« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第04話「勝つか負けるか! アラシ対ヒヲウ」 | トップページ | 「新撰組 PEACE MAKER」 第01話「不穏」 »

2010.01.25

「変身忍者嵐」 第28話「殺しにやって来る! 魔女メドーサ!!」

 魔女メドーサは、忍者大秘巻地の巻を奪い姉ゴルゴンの仇を取るため、曲芸師姉妹を操ってハヤテたちを狙う。催眠術で操られるツムジに奪われた地の巻を奪還した嵐だが、ツムジは石に変えられてしまう。メドーサを追い南蛮寺の女占い師(実はメドーサ)を訪ねたタツマキが催眠術にかけられかけた時、嵐が登場。月の輪の助言で、唯一の弱点である鎌を使いメドーサを倒すのだった。

 さて今回の変身忍者嵐は、一部で有名な西洋妖怪メドーサ登場の巻です。
 このメドーサ、以前登場した魔女ゴルゴンの妹という設定で、(当然?)ビジュアル的にも姉と一緒。つまりはレオタードにマントというかなり危険球なコスチュームであります。
(ちなみに頭の蛇のプロップは、ゴルゴンの時よりもかなり出来が良いように感じます)

 しかも今回は体のラインがはっきりわかる白のレオタード、演じるのは真理アンヌというわけで、これは確かにインパクトがあります(後半、メドーサが南蛮寺なのに何故かインドチックな服装で女占い師に化けて現れるのは、やはり真理アンヌさんがインド系だからなのでしょう)。

 さらにこのメドーサ、旅の曲芸師姉妹を術にかけて赤レオタード姿で操るのですが、三人揃って夜の街をマントをバサバサさせながら走る姿は何というか…あと、攻撃の時に下忍がマントの中から転がり出てくるのも、普段どういうことになっているのかちょっとドキドキ。
 …ただ、メドーサ最大の武器である石化(姉は凍結だったのに…)は、史上最低にもっさいビジュアルで――簡単にいえば灰色の雪だるまのかぶりもの――逆方向のインパクトです。

 さて、お話の方は、ハヤテが持つ(ことになったらしい)忍者大秘巻地の巻を巡る争奪戦。前回、メドーサの手に天の巻が渡ったのでそちらの争奪戦かと思ったらちょっと意外ではあります。
 というか今回、筋立ては非常にシンプルな割に、どこかもっさりとしているというか…個々の要素はなかなか面白いのですが、それぞれがうまく結びついていないのかな、という印象でした。

 ちなみに今まであまりはっきりと語られてこなかった大秘巻の秘密ですが、何百人もの伊賀忍者が調べた日本中の城の抜け道・攻撃方法や金山銀山の在処が描かれていたとのこと。
 確かに大変な内容ではありますが、もう少し血車党攻略に役立つ秘密だと盛り上がるのに…と思います。

 さて、メドーサ戦との決着は、メドーサ唯一の弱点である鎌での一撃。
 何故鎌…と思いきや、ギリシャ神話のメドゥーサは、ペルセウスに鎌で首を刈られているのですね。月の輪は本当に何でも知っているなあ(メドーサの化石の術も、月の光に包まれた俺の体は石にならないと断言しちゃうし)。

 も一つ個人的に面白かったのは、今回、舞台となった堺の町を南蛮人が歩き、南蛮寺もあったこと。
 天領に禁教令が発布されたのは1612年ですから、本作は少なくともその前が舞台ということなのでしょう。
(堺にはあまり外国船は来ていなかったとか言わない)

今回の西洋妖怪
魔女メドーサ
 ハヤテの忍者大秘巻地の巻を狙う西洋妖怪で魔女ゴルゴンの妹。水晶玉を用いた催眠術で、曲芸師姉妹やツムジなどを操った。水晶球は破壊光線も出す。目に見えない悪魔の馬車に乗って移動し、メドーサ化石の術で相手を石像に変える。
 不死身の体を持ち、嵐の刃を真っ向から受け止めるが、唯一の弱点である鎌を刺され、三千年の命を絶たれた。


「変身忍者嵐」第3巻(東映ビデオ DVDソフト) Amazon
変身忍者 嵐 VOL.3 [DVD]


関連記事
 「変身忍者嵐」 放映リストほか

|

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第04話「勝つか負けるか! アラシ対ヒヲウ」 | トップページ | 「新撰組 PEACE MAKER」 第01話「不穏」 »

コメント

本来なら相手を石に変える光線は彼女自身の目から発するべきだったのでしょうけれど、肩から額に巻き付いた蛇がそれに代わっています。蛇の名は多分バジリスク。「ハリーポッターと秘密の部屋」に登場した大蛇ですね。
破壊力も秘めた水晶の千里眼は、三妖婆グライアイが交代で使っている目玉だと思えます。
それにしても頭の蛇たちに動きが全くないのが如何にもテレビ特撮の限界を物語っています。それでも私たちはそれを「お約束事」として納得して見ていました。
「パーシージャクソンとオリンポスの神々」リメイク版「タイタンの戦い」では、CG技法を駆使したリアルな(と言うか、かなり誇張された)動きが見られます。

投稿: 特撮コメンテーター | 2010.04.11 09:36

蛇を動かすのはテレビだと今でも結構大変じゃないかな…でも、なかなか良い造形だったと思います。
髪の毛が蛇である以外、怪物的な部分を排除したキャラクターも、今回ばかりは良かったと思います。

投稿: 三田主水 | 2010.04.11 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/47384028

この記事へのトラックバック一覧です: 「変身忍者嵐」 第28話「殺しにやって来る! 魔女メドーサ!!」:

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第04話「勝つか負けるか! アラシ対ヒヲウ」 | トップページ | 「新撰組 PEACE MAKER」 第01話「不穏」 »