« 「ころころろ」(その二) もう取り戻せない想いを追いかけて | トップページ | 「西郷盗撮 剣豪写真師志村悠之介 明治秘帳」 写真の中の叫びと希望 »

2010.10.05

「仮面の忍者赤影」アニメ版 第15話「幻魔城からの使者・魔童子」

 平家の末裔・平賀一族が何者かに次々と襲撃を受け、久々に故郷に帰っていた青影は、頭領から事件探索の命を受ける。平賀一族の里に向かった青影は、一族のおてんば姫・繭姫に囚われてしまう。そこに一族の持つ平清盛の財宝の在処を記した紅秘帖を狙い、魔童子が襲いかかる。駆けつけた赤影により魔童子は撃退されたが、秘帖は二つに裂け、魔童子と赤影それぞれの手に渡る。赤影たちと繭姫は、秘帖を追うことを決意するのだった。

 アニメ版赤影も第二部「幻魔城編」に突入。その冒頭を飾るのは、謎の幻魔三人衆の一人・魔童子による平賀一族の村の襲撃であります。

 魔童子と言いつつもその姿は鉄仮面に巨大な甲冑をまとった騎士といったところ。ご丁寧に馬にまで鎧を着せた完全武装の怪人であります。
(でもそれ以上にスゴいインパクトなのは、バズーカ砲を乱射する配下の下忍)

 この襲撃事件の探索に乗り出したのは青影。
 本作は青影こと小太郎が、じっちゃんこと影一族の頭領の命で旅立つ場面から始まりましたが、今回も同様に、頭領の命で青影は再び旅立つことになります。
(そして思い出したように猿たちとだいじょーぶのポーズをとってみせる青影)

 が、ここで思わぬシーン。川で水浴びしようとした青影の前には、一糸まとわぬ姿で水浴びする少女の姿が…
 この少女こそは平賀一族の姫・繭姫、こんな行動を取っているくらいですから当然(?)じゃじゃ馬娘であります。

 さて、度重なる襲撃で気が立っている村人と繭姫に囚われてしまった青影。変なところで黙秘権を行使してややこしいことになってしまった青影ですが、そこに魔童子一味の襲撃が!

 実は魔童子の狙いは一族が守る紅秘帖――平清盛の隠し財宝の在処を示した巻物。
 繭姫を襲い、その命と引き替えに秘帖を要求する魔童子に、もちろん立ち向かう青影。
 しかし、けた外れのパワーの前に、青影たちが窮地に陥った時…「飛騨の忍者、赤影参上!」

 空から白影も参戦、下忍たちを蹴散らしていく赤影たちですが、魔童子はやはり強敵。
 妖刀・雷の太刀(どうみても西洋刀)に雷を集め斬りかかる魔童子のパワーは赤影の太刀をも砕き、その戦いの間に秘帖も魔童子側に奪われてしまいます。

 …が、そこで黙っている赤影ではありません。すんでのところで投じた手裏剣は秘帖を切り裂き――おお、これは秘宝争奪戦の超定番「二つに分かれて敵味方の手に収まる巻物」ではありませんか。
 いやはや、実に由緒正しき時代伝奇展開、こうでなくては!

 ここで平賀一族の援軍がきたことで魔童子は一端退却、赤影たちは秘帖の奪還を誓うのでした。
 そして、秘帖を、財宝を守ることを一族の使命としてきた繭姫も、赤影たちに同行を申し出るのでした。

 一方、魔童子が向かった先は、いずことも知れぬ地にある奇怪な西洋風の城。
 これこそは異国の天才科学者・ペドロ(って大泉滉!?)の手になる幻魔城、そしてその玉座に座るのは、幻妖斎その人であります。

 そう、ここに赤影と幻妖斎の戦いの、新たな幕が開くのでありました!


 というわけで始まった第二部。西洋風の騎士に西洋風の城とくると「まぼろし城」を彷彿とさせられますが、上に述べた秘帖真っ二つを含めて、時代錯誤…いやいや古き良き時代伝奇ものの再来という印象で、これからの展開が大いに楽しみになってしまうのです。


関連記事
 「仮面の忍者赤影」アニメ版 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 「ころころろ」(その二) もう取り戻せない想いを追いかけて | トップページ | 「西郷盗撮 剣豪写真師志村悠之介 明治秘帳」 写真の中の叫びと希望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49642535

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第15話「幻魔城からの使者・魔童子」:

« 「ころころろ」(その二) もう取り戻せない想いを追いかけて | トップページ | 「西郷盗撮 剣豪写真師志村悠之介 明治秘帳」 写真の中の叫びと希望 »