« 「一鬼夜行」 おかしな二人の絆が語るもの | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第07話「危うしヤマブキ! 謎の大グモ」 »

2010.08.01

八月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 春先がずいぶんと寒かったと思えば、今度は本当に暑い日の連続。この調子では夏真っ盛りになったらどうなってしまうのかしら…と今から恐れおののいていますが、何はともあれ夏本番。夏休みはクーラーの効いた部屋で読書としゃれ込みたいものです。というわけで八月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 八月の文庫新刊は、七月に比べれば結構なラインナップ。

 新刊の方では、前作からかなりのスピードで続巻登場の上田秀人「赤猫始末 闕所物奉行裏帳合」を筆頭に、前作に付された予告の時点で期待度大だった柳蒼次郎「風の忍び六代目小太郎 風の掟」、このタイミングで微妙なタイトルの如月天音「平安ぱいれーつ 東国神起」、そして無事シリーズ化でめでたい渡瀬草一郎「陰陽ノ京 月風譚」其の弐と、楽しみな作品が目白押しであります。

 旧作の文庫化の方では、ちょっと懐かしい時代ホラーの坂岡真「膝丸よ、闇を斬れ」(旧題「艶書屋又十郎 降魔剣膝丸」)、三ヶ月連続刊行ラストの荻原規子「薄紅天女」、そしてベストコレクションとして待望の登場の山田風太郎「警視庁草紙」が気になるところです。


 漫画の方では、何といってもせがわまさきが山風短編に挑んだ第一弾「山風短 くノ一紅騎兵」が一番の注目作品でしょう。その他、発売が一ヶ月延期になった小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭」5、福田宏「ムシブギョー」2、猪熊しのぶ「雪月記」2、そして矢野隆の原作を漫画化した長田悠幸「蛇衆」1あたりが注目でしょうか。

 おっと、四コマ漫画では重野なおき「信長の忍び」3に大羽快「殿といっしょ」5と、楽しみな作品が同月に刊行です。

 また、復刊・文庫化の方では、先月に引き続き森田信吾作品が復活。戦国忍者ものの名作「影風魔ハヤセ」が登場です。この調子で「慈恩 幕末秘剣」と「御庭番明楽伊織」もぜひ…(と思っていたら「慈恩」は九月発売が決定!)
 その他、これで本宮ひろ志「真田十勇士」4で完結、そして続編も早くでないかな、の高田裕三「九十九眠るしずめ」が文庫化です。


 最後に武侠ものは、小説では文庫化が完結の「天龍八部」8、漫画は白井三二朗の「射ちょう英雄伝EAGLET」4、そして最後に映像で「笑傲江湖」のデジタル・リマスター版DVD-BOXの登場と、金庸先生三連発。
 それにしても他の作家の武侠ものも出ませんかねえ…




|

« 「一鬼夜行」 おかしな二人の絆が語るもの | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第07話「危うしヤマブキ! 謎の大グモ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49024450

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「一鬼夜行」 おかしな二人の絆が語るもの | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第07話「危うしヤマブキ! 謎の大グモ」 »