« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 | トップページ | ゾンビ時代小説特集 第一回「神州魔法陣」 »

2010.04.12

「変身忍者嵐」 第39話「あゝ嵐! 死す!!」

 骸骨丸の前で正体を明かした月の輪。彼はハヤテの双子の兄・フユテだった。再会を喜び合う間もなく、人質を救うため地獄谷に急ぐハヤテ。しかし嵐は魔神斎の奸計で溶岩の中に落とされてしまう。月の輪は嵐を救うため自らも溶岩に飛び込み、兄弟の力で新生・嵐を生み出す。勝ち誇る魔神斎と悪魔道人を一撃で粉砕する嵐。しかしその前に、彼らを操っていた大魔王サタンが出現するのだった。

 ついに西洋妖怪編も今回で完結。そして同時に父の敵である魔神斎との戦いも決着します。
 …色々と意外かつあっさりと。

 冒頭で謎に包まれていた正体を明かした月の輪の正体は、市川治の声で話す南城竜也…ではなく、ハヤテの双子のフユテ。どうやら以前からこの時あるを予感して西洋妖怪を追っていたようです。
 …別に正体を隠しておく必要はなかったんじゃ、とも思いますが、双子のどちらかが傷つけばもう一方も傷つくそうなので、そういうことなんでしょう。

 さて、前回死にそうだった骸骨丸はあっさり復活して再び月の輪に襲いかかりますが、あっさりまた敗北。
 魔神斎の秘密をしゃべるとみっともなく命乞いしますが、そこで悪魔道人の怒りを買い、不死身の魂(というものがあるんだそうです)を没収されて地獄の業火に焼かれてしまうのでした。
(しかしフユテ・タツマキ・ツムジの周囲を下忍が輪になって取り囲み、ぐるぐる回って動きを封じ、さあ攻撃! ってところで「クラーム」でどろん、というギャグみたいな展開にはひっくり返りました。)

 さて、人質となったカゲリとツユハは、火口の近くに磔状態。それを救おうとしたうっかりハヤテは魔神斎の攻撃を喰らって転落。変身して空駆けの術で飛び出したところをさらに雷を喰らわされ、姉妹は助けたものの、自分は溶岩の中に…

 そこで月の輪は自分の生命力と合わせて救ってみせると後追いダイブ、嵐と月の輪の兄弟が合体すれば、二人の体内に蓄えられた不滅のエネルギーが作用する…と謎のナレーションをバックに、溶岩の中でひしと抱き合う二人!
 よくわからない原理で合体した二人は、超能力を持った新生嵐に。

 おもむろにとりだしたバトンの先からの変な光線を喰らった悪魔道人は、苦しんだ挙げ句崖から落ちて盛大に爆死(目から血を流す魔神像がキモイ)
 そして逃げる魔神斎にも、空中でバトンの一撃! あっさり粉砕された魔神斎の正体は機械人形という超展開であります。

 さらに超展開は止まらない。そこに飛んで来たのは変なUFO、その中に乗っているのは金髪の天本英世、大魔王サタン!
 なんと魔神斎は大魔王サタンの人形、悪魔道人もサタンの配下だったと…
 血車党って? 魔神斎って? と色々混乱しますが、妖怪城を根城に日本征服を宣言するサタン――まだ平和は遠いようです。

 タツマキとツムジは忍者大秘巻二巻を持って伊賀の里へ。合体の後遺症か、声が市川治になってしまったハヤテは大魔王サタンを倒すための旅に出るのでありました。


「変身忍者嵐」第4巻(東映ビデオ DVDソフト) Amazon
変身忍者 嵐 VOL.4 [DVD]


関連記事
 「変身忍者嵐」 放映リストほか

|

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 | トップページ | ゾンビ時代小説特集 第一回「神州魔法陣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48062612

この記事へのトラックバック一覧です: 「変身忍者嵐」 第39話「あゝ嵐! 死す!!」:

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 | トップページ | ゾンビ時代小説特集 第一回「神州魔法陣」 »