« 「軒猿」第5巻 ひとまずの別れの時 | トップページ | 「女子読み「水滸伝」」 男子マニアも納得の水滸伝本! »

2010.10.29

「佐和山物語 桜色の時はめぐり」 そして二人同じ時間を

 鳥居元忠の孫娘・あこと、井伊直継の時を越えた純愛を描く「佐和山物語」の最終巻が刊行されました。
 時を渡って佐和山に現れたあこを巡る物語は前の巻で完結し、本書は短編集ということでしたので、軽い番外編を予想してきましたが…いやいや、それは考え違いでした。

 確かに本書には、これまで雑誌等で発表されてきた主人公二人以外に光りを当てた短編も収録されていますが、しかし本書の中心となるのは、あとは婚礼のみと思われた主人公カップルを襲った一大波乱を描く中編であります。

 この中編「空蝉の君」のあらすじを、角川書店のサイト等で見てみると――

 戦国の世が終わり間もない時代。時を超えた恋を成就させた大名家の姫あこと、許婚の井伊直継。平和が訪れたのもつかの間、あこは自分のひと言が原因で、実家に戻されてしまう。さらに、幼なじみの小一郎の許嫁にされてしまい!?

 と、いかにも少女小説的なノリで書かれていますが、実際の作品は相当に重い。
 それというのも、あこのひと言というのが、これから豊臣家を攻めようと圧力を強める徳川家康への指弾の言葉だったこと――
 彼女が、時代の流れによるものとはいえ、豊臣方と縁ある者であったことが、彼女の孤独な生い立ちと繋がり、彼女の人格形成に影響を与えてきたことは、これまでのシリーズで繰り返し描かれてきましたが、それがここに来て爆発するとは…

 さらに悪いことに、その当時、井伊家はお家騒動の真っ最中(ちなみにその背後で糸を引いていたのが今回出番少な目の三成・吉継の亡霊コンビ)。
 それに不信感を抱いたあこの父によりあこは実家に連れ帰られ、婚約解消。しかも新しい嫁入り先として定められたのは、幼なじみであり、密かに彼女を慕ってきた小一郎で…

 と、ここに来てシリーズ最大の危機が! いやもう時渡りとか三成の亡霊とか(いや、上記の通りきっかけは作っているのですが)関係なしに、あまりにも現実的な…しかしそれだけに深刻な危機であります。
 武家の面子などというものまで絡んできますし…

 ここでグッとクローズアップされるのは、小一郎の存在。幼なじみとしてあこを見守り、密かに愛してきながらも、しかし今は鳥居家の家老として、お家のために彼女の嫁入りを喜ばなくてはならない――
 そんな悲恋が一転、あこが自分のもとにやってくることになったら…喜びと困惑と、その他様々な想いが入り交じった彼の切ない心は、本書の見所の一つであります。


 しかし――言いにくいことながら、今回も構成・内容に難あり、という印象が強くあります。
 それはこのエピソードの重要な背景であるあこの発言、そして井伊家のお家騒動双方の描写が、読み飛ばしたかと思うくらいサラッとしか触れられていないことが最大の理由であります。

 特にあこの発言――徳川家の、豊臣家からの政権簒奪の指弾――は、これまでの物語でほとんど触れられていなかったと感じられるものだけに、違和感が強くあります。

 もちろんこの辺りを題材として物語を構築していこうという試みは、時代ものとしてまことに正しい目線であり、また作者の律儀さも強く感じさせられるものですが…


 が、そんな印象の一方で、今回もまた私は、本作を、本シリーズの完結編として美しいと感じてしまうのです。
 これまで文字通り違う時間を生きてきた二人が、これから先、同じ時間を歩んでいく…
 それも、単に様々な困難を乗り越えただけでなく、それに伴う痛みや哀しみ――本作の小一郎の想いはその最たるものでしょう――の存在を知り、受け入れた上で。

 単なる甘々の恋愛ものではなく、生きていく上でやむなく背負ってしまうもの――しかもその時代背景に立脚したもの――から逃げることなく向き合った上で成立する物語を、私は大いに是と評価したいと思います。


 作者の次回作については全くわかりませんが、なろうことなら時代ものを書いていただきたい、本シリーズで垣間見せてくれたものをさらに先鋭化させたものを見たい…
 想定読者層から大きく外れた人間が言うのもなんですが、これが今の正直な気持ちであります。

「佐和山物語 桜色の時はめぐり」(九月文 角川ビーンズ文庫) Amazon
佐和山物語  桜色の時はめぐり (角川ビーンズ文庫)


関連記事
 「佐和山物語 あやかし屋敷で婚礼を」 因縁の地に挑むカップル
 「佐和山物語 あやしの文と恋嵐」 彼女の因縁、心の傷
 「佐和山物語 結びの水と誓いの儀式」 想う心が呼ぶ悲劇
 「佐和山物語 君と別れのくちづけを」 希望に繋がる別れという道
 「佐和山物語 時の花嫁とはじまりの歌」 美しき時渡りの結末

|

« 「軒猿」第5巻 ひとまずの別れの時 | トップページ | 「女子読み「水滸伝」」 男子マニアも納得の水滸伝本! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49838716

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐和山物語 桜色の時はめぐり」 そして二人同じ時間を:

« 「軒猿」第5巻 ひとまずの別れの時 | トップページ | 「女子読み「水滸伝」」 男子マニアも納得の水滸伝本! »