« 五月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第16話「渡れ! 激流を越えて」 »

2010.04.26

「ほおずきの風 あやかし草紙」 真相は闇の中…?

 幇間の藤八が湯屋で聞いた噂…鈴ヶ森の獄門首が公方の死を予言したというその噂に憤りを抱いた藤八は、その噂の裏を確かめるべく鈴ヶ森に向かう。その彼の前に現れたのは、かつて二度にわたって彼を襲った謎の一団。江戸を混乱させようという謎の敵に、一人孤独に立ち向かう藤八だが。

 「丑三つの月」「半夏生の灯」と続く「あやかし草紙」シリーズの第三弾であります。

 元お庭番の藤八(ちなみに藤八をはじめとするレギュラー陣は、「江戸あやかし舟」「異人街変化機関」「からくり偽清姫」と、本シリーズ以前から描かれている竹河先生の時代ものにも登場しております)が、幕末の江戸で暗躍する謎の敵を向こうに回して活躍する本シリーズですが、本作の導入部は、前二作に比べると一層怪談めいた印象。
 鈴ヶ森の獄門首が口を開き、時の将軍・徳川家茂の死を予言して嗤ったという噂が流れ、藤八は怒り半分、好奇心半分でその真偽を確かめに向かった先で、三度事件に巻き込まれることとなります。

 様々な手段で江戸を混乱させ徳川幕府の権威の失墜を狙おうとしていること、そして目的のためには人の命など何とも思わぬ非情の集団であること以外は、一切が謎に包まれている敵――
 その敵に好むと好まざるとに関わらず狙われることとなった藤八は、元お庭番ということで、決して常人ではないものの、しかし今はただの幇間。その彼が、数少ない手持ちの武器で必死に強敵に立ち向かう展開は、なかなか楽しめました。


 しかし、どうにもすっきりしないのは、その敵をはじめとして、物語の全体像が曖昧模糊として見えてこないことであります。

 もともと、竹河先生の時代ものはその傾向が強いのですが、本シリーズ以前の、時代ホラーに分類される作品であれば、全てを明らかにせず、真相は闇の中、という構成も、それはそれで納得がいきました。

 しかし、「普通の」時代小説側に近づいた本作、いや本シリーズにおいて、それは果たしていかがなものか…
 パリ万国博覧会への柳橋芸者衆派遣のエピソードなど、非常に面白い題材もあっただけに、やはり残念に感じられます。

 本シリーズの今後の展開がどうなるかはわかりませんが(解説に書いてあったのは、あれはあくまでも解説者の希望でしょう)、この点はもう少し…と、わかってないファンだなあ、と言われることは承知で思うのです

「ほおずきの風 あやかし草紙」(竹河聖 角川春樹事務所ハルキ文庫) Amazon
ほおずきの風―あやかし草紙 (時代小説文庫)


関連記事
 「丑三つの月 あやかし草紙」 今回は趣向を変えて

|

« 五月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第16話「渡れ! 激流を越えて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48184821

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほおずきの風 あやかし草紙」 真相は闇の中…?:

« 五月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」 第16話「渡れ! 激流を越えて」 »