« 「退屈姫君 恋に燃える」 楽しい大人の夢物語 | トップページ | 「風と雷」 漫画と歌舞伎と五右衛門と »

2010.01.13

「ICHI」第3巻 市の抱えた闇

 映画の方はずいぶん前のこととなってしまいましたが、こちらは独自路線で突き進みます漫画版「ICHI」。その第三巻であります。

 長州のシリアルキラー・響と、彼と行動を共にする仮面の剣客・十内を巡り、講武所や試衛館の剣士たちが入り乱れての争いを描いた第二巻…
 それに続くこの巻で描かれるのは、前半で響たちとの決着、後半は市の壮絶な過去であります。

 次々と強行を繰り返す響に挑むのは、和宮護衛のために集った伊庭八郎・土方歳三・沖田総司…
 と、第二巻では有名剣豪組が目立ってしまい、市の存在感がすっかり薄くなってしまったのが気になりましたが、それは溜めであったらしく、一気にこの巻では市が物語の中心に位置することになります。

 響と十内との市の戦いを通じて描かれるのは、単に市の卓越した剣技、活躍のみならず、それを目の当たりにした剣士たちの想い。
 伊庭・土方・沖田、そして十馬…それぞれ、尋常ならざる腕前を持つはずの彼らが、自分たちをを遙かに上回る持つ市の技を見たこと――それが、その後の彼らの生き方に少なからぬ影響を与えたというのは、一つの伝奇的解釈として、実に面白い趣向と感じます。

 そして、それに続いて描かれるのは、市の過去の物語――
 ここに来て、ついに市が物語の中心となりましたが、ここで語られる内容はまことに重く、辛いものです。

 悪趣味と言えば悪趣味、目を背けたくなるような内容(と言っても、よくある展開ではあるのですが…)ではありますが、しかし、市というキャラクターを語るには、これほどの闇を必要とするということでしょう。

 この闇を抜けた先の物語に何があるか、それはまだわかりませんが、光があることを祈りましょう。

「ICHI」第3巻(篠原花那&子母澤寛 講談社イブニングKC) Amazon
ICHI 3 (イブニングKC)


関連記事
 「ICHI」第1巻 激動の時代に在るべき場所は
 「ICHI」第2巻 市の存在感が…

|

« 「退屈姫君 恋に燃える」 楽しい大人の夢物語 | トップページ | 「風と雷」 漫画と歌舞伎と五右衛門と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/47279345

この記事へのトラックバック一覧です: 「ICHI」第3巻 市の抱えた闇:

« 「退屈姫君 恋に燃える」 楽しい大人の夢物語 | トップページ | 「風と雷」 漫画と歌舞伎と五右衛門と »