そんな中でも今回のMVPは、曽魁と曽密(扈三娘の前では口調が紳士になるのが愉快)を見事手玉に取った扈三娘でしょう。謎の中国人チックにしゃべりまくる阮小五の名アシストもあり、林中救出の隙を作った上に、曽狼らが籠もった庄屋屋敷の門を開放するなど、硬軟両方の大活躍でした。

 そしてラストの庄屋屋敷を舞台にしての大乱戦では、それぞれ林中vs曽索、宋江vs曽狼、公孫勝・鉄牛vs曽魁、扈三娘vs曽密、阮三兄弟vs曽塗という総力戦。
 曽家に家族の絆――まあ、あんまりなかったような気もしますが――あれば、梁山泊には義の下に集った仲間たちの絆がある! というわけで、全員で掴んだ大勝利、実に気分の良い結末でした。


 しかし前回、林中・鉄牛とともに東渓村攻めに参加していた花英は今回何故か登場せず…どこ行った?

「水滸伝」DVD-BOX(VAP DVDソフト) Amazon
水滸伝 DVD-BOX


関連記事
 「水滸伝」放映リストほか

|

« 「若さま同心徳川竜之助 弥勒の手」 若さま、最大の窮地!? | トップページ | 「やわら侍・竜巻誠十郎 秋疾風の悲槍」 コロンブスの卵はあったけれども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/46775248

この記事へのトラックバック一覧です: 「水滸伝」 第22回「壮絶! 救出大作戦」:

« 「若さま同心徳川竜之助 弥勒の手」 若さま、最大の窮地!? | トップページ | 「やわら侍・竜巻誠十郎 秋疾風の悲槍」 コロンブスの卵はあったけれども »