« 「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」 恐るべき因縁の秘剣 | トップページ | 「真田十勇士」第3巻 結集十勇士、そして… »

2010.07.28

「夕ばえ作戦」第3巻 そして物語は異なる地平へ

 ジュヴナイル+時代活劇の名作「夕ばえ作戦」の漫画版第三巻が刊行されました。
 様々なアレンジを加えつつも、おおむね原作に沿った展開を見せてきた本作ですが、ここにきて物語は大きく異なる様相を見せ始め、果たしてどこに着地するのか、原作ファンにも読めなくなってきました。

 思わぬアクシデントから、風祭陽子とともに現代に戻ってしまった茂。しかし江戸時代には親友の明夫が、そして風魔に囚われの身の高尾先生が残っています。
 かくて、陽子を明夫の実家に預け、茂は再び江戸時代へ…

 という辺りからが第三巻の物語。ここでまず意外な展開を見せるのは、高尾先生と風魔小太郎の関係であります。
 小太郎の気まぐれで側に置かれることになった高尾先生、ここは先生という職業柄か、はたまた年の功(?)か、風魔の頭領として小太郎が内に抱えた孤独と悩みを見つめ、それを受け止めていきます。

 もちろん小太郎も風魔の頭領、そうそう己の中の弱さを認めようとしないのですが…似たもの兄妹ですね、実際。

 一方、高尾先生を何とか取り返そうとする明夫ですが、その言動と、そして何よりも小太郎とうり二つの顔立ちであったことから、次第に地虫兵衛たちの疑惑を招いていくことになります。
 そんな中で高尾先生奪還作戦は成功するのか、そして現代から戻ってくる茂は間に合うのか…


 と、本作は三人の現代人(さらに、現代に残された風祭陽子)それぞれの視点から、物語が展開していきます。

 現代と江戸時代をまたにかけた戦いという点は原作同様ですが、この漫画版ではそれに加え、物語の根幹に関係する大きな謎が設定されています。
 なぜ明夫と小太郎はうり二つの顔なのか(さらに、明夫の祖母と風祭陽子の面影がだぶって見えるのも偶然なのか)、そもそも何故時間の扉が明夫の家にあるのか…

 この謎に迫っていく上で、この巻で用いられたような、複数の目から物語を描いていくというのは有効かもしれません。

 が、その一方で、物語の中心となるべき人物が分散したことにより、個々の描写の掘り下げという点では、ぼやけてきたもの、薄れてきたものがあるという印象もあり(具体的には風祭陽子の出番が足りないとか)、厳しいことを言えば、現代っ子vs忍者の痛快バトルという原作の魅力をいささか損ねた、という印象は正直なところあります。


 さて、この巻の終盤では、それまで以上に原作とは大きく異なる地平に、本作は突入していくことになります。
 果たしてそれが、本作を原作と異なる結末に導いていくことになるのか。そして、そうであるとするならば、それはどんな結末となるのか…

 原作ファンも納得の、もう一つの結末を期待したいところです。具体的には風祭陽子○○ルート。

「夕ばえ作戦」第3巻(大野ツトム&光瀬龍&押井守 徳間書店リュウコミックス)


関連記事
 「夕ばえ作戦」第1巻 夕ばえは現代に輝くか
 「夕ばえ作戦」第2巻 原作精神健在なり

|

« 「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」 恐るべき因縁の秘剣 | トップページ | 「真田十勇士」第3巻 結集十勇士、そして… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48977489

この記事へのトラックバック一覧です: 「夕ばえ作戦」第3巻 そして物語は異なる地平へ:

« 「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」 恐るべき因縁の秘剣 | トップページ | 「真田十勇士」第3巻 結集十勇士、そして… »