« 「天下一!!」第2巻 異なるもの、変わらないもの | トップページ | 「平安ぱいれーつ 東国神起」 史実通りに、しかし… »

2010.08.20

「戦国落城秘話 青柳の糸」 大坂落城が浮かび上がらせるもの

歴女の存在が喧伝されるようになる前から、女性向け漫画――というより少女漫画――の世界では、歴史漫画の伝統が元々存在しておりました。
 本書「戦国落城秘話 青柳の糸」も、その伝統の先に存在する、歴史漫画の佳品であります。

 本書の副題にある「落城」とは、大坂城落城のこと。本書に収録された「青柳の糸」「桐の葉」「水底」「水鳥」「霧の籬」は、いずれも大坂の陣に命を賭けた武将を中心に、その想いを描いた作品であります。

 たとえば、表題作の「青柳の糸」は、木村重成を主人公にした物語。
 大坂夏の陣で壮絶な最期を遂げた重成の首実検の際に、彼が髪に香を炊き込めていたことで家康を感心させた、というのは有名な挿話でしょう。
 本作では、その香りと、重成の妻・青柳との出会いを絡めて描かれることになります。出会いの時から悪印象を抱いていた二人が、いつの間にか惹かれて――というのは古典的なロマンスですが、その結末をこちらが知っているだけに、そこには何ともいえぬ感傷が伴います。

 一方、その重成に殺されかかったことのある片桐且元を主役とした「桐の葉」は、卑怯者扱いの多い且元の内面を、彼が若き日から仕えた茶々との結びつきから描いた好編。
 二度の落城による辛酸を嘗めた茶々が、秀吉に求めた平和への希望――
 それを受け継ぎ、実現するために奔走した想いが次々と裏切られながらも、それでも最後までその想いを貫いた且元の不器用な姿が印象に残ります。


 そして個人的に最も気に入ったのは、毛利勝永を描いた「水底」であります。
 関ヶ原で敗れ、山内家に預けられた若き日の勝永。そこで一豊の甥で後の二代藩主・忠義に兄のように慕われ、忠義の侍女・浜乃を妻とした勝永は、土佐で穏やかな暮らしを送るのですが…

 史実では、後に土佐を脱出し大坂の陣で幸村と並ぶ活躍を見せた勝永ですが、山内家では厚く遇された彼が――豊臣恩顧であっても家康についた大名が多い中で――なぜ、敢えて大坂に入ったか?
 史実に残るエピソードに現れる勝永の人柄を尊重しつつも、本作ならではの、勝永と浜乃、そして忠義のそれぞれの想いの交錯を通じて描いていく様が、実に読ませるのです。
(勝永の元に何度も届けられる、離縁した前妻の手紙に見えたものが実は…という小道具の使い方がうまい!)

 一方、本書で描かれるのは豊臣方のみではありません。その勝長に夏の陣で討たれた本多忠朝を描いたのが「霧の籬」。
 あの本多忠勝の剛勇を継ぎ、家康に愛された忠朝が、己の信念と、家康の政治手法との間で苦しみ、結果として死に向かった様を、忠朝が大坂の陣の時期に酒に溺れていたという挿話を生かしつつ描いた佳品であります。

 もう一編、本書には天保年間を舞台とした「水鳥」が収録されています。
 詳しくは触れませんが、大坂の陣で天保…? と思っていたところに、結末で思わぬ意外な繋がりが浮かび上がって驚かされる番外編であります。


 以上五編、派手さや奇想といったものとは無縁ですが、丹念に描かれた好編揃い。
 まだまだ少女漫画の方面には疎い私ですが、本書のような作品に出会うと、こちらもきちんと追いかけておかねば…と襟を正す思いになったことです。

「戦国落城秘話 青柳の糸」(河村恵利 秋田書店プリンセスコミックス) Amazon

|

« 「天下一!!」第2巻 異なるもの、変わらないもの | トップページ | 「平安ぱいれーつ 東国神起」 史実通りに、しかし… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49157133

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国落城秘話 青柳の糸」 大坂落城が浮かび上がらせるもの:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010.08.20 05:07

« 「天下一!!」第2巻 異なるもの、変わらないもの | トップページ | 「平安ぱいれーつ 東国神起」 史実通りに、しかし… »