« 十月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 放映リスト&キャラクター紹介 »

2010.09.26

「仮面の忍者赤影」アニメ版 第14話「怒りの大魔神像・やまぶき死す!!」

 大本山に突入した赤影たちの前に現れ、赤影に一騎打ちを挑む霞丸。やまぶきが割って入った一瞬の間に、赤影の刃が霞丸の笛を斬り、霞丸は負けを認めて去る。そして白影たちと合流した赤影の眼前で、幻妖斎が操る金目像が立ち上がり、進撃を開始する。苦戦しながらも、落石に巻き込んで金目像を谷底に落とし破壊に成功する赤影。しかし幻妖斎の短筒から赤影をかばったやまぶきは命を落とし、幻妖斎もいずこかに姿を消すのだった。

 ついに金目教編も最終決戦。前回、大本山に向かった赤影一行、そして堺奉行所の侍・高岡は、大ワシを突破して(ちなみに前回のクレジットで「ワシ使い」だったキャラの名は、「鷲丸」だったことが今回判明。どっちにしろわかりやすいネーミング…)先に進みますが、そこに中ボス的忍者たちが立ち塞がります。

 赤影たちの前に登場したのは、アルマジロみたいな鎧を背負った三人の忍者。よくTVゲームとかに登場するような、身体を丸めて突進してくるキャラですが、手裏剣も弾く鎧は、雑魚ながらなかなかの強敵。
 ここで赤影が突然周囲の木の葉を落とし始めたので、もしかして…と思ったら、繰り出した忍法はやっぱり(?)「木の葉火輪」! いやそれは別の人の忍法じゃ…というツッコミはさておき、炎に巻かれて熱い熱いと鎧を脱いだところを攻撃されてお陀仏であります。

 お次に登場したのは…宿敵・霞丸! 幻妖斎の野望に興味はないが、赤影との決着はつけたい――と、一対一の決闘を挑みます。
 早速、霞流胡蝶剣を繰り出す霞丸に対し、目を閉じることでその攻撃に応じようとした赤影ですが、そこに割って入ったのはやまぶき。

 よけいなことを! と言いたくもなりますが、まあ今回は半ば無理矢理連れてこられたことですし、このくらいの娘心はアリとしましょう。
 もっとも、それに気持ちが乱れた霞丸はお気の毒。一瞬の交錯の末に、帯に差した笛を斬られたことをもって負けを認め、一人姿を消すのでした。

 一方、先行した高岡が洞窟の地底湖まで来たところで現れたのは、謎の半魚人っぽい忍者。ド派手に噴出する竜の形の水柱に乗って登場であります。
 戦闘力は意外に高そうですが、普通の侍の高岡さんにはこの相手は酷というものか、水中に引きずり込まれてしまいますが…調子に乗って首を締めていた半魚人忍者、そこにやってきた白影に、倒されるシーンもなく倒されるのでした。

 そんなこんなでついに金目教の大聖堂ともいうべき大洞窟にたどり着いた赤影たちですが、そこではまさに金目教の総進撃が始まろうとしていたところであります
 幻妖斎が乗り込んだ金目像から出る怪光線を浴びた信者たちは、件のゾンビ状態に。
 そして、石像のような殻が崩れ落ちた下から現れたのは、黄金の金目像! 体型といい、面構えといい、実に横山チックなビジュアルであります。

 その前に颯爽と参上した赤影! 白影! 青影! いよいよ決戦です!
 …が、進撃を始め信者たちと金目像に慌てるあたり、あんまり先のことは考えてなかったみたいです。

 それにしてもどういう動力かはさっぱりですが、とにかくすごい機巧仕掛けで動く金目像はまさに無敵。
 赤影たちの攻撃全てを弾いて、洞窟の外に飛び出します。

 が、ここで実に都合良くオーバーハングした岩を見つけた赤影、自分を囮にしている隙に青影に岩を爆破!
 さしもの金目像も、頭上からそれをくらってはたまりません。赤影を追って崖っぷちにいたことも災いして、谷底に落下、大破するのでありました。

 金目像が破壊された結果か、操られていた人々も正気に戻り、まずはめでたし――と思いきや、生きていた幻妖斎は短筒で赤影を狙撃。それに気づいたやまぶきは、赤影を庇ってその銃弾を受けて谷底へ…

 怒りに燃える赤影たち三人を向こうに回しても全く動じない幻妖斎が九字を切ると、念動力か地底湖の水が激流、周囲の全てを押し流し、幻妖斎も姿を消してしまうのでした。

 そして谷底に倒れたやまぶきのもとに駆け寄った邪鬼。かろうじて意識を取り戻したやまぶきは彼を見て「霞丸様…」って、むごいな、と思ったら本当に邪鬼の背後に立っていた霞丸。
 やまぶきは、慕っていた霞丸の腕の中で息を引き取るのでした。

 やまぶきを抱いて去る霞丸と、毒づきまくる邪鬼――雰囲気ぶち壊しまくる邪鬼ですが、彼の悲しみもよくわかります。
 忍びに生まれたばかりに数奇な運命に翻弄され、命を落としたやまぶき…

 しかし悲しむ間もなく、戦いは続きます。次回より新章・幻魔城編に突入であります。

関連記事
 「仮面の忍者赤影」アニメ版 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 十月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 放映リスト&キャラクター紹介 »

コメント

やまぶき役の土井美加さんは後半でも別の役で出演します・・・まあ一人が何役も演じるのは当時の東映系アニメでは十八番ですが(笑)。

投稿: ジャラル | 2010.09.28 20:45

ジャラル様:
いや本当にこの作品も声優さんの一人複数役がすごい…特に塩沢さん山寺さんは、モブの声も結構当ててらっしゃるので、伏線なんだかそうじゃないんだか混乱します(伏線だった試しはないですが)

この次の回から登場の魔童子も柳生宗厳と同じ声で最初は混乱しました…

投稿: 三田主水 | 2010.10.01 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49572517

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第14話「怒りの大魔神像・やまぶき死す!!」:

« 十月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 放映リスト&キャラクター紹介 »