« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「おたから蜜姫」 正史へのカウンターとしての竹取物語 »

2010.11.01

「快傑ライオン丸」 第01話「魔王の使者オロチ」

 時は戦国、大魔王ゴースンが日本侵略を開始したことと己の死期を悟った果心居士は、自分が育てた獅子丸・沙織・小助の三人に後事を託す。そこに襲いかかるゴースンの配下・オロチ。オロチの刃に居士は倒れ、悲しむ間もなく獅子丸たちも襲われる。攫われた沙織を追った獅子丸はオロチに追い詰められるが、忍法獅子変化に開眼。ライオン丸に変身してオロチを倒すのだった。

 不定期に続けてきました特撮ヒーロー時代劇紹介、これからしばらくはピープロの名作「快傑ライオン丸」を紹介していきたいと思います。

 時は戦国――果心居士に育てられた青年・獅子丸が忍法獅子変化で獅子面の正義の剣士ライオン丸に変身し、大魔王ゴースンの野望を阻むために戦う一大ヒーロー活劇であります。

 さて、今回久しぶりに第1話を見直してみたのですが…いやもう、第1話のお手本のような内容。
 強大な敵の侵略が始まり、その攻撃により突然戦いに放り込まれる主人公。そして主人公が敵の力の前に危機に陥った時、ヒーローとしての力を解放し、敵を倒す…

 ご覧の通り、(特撮)ヒーローものの第1話の定番パターンであります。
 もっとも本作の場合、僻地で育てられた主人公が故あって外の世界に旅立って様々な経験をする「山出しもの」(命名:私)の要素もあるのかもしれません。

 それはさておき、良くも悪くも定番過ぎて語るのが難しい今回。
 シンプルな構成だけにツッコミどころも、小助の笛で呼び出される天馬ヒカリ丸の翼の付き方とか、獅子丸が忍法獅子変化にあっさり開眼してしまうのがつまらない、くらいしかないのですが…
(しかしヒカリ丸初登場シーン、オロチとの戦いで谷から転げ落ち、意識を失っていた獅子丸が意識を取り戻すと、その瞳に天馬の姿が映って…という演出が素敵なのです)

 むしろ今回見直してみて感心したのは、敵方であるゴースン側の描写でしょうか。
 ゴースンの本拠内、洞窟のようなところにずらっと並んだ魔道士然とした「地獄の使者たち」(ゴースン談)。
 彼らに指令を下すのが、壁から突き出た巨大な唇というのも、インパクト十分でよろしい。

 そして今回の怪人・オロチも、黒雲に変化して空を飛んだり、一度倒されても脱皮して襲いかかってきたりと、(元)人なのか魔なのかわからない存在感も、これはこれでなかなか面白いと思うのです。


 何はともあれ、獅子丸たちの打倒ゴースンの旅は始まりました。これから約一年間、マイペースで獅子丸の、ライオン丸の戦いを紹介していきましょう。

 ちなみに今回、前半で果心居士を暗殺しようとしたドクロ忍者が織田家の使者に化け、今川家と対立していることを語るのでとりあえずその辺りの時代なのでしょうね。


<今回のゴースン怪人>
オロチ

 ゴースンに果心居士、さらに獅子丸たち三人の殺害を命じられた怪人。黒雲に変化して空を飛び、また土中を自在に動く。ブーメランのように飛ぶ両側に刃の付いた巨大な鎌を武器とし、それで居士の命を奪った。口から火を吐くこともできる。一度倒されても首だけ抜け出して空を飛び回り、さらにより蛇らしい外見の第二形態に変身する。
 変身前の獅子丸を苦しめるが、ライオン丸には全く敵わず、両形態とも一太刀で敗れ去った。

「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「おたから蜜姫」 正史へのカウンターとしての竹取物語 »

コメント

いつかはやって下さると信じておりました「快傑ライオン丸」の紹介、これから楽しみにしております。主演の獅子丸役の潮哲也さんは、最近では時代劇のベテランですが、この頃は新人で(小助役の梅地徳彦さん含めて)レギュラーで一番キャリアが無く、沙織役の九条亜希子さんに色々教えて頂いている間に、御結婚なされたそうです♡

投稿: ジャラル | 2010.11.02 17:50

ジャラル様:
いつかはやろうと思っていましたが、とうとう始めました。

潮哲也さんは、凛々しくて格好良いですねえ…いかにも若武者然とした佇まいが素敵です

そして九条亜希子さんは(こう言ってはなんですが)垢抜けないところが沙織のイメージにあっていてこちらも素敵だと思います。
早速最初の回から敵に捕まっていましたが…

何はともあれ、これから僕も楽しみつつ紹介していきたいと思います

投稿: 三田主水 | 2010.11.02 23:43

正直言って「変身忍者嵐」の方が燃えますね。ライオン丸の怪人って、嵐の化身忍者や妖怪に比べると突っ込みどころが余り見付からないし。
作品の内容は確かにシンプルで、子供には理屈抜きで楽しめますよね。
でも、獅子丸、忍者には見えないな。どう見ても「剣豪」のイメージですよね。
後に、錠之介なんか「お侍さま!」って村人から呼ばれているし。

投稿: 特撮コメンテーター | 2010.11.10 21:42

特撮コメンテーター様:
わはは、突っ込みどころ! 色々な意味でそうかもしれません。

まあ獅子丸も錠之介も、忍法を使う侍ということで良いのではないかと思います(この時代は忍者も地侍も未分化だったわけで…と無理矢理解釈)

投稿: 三田主水 | 2010.11.14 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/49900951

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第01話「魔王の使者オロチ」:

« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「おたから蜜姫」 正史へのカウンターとしての竹取物語 »