« 「ころころろ」(その一) 若だんなの光を追いかけて | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第15話「幻魔城からの使者・魔童子」 »

2010.10.04

「ころころろ」(その二) もう取り戻せない想いを追いかけて

 さて、昨日の続き、「ころころろ」収録の作品の紹介であります。

 仁吉が思わぬお荷物の前に振り回される「ころころろ」に対して、佐助を主役とする「けじあり」の方は全く趣向の異なる作品です。
 気がつけば小間物屋の主人に収まっていた佐助。妻と仲睦まじく暮らし、店も順調、しかし気に掛かるのは、幾度となく自分の目の前に現れる「けじあり」と書かれた紙――

 はたして「けじあり」の意味とは、妻が異様に恐れる鬼の正体は、見る度ごとに大きさを変える店は現のものなのか、そして何より佐助はなんのためにここにいるのか…?

 佐助を主人公としたエピソードとしては、「ねこのばば」収録の「産土」という好編がありますが、こちらもそれに勝るとも劣らない、謎と不条理さに満ちた物語。
 佐助というお馴染みのキャラクターがいるのに、しかし彼のいる場所は我々の知るものとは全く異なるという、何とも言えぬ居心地の悪さが、佐助の感じているであろうそれとシンクロして伝わってくる本作、その謎を乗り越えた先にある真実の哀しさも印象的で、個人的には本書の中で最も好きな作品です。

 そして最後に収められた「物語の続き」は、一連の事件の発端となった生目神と、若だんなや妖怪たちがついに対面することになります。
 若だんなの目の光りを取り戻すために、神様の出す「物語の続き」を答える羽目になった一同ですが、いつの間にか問題は思わぬ方向に…
 人間・妖・神というメンバーで繰り広げられる実にまとまりのない議論が楽しくも、その果ての結論はほろ苦い、いかにも「しゃばけ」らしい一編です。


 さて、駆け足で見てきた本書ですが、実はほとんどの作品で共通して描かれるものがあります。
 それは、過ぎ去ってもう帰らない者への想い…すれ違い、通り過ぎ、遠く離れてしまった、それでも忘れられない、そんな想いが、本書では様々に描かれます。

 本書を締めくくる「物語の続き」では、神の定義が語られます。それは人間と神とが如何に異なるかを示すものでしたが、しかし、人も神も、相手を想うという点ではなんら変わらないことが、本作では語られます。

 そしてそれはもちろん、妖にとっても同じこと。
 人も妖も神も、それぞれ異なる点は多くとも、その一点では共通であり――そしてそうであれば、互いにわかりあうことができる。 それは必ずしも幸せな結果に繋がるものばかりではありませんが、しかし素晴らしいことではないでしょうか。


 もっとも本書の場合、必ずしも全ての作品でそれが貫かれているとはいえず、その辺りも含めて、連作として成立させるのにかなり苦労したのではないかな、という印象も正直なところあるのですが…。

「ころころろ」(畠中恵 新潮社) Amazon
ころころろ


関連記事
 しゃばけ
 「ぬしさまへ」 妖の在りようと人の在りようの狭間で
 「みぃつけた」 愉しく、心和む一冊
 「ねこのばば」 間口が広くて奥も深い、理想的世界
 「おまけのこ」 しゃばけというジャンル
 「うそうそ」 いつまでも訪ね求める道程
 「ちんぷんかん」 生々流転、変化の兆し
 「いっちばん」 変わらぬ世界と変わりゆく世界の間で
 「しゃばけ読本」 シリーズそのまま、楽しい一冊

|

« 「ころころろ」(その一) 若だんなの光を追いかけて | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第15話「幻魔城からの使者・魔童子」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49642497

この記事へのトラックバック一覧です: 「ころころろ」(その二) もう取り戻せない想いを追いかけて:

« 「ころころろ」(その一) 若だんなの光を追いかけて | トップページ | 「仮面の忍者赤影」アニメ版 第15話「幻魔城からの使者・魔童子」 »