« 「陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼」 変わったもの、変わらぬもの | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 »

2010.04.10

「はぐれ忍び 烈」 天才忍者の大いなる目的

 慶長五年、豊臣秀吉亡き後、天下を巡る動きの中で、忍びたちの暗闘も激化する。そんな中、直江兼続の前に「烈」と名乗る忍びが現れた。人並み外れた剣技と知謀、カリスマで上杉家に助力する烈。しかし、その一方で烈は徳川家康の前にも姿を現す。果たして烈の狙いは…

 いつの間にかめっきり数を減らしてしまった忍者ものの時代小説。まったく寂しいお話ですが、そんな中で、真っ向から忍者を主人公としてくれたのが本作「はぐれ忍び 烈」です。

 忍びの活躍を通して描く関ヶ原秘話、ともいうべき本作の主人公・烈は、伊賀の里で育った天才忍者。
 若き日に伊賀が信長に攻め滅ぼされ、諸国を放浪することとなった烈は、長じた後、ある目的をもって、直江兼続に近づくことになります。

 秀吉亡き後、天下を窺う家康配下の服部半蔵率いる伊賀忍者に壊滅的打撃を受けた上杉家の忍者団に代わり、上杉家存続のために活躍する烈…
 これだけであれば、さほど珍しい内容ではありませんが、面白いのは、烈が、兼続と対立する家康の側にも助力することです。

 天下の趨勢が家康と石田三成の全面対決に向かう中、烈は家康による多数派工作に力を貸して、関ヶ原の合戦で家康を勝利に導くために暗躍します。
 兼続と家康、双方のために働く烈は、単なる二股膏薬の卑怯者のように見えますが、そこには烈自身の大いなる目的が秘められているのです。


 …正直なことを言えば、本作は小説として見れば、文章力・表現力はまだまだ…という印象が強くあります。
 その点でいえば、まことに残念ながら人に薦めにくい作品ではありますが、しかし、本作の中心にある烈の真の目的と、それに密接に結びつく烈の出自の意外性など、見るべき点も様々にあります。
(ちなみに、この点に関わるものですが、本作は、実は作者の前作「雲の彼方に 希代くノ一忍法帖」の続編であります)

 そしてまた、冒頭に述べたように、現在では貴重な忍者ものとしてのアクション描写も楽しい本作。
 確かに残念な部分はありますが、まだ作者の三作目であり、これからの伸び代はあると考えたいところです。

 天下は安寧に向かったとはいえ、未だ争いの種が残ることを考えれば、烈の今後の活躍を見てみたいという気持ちもあるのです。


はぐれ忍び 烈 (学研M文庫)

「はぐれ忍び 烈」(高妻秀樹 学研M文庫) Amazon

|

« 「陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼」 変わったもの、変わらぬもの | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48050569

この記事へのトラックバック一覧です: 「はぐれ忍び 烈」 天才忍者の大いなる目的:

« 「陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼」 変わったもの、変わらぬもの | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第14話「でかい! 魔界に眠る天狗の剣」 »