« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第6巻 男・柳生十兵衛吼える! | トップページ | 「御隠居忍法 魔物」 御隠居、魔剣の怪を見届ける »

2010.06.03

「お蔭の宴 浪花の江戸っ子与力事件帳」 手段としての伝奇

 織田信長が砦にしていたという今城塚古墳の警備を命じられた伊吹伝四郎は、隠密らしき男の襲撃を受ける。一方、大坂の町では子供の誘拐事件が続発、さらに全身の毛を剃られて殺された男、現場に詫び状を残す盗人など怪事件が連続する。必死の捜査を続ける伝四郎は、やがて伊勢神宮へと導かれるが…

 江戸からやってきた大坂西町奉行所与力を主人公に、捕物帖・奉行所ものに伝奇もののテイストを加えた物語を展開する「浪花の江戸っ子与力事件帳」シリーズ第二弾(他社分も含めれば第三弾)であります。

 今回の物語の鍵を握るのは、かの織田信長。
 信長がかつて砦とした古墳から物語は始まり、そして信長と縁の深い伊勢神宮で、物語はクライマックスを迎えることになります。

 何故信長が古墳を、それも今城塚古墳を砦としたのか? そして信長が伊勢神宮に見出そうとしていたものとは?
 その謎の答えが、それが、元禄期の江戸のある人物の思惑と絡み合って…という趣向が面白いのです。

 もちろん、本作の基本は、あくまでも奉行所もの。前作同様、本作も、伝奇要素はあくまでも事件の発端として使われる、味付け程度の扱いではあります。
 しかし、(例外はもちろんあるものの)一定以上に物語のスケールを広げにくい奉行所ものにおいて、物語にスケール感と意外性を持たせるための手段として、伝奇を用いるという発想は、大いに結構ではありませんか。


 …もっとも、そんな物語面の工夫の一方で、キャラ立ての面が弱いという点は、否めません。

 本シリーズの主人公・伝四郎は、大坂町奉行所の与力でありながら、江戸生まれの江戸育ちというキャラクター。
 その点で意外性はありますが、しかしそれを柱としてキャラクターを描くのはまだまだ…という印象です。
(江戸っ子であることが、捜査中に思わぬ形で彼の足を引っ張るという件は、なかなか面白かったのですが…)

 犯人(の一人)も、この手の作品のパターン通りなので、ほとんど登場した時点でわかってしまうのも、残念ではあります。


 …と、きついことも書いてしまいましたが、これも期待の表れ。
 ほとんど無数に発売される文庫書き下ろし時代小説、その中でも点数の多い奉行所ものの中で、伝奇テイストを取り入れた本シリーズは、一際異彩を放っていると感じられるのです。

 この趣向を武器にして、より充実した作品となることを期待する次第です。


 しかし、この数十年後に、当の信長本人が江戸に出現することになるとは…


「お蔭の宴 浪花の江戸っ子与力事件帳」(早見俊 光文社文庫) Amazon
お蔭の宴―浪花の江戸っ子与力事件帳〈2〉 (光文社時代小説文庫)


関連記事
 「不義士の宴 浪花の江戸っ子与力事件帳」 二つの謎に挑め!

|

« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第6巻 男・柳生十兵衛吼える! | トップページ | 「御隠居忍法 魔物」 御隠居、魔剣の怪を見届ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48528343

この記事へのトラックバック一覧です: 「お蔭の宴 浪花の江戸っ子与力事件帳」 手段としての伝奇:

« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第6巻 男・柳生十兵衛吼える! | トップページ | 「御隠居忍法 魔物」 御隠居、魔剣の怪を見届ける »