« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」(漫画版)第3巻 ヒヲウたち自身の物語を | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第16話「闇におどるガイコツのワナ!!」 »

2010.10.12

「お髷番承り候 潜謀の影」 主従の孤独な戦い始まる

 兄に疎まれて他家に婿養子に出された深室賢治郎は、四代将軍家綱から、髷番として召し出される。孤立無援の家綱は、賢治郎を自らの直属の配下として、ある密命を下す。それは、慶安の変の謹慎が解けて帰藩する紀州大納言徳川頼宣の、「我らも源氏でございます」という言葉の真意を探ることだった。

 昨年以来、まさに波に乗った感のある上田秀人先生が、また一つ、新たなシリーズを開始しました。
 それが本作「お髷番承り候 潜謀の影」――将軍の髷を結うお髷番に抜擢された青年が、徳川将軍家に潜む闇に迫る伝奇色の強い時代小説であります。

 江戸城中にあって厳重にその身を守られた将軍に対して、唯一刃物を当てることが許される存在…それがお髷番。
 要するに、髷を結うために毎朝将軍の月代を剃るという、ただそれだけのお役目ではありますが、しかし、医者すら直接触れられぬ将軍の体に、しかも刃物でもって触れることができるのというのは、貴重極まりない存在と言っても良いかも知れません。

 さて、そのお髷番に抜擢された主人公・賢治郎は、元々幼い頃から徳川家綱に仕え、寵愛された青年。
 しかしながらそれを疎んだ腹違いの兄に追い出されるように他家に婿養子に出され、燻っていたところを、家綱直々の命で召し出されることになります。

 その家綱の狙いは、ほとんど唯一と言って良い信頼できる相手である賢治郎を自分直属の配下として動かすこと――
 慶安の変に関係した疑いで参勤交代を許されず、江戸に留め置かれていた徳川頼宣が、人払いをしてまで家綱に語った謎の言葉「我らも源氏でございます」の意味を探るよう、家綱は賢治郎に命を下します。

 その中で賢治郎が出会うのは、頼宣をはじめとして、徳川将軍家の周囲にあって権を誇る者たち。
 そして彼の探索を阻むため、家綱の手足を奪うため、お髷番の地位を奪うため――唯一将軍に刃を当てられる=将軍暗殺の可能性があるお髷番という設定がここでも活きてきます――賢治郎は文字通りの真剣勝負を強いられることとなります。

 そしてその探索行の果てに賢治郎と家綱が知った、徳川将軍家を揺るがす秘密とは…
 いやはや、最後の最後まで油断できない作品であります。


 正直なところ、突然密命を背負わされる青年、権力者たちの暗闘、刺客との死闘と人を斬る意味の問いかけ、そして徳川将軍家にまつわる伝奇的大秘事といった本作を構成する要素は、上田作品の多くに共通するものであります。
 その意味では、上田作品ファンにとってはある意味お馴染みの内容にも見えるのですが、しかしもちろん、本作がワンパターンとはほど遠いことは言うまでもありません。

 まだまだ本シリーズは始まったばかりですが、しかしこの時点で目を引くのは、賢治郎とその主である家綱が、共に他に寄る辺のない、孤独の中にあることでしょう。
 己が己であるためには、たとえどれほど苦しくとも、己の今あるところに居続けるしかない…そんな逃げ場のない主従の孤独な戦いが、本作の、本シリーズの注目すべき点ではないかと感じます。

 もっとも、孤独と感じているのは賢治郎の思い込みもあるのかもしれませんが…
 最近、上田作品のヒロインは魅力的な女性が多いのですが、本作のヒロイン、賢治郎の婿入り先の娘(すなわち未来の妻)のキャラクターもまた、厳しさと幼さの中に、武家の女性としての優しさが感じられて良いのです。

 こちらの方の進展も含めて、またまた先が楽しみなシリーズの誕生であります。

「お髷番承り候 潜謀の影」(上田秀人 徳間文庫) Amazon
お髷番承り候 一潜謀の影 (徳間文庫)

|

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」(漫画版)第3巻 ヒヲウたち自身の物語を | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第16話「闇におどるガイコツのワナ!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49717685

この記事へのトラックバック一覧です: 「お髷番承り候 潜謀の影」 主従の孤独な戦い始まる:

« 「機巧奇傳ヒヲウ戦記」(漫画版)第3巻 ヒヲウたち自身の物語を | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第16話「闇におどるガイコツのワナ!!」 »