« 「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」 宿敵の企みや如何に!? | トップページ | 「戦国SANADA紅蓮隊」第3巻 ついに集った十人の兵! »

2010.07.13

「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム!

 ほぼ一年前に終了した「必殺仕事人2009」が、スペシャル番組「必殺仕事人2010」として帰ってきました。
 今回の題材は「事業仕分け」と聞いた時は驚きましたが、蓋を開けてみれば、これまでのシリーズ同様、一筋縄ではいかないキャラクター描写の作品となっておりました。

 今回の中心人物となるのは、若き勘定吟味役・風間右京乃助(小澤征悦)です。
 筆頭老中を後ろ盾に、幕府の財政再建のために事業仕分けを行い、辣腕を振るう彼ですが、幕府内では既得権益に群がっていた役人らから、外側では景気が悪くなり仕事がなくなった庶民から、非難と怨みを一身に受ける毎日…

 しかしそんな彼にはもう一つの顔が。彼は、旗本の三男坊・柿本平三郎と名乗り、職を失った人々のために、私費を投じて炊き出しを行っていたのであります。
 果たして右京乃助は悪か善か? 右京乃助のために仕事を失い、両親が自殺した娘から仕事を請け負った涼次、そして偶然平三郎と知り合い、その人柄に触れた小五郎は、それぞれの立場と視点から、それを探っていくのですが…

 と、お話的にはスペシャルとはいえどイベント性はほとんどなく、純粋に前作の延長線上にある物語、という印象。
 前作は、単純明快な悪人というのは存外少なく、悪人といえど複雑な内面を持つ様が、あるいは善人が悪事に染まり転落していく様が描かれていったのが印象に残りますが、今回の右京乃助も、その線上にある人物と言えます。

 物語の後半、政敵から、炊き出しの費用のため、将軍家から下賜された家宝を質入れしたという弱みを握られた右京乃助。
 さらに、炊き出しを手伝っていた町娘が彼の子を宿したこと、そしてその兄たちが、江戸を騒がす武士殺しの犯人であったことを知り、彼の心は黒く染まっていくことになります。

 右京乃助も、元々は理想に燃える有能な官僚であり、その実現のためであれば、自らがどれほど悪評を被ろうと、毅然として立ち向かう気概を持った男であります。
 その一方で、その償い、そして何よりも悪評を被ることに耐えられぬ彼の心の平衡を保つため、平三郎を名乗っての貧民救済を行う彼の心の中には、その強さと裏腹の弱さがあります。

 単なる理想家ではなく、もちろん無情な悪人でもなく、弱さも強さも持つ一個の人間である彼は、少なくとも涼次が仕事を請け負った時点では、仕事の標的となるべき者ではありません。
 それがひとたび躓き、バランスを崩した時――これまでの顔が嘘であったように豹変し、仕事人の相手として相応しい存在と化す、その辺りの皮肉な展開が、実に印象的です。
 スペシャル枠という時間の長さを用いて、この辺りをじっくりと描いたのが、今回の魅力でありましょう。

 もっとも、その後の右京乃助の言動が、あまりにも血も涙もなさすぎて、そこから先は、ごく普通の悪役になってしまったのは、本当に残念なところ。
 かつての想いをどこかに残していれば、などと言うつもりはありませんが、もう一ひねり、何かしらのドラマがあれば良かったのですが…結果としては、普通の悪人退治で終わった感があります。


 さて、今回もう一つ印象に残ったのは、本作撮影中に急逝した藤田まこと演じる中村主水の去就であります。
 本作では、西方(言うまでもなくあの世の謂でしょう)へ配置換えのため、家に置手紙を残して去っていったという設定。
 冒頭をはじめとして、作中の随所で、ぽっかりと穴が空いたように感じられる――もちろんそれは意図的なものですが――のが、いよいよ切なさを増してくれます。
 特に、冒頭、主水が去ったことを知った小五郎が、「必殺仕事人」のOPナレーションを引用して主水を偲ぶ姿は、ある意味非常にずるいのですが、グッと来ました。
(ラスト、主水の十手や名札を懐にしての仕事はちょっとやりすぎの感もありましたが…)

 もちろん、主水以外のレギュラーは皆健在で、相変わらずのドラマを見せてくれるのはありがたいところ。
 特に、キャラが薄い薄いと言われてきた小五郎も、妻の懐妊に対する複雑な心境と、図らずも同じ立場となった右京乃助との対比もあって、なかなかよい描写であったと思います。

 中村主水は去りましたが、もう彼らだけでも立派にやっていける…それを示すためにも、この小五郎チームのシリーズは、まだまだ続けていただきたいものです。


関連記事
 今ごろ「必殺仕事人2007」
 「必殺仕事人2009」 一年半ぶり、帰ってきた仕事人!
 「必殺仕事人2009」第01話 ひねりにひねった変化球
 「必殺仕事人2009」第02話&第03話をまとめて
 「必殺仕事人2009」第04話「薬物地獄」
 「必殺仕事人2009」第06話「夫殺し」
 「必殺仕事人2009」 第8話「一発勝負」
 「必殺仕事人2009」 第10話「鬼の末路」
 「必殺仕事人2009」 第11話「仕事人、死す!!」
 「必殺仕事人2009」 第13話「給付金VS新仕事人」
 「必殺仕事人2009」 第14話「武士の異常愛」
 「必殺仕事人2009」 第17話「ゴミ屋敷」
 「必殺仕事人2009」 第21話「最終章~仕事人狩り!」
 「必殺仕事人2009」 最終話「最後の大仕事!!」

|

« 「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」 宿敵の企みや如何に!? | トップページ | 「戦国SANADA紅蓮隊」第3巻 ついに集った十人の兵! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48864400

この記事へのトラックバック一覧です: 「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム!:

» 『必殺仕事人2010』 [趣味人日報]
途中から録画しといたのを観る。 涼次、普通に復活してるし。足腰立つんかい。 匳が見当たらないんでスケジュールが合わなかったのかと思ったら、髪伸びてるし。 右京乃助がブチ切れるところは凄かったなぁ。 仕事の場面を観ても平気な坊が怖がっていた。 見覚えの....... [続きを読む]

受信: 2010.07.30 15:57

« 「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」 宿敵の企みや如何に!? | トップページ | 「戦国SANADA紅蓮隊」第3巻 ついに集った十人の兵! »