« 「幇間探偵しゃろく」第1巻 向島の名探偵登場 | トップページ | 「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム! »

2010.07.12

「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」 宿敵の企みや如何に!?

 江戸市中で幡随院長兵衛が奇怪な術の使い手に襲撃された。それが宿敵・左甚五郎配下の根来傀儡衆であると知った鬼九郎と仲間たちは、甚五郎たちを追って会津に旅立つ。折しも不穏な動きが伝えられる会津で何が起ころうとしているのか? 鬼九郎たちを待ち受ける意外な真相とは…

 つい先日、最新作が刊行された高橋克彦先生の「舫鬼九郎」シリーズの第二作を岡村賢二先生が漫画化した「鬼九郎鬼草子」であります。

 長髪の美形にして、服装は着流しの下にワイシャツ、その下には一面の刺青という異装の貴公子・鬼九郎。
 その正体は全く不明ながら、あの南光坊天海が貴人に仕えるが如く接し、剣は柳生新陰流の達人――まずは今日日気持ちよいほどの時代劇ヒーローであります。

 その彼が、幡随院長兵衛、天竺徳兵衛、柳生十兵衛といった錚々たる面々と交誼を結び、幕府転覆を目論んだ左甚五郎らの野望を打ち砕いたのが前作ですが、その続編たる本作でも、宿敵・左甚五郎との対決が中心となって描かれます。

 …が、本作がユニークなのは、その甚五郎の企みがなかなか見えてこないところでしょう。
 もちろん、悪人の企みが見えてこないことはよくあること…というより当たり前。それを探るのがヒーローのお仕事であります。

 本作ではそのため、甚五郎一味を追って鬼九郎たちが会津に旅立つことになるのですが、その旅の最中に襲い来るのは、甚五郎配下の根来傀儡衆。両国の芸人に扮して暗躍し、その芸人の芸を殺人技まで高めた(正確には逆なのですが)彼らと、鬼九郎たちの攻防戦が、本作の中心として描かれることになります。

 さて、この時期の会津で何が起こっていたか、ということは時代ものファンであればよくご存じかもしれません。
 本作の中盤以降は、この事件と、鬼九郎と甚五郎との戦い、さらに由比正雪一党の野望まで絡んで盛り上がっていきますが…
 最後の最後に待っている大ドンデン返しには、原作を既に読んでいた私でも、やはり驚かされたのですが、それは読んでのお楽しみであります。

 さて、原作の内容ばかりになってしまいましたが、それはある意味、この漫画版が、原作の内容と全く一体化して、違和感ないものとなっているゆえであります。
 前作で単行本二冊、本作で三冊目ということもあって、新登場のキャラも含めて、キャラクターデザインに違和感が全くないことは言うまでもありませんが、彼らの繰り広げる激しくトリッキーなアクション描写に至っては、原作以上…と言っては言い過ぎでしょうか?

 ちなみに、基本的に原作に漫画化されている本作ですが、終盤の展開は、少しアレンジされて、より意外かつ派手な展開になっているのも、また楽しいところであります。


 さて、鬼九郎シリーズの漫画化はこれで一段落の様子。原作三作目は短編集ということもあり、いささか漫画化しにくいのかもしれません。
 とはいえ、やはりこれでお別れというのはいかにももったいない。第三弾、第四弾の漫画化にも期待したいところであります。

「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」(岡村賢二&高橋克彦 リイド社SPコミックス) Amazon
舫鬼九郎鬼九郎鬼草子 (SPコミックス)


関連記事
 「舫鬼九郎」第1巻 魅力的なるビジュアライズ
 「舫鬼九郎」第2巻 名作はいまだ古びず

|

« 「幇間探偵しゃろく」第1巻 向島の名探偵登場 | トップページ | 「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/48856159

この記事へのトラックバック一覧です: 「舫鬼九郎 鬼九郎鬼草子」 宿敵の企みや如何に!?:

« 「幇間探偵しゃろく」第1巻 向島の名探偵登場 | トップページ | 「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム! »