« 八犬伝特集その十一の二 「THE 八犬伝」 第二話「闇神楽」 | トップページ | 「夕ばえ作戦」第3巻 そして物語は異なる地平へ »

2010.07.27

「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」 恐るべき因縁の秘剣

 いよいよ風雲急を告げる「若さま同心徳川竜之助」シリーズ第十一巻であります。
 前作ラストで登場し、竜之助のライバル・柳生全九郎を打ち破った謎の剣の正体と、その驚くべき因縁がいよいよ描かれていくことになります。

 前々作ラストで左腕を失い、一時は生死の境を彷徨った竜之助。何とか回復し、前作では一種のベッドサイド・ディテクティブとなった彼も、本書では外の事件に挑むことが可能となりました。

 しかし手は繋がったものの、以前のような精妙な動きはとてもできず、風鳴の剣、そして飛燕十手も使えぬまま。
 もっとも、剣を振るうことを好まぬ竜之助自身は、影響をさほど感じていないようですが…しかし、周囲の状況はそれを許しません。

 本書でも、竜之助が出会う市井の怪事件・珍事件と、それと平行して、あるいは交錯して、葵新陰流を巡る暗闘が描かれていきます。その後者、いわば剣豪小説のパートでは、風鳴の剣、そしてそれと対になるもう一つの秘剣との因縁が、いよいよ語られることになります。

 今回、剣豪小説パートの中心となるのは、先代の風鳴の剣の継承者であり、竜之助の師である柳生清四郎と、意外や意外、かつて風鳴の剣との対決を望みながらついに果たせず、江戸を去った中村半次郎であります。
 それぞれの立場から秘剣の謎を追う二人が知ったのは、もう一つの秘剣・雷光の剣の存在と、それを伝えるのが、剣豪小説ではおなじみのあの家の者であるという事実。
 それ自体は、前作まででほぼ予想がついていたことではありますが、しかし、事実として語られると、いよいよここまで来たか…と、何やら胸に迫るものがあります。

 もっとも、そんな因縁は、竜之助にとっては、迷惑意外のなにものでもありません。
 いまや彼にとっては、剣を取って勝ち負けを決めること自体が無意味なこと。
 彼の望みは、作中での岡っ引きの文治が語る「負けたやつとか、しくじったやつ、うまく生きてこれなかったやつ」に、優しい眼差しを向け、共に生きていくことなのですから。
 さらに言えばこのスタンスは、彼に限らず風野作品の主人公全体に通じるものであり、それ故に、我々は彼らに好感と魅力を感じるのですが――

 閑話休題、そのためには、どれほど迷惑で、避けたいものであっても、彼を縛る因縁の糸を断ち切らなくてはなりません。
 本書のラストでは、ついに竜之助はその一歩を踏み出すのですが…さてその結末はどこに向かうことになるのか。

 そして、半次郎が見つけた絵巻物に記された、意外すぎるにもほどのある、二つの秘剣の因縁(伝奇的にはほとんど爆弾のようなインパクト! 読んだときには笑い転げました)がどのように絡んでいくのか、悔しいですが、今回も続きが気になって仕方ないのです。

「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」(風野真知雄 双葉文庫) Amazon
片手斬りー若さま同心徳川竜之助(11) (双葉文庫)


関連記事
 「若さま同心徳川竜之助 消えた十手」 若さま、ヒーローになれるか?
 「若さま同心徳川竜之助 風鳴の剣」 敗者となるべき剣
 「若さま同心徳川竜之助 空飛ぶ岩」 柳生新陰流、意外なる刺客
 「若さま同心徳川竜之助 陽炎の刃」 時代ミステリと変格チャンバラの快作
 「若さま同心徳川竜之助 秘剣封印」 バランス感覚の妙味
 春の若さま二題
 「若さま同心徳川竜之助 卑怯三刀流」 悲しみの石、しあわせの方角
 「若さま同心徳川竜之助 幽霊剣士」 時代の闇に飲まれた幽霊
 「若さま同心徳川竜之助 弥勒の手」 若さま、最大の窮地!?
 「若さま同心徳川竜之助 風神雷神」 真の敵、その剣の正体は

|

« 八犬伝特集その十一の二 「THE 八犬伝」 第二話「闇神楽」 | トップページ | 「夕ばえ作戦」第3巻 そして物語は異なる地平へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48977479

この記事へのトラックバック一覧です: 「若さま同心徳川竜之助 片手斬り」 恐るべき因縁の秘剣:

« 八犬伝特集その十一の二 「THE 八犬伝」 第二話「闇神楽」 | トップページ | 「夕ばえ作戦」第3巻 そして物語は異なる地平へ »