« 「柳生無頼剣 鬼神の太刀」第1巻 見参、岡村十兵衛 | トップページ | 「鬼かげろう 孤剣街道」 孤独の蜉蝣、血煙旅 »

2010.12.12

「快傑ライオン丸」 第07話「呪われた金山 ギンザメ」

 黒山金山を襲ったギンザメは、近くの村の人々を攫い、働かせていた。それを知った獅子丸は金山に潜入、村人を解放するが、自分は捕らわれてしまう。沙織はギンザメが村人を再び攫いにくることを予期し、村人たちとともに罠を仕掛けて迎え撃つが、力及ばず捕らわれてしまう。その間に脱出した獅子丸はライオン丸に変身、ギンザメと激しい騎乗での戦いの末、ギンザメを倒し、金山を解放するのだった。

 「快傑ライオン丸」、第7話はとある金山を舞台としての戦い。
 悪の組織が秘密基地を作り、周囲の人々を攫って強制労働させて…という(同時期の「変身忍者嵐」には異常に多かった)パターンの応用編であります。

 黒山金山を襲撃し、これを乗っ取ったギンザメは、金塊の力で日本を戦乱に巻き込むという、意外と遠大な野望の持ち主。
 このギンザメ、どう見てもサメに見えない顔のデザインなのですが、しかし甲冑をまとい、長槍を手に黒馬――頭に角とドクロの飾りが付いているのが結構可笑しい――に乗った姿は、なかなかの風格であります。
 ちなみにギンザメの配下は、緑装束のドクロ仮面。これまで、わくらんば、フラワンダーと植物怪人の配下だったのに…

 さて、平和なはずの村にやってきた獅子丸たちが見たのは、源太少年がドクロ忍者に連れて行かれる姿。
 その母親から、ドクロ忍者に村の男たちが連行されたと聞いた獅子丸は、金山に潜入することを決意します。

 ほっかむり姿(これがまた白土三平のイケメンキャラ的佇まいで格好良いのです)となり、太刀を隠して金山に潜入する獅子丸ですが…これが後で災いすることに。

 源太と連絡を取り、ドクロ忍者を眠り薬で昏倒させて村人たちを逃がす獅子丸ですが、あと一歩というところで気付かれ、太刀を持っていなかったことからろくに戦うこともできず捕らわれることになってしまいます。
 というわけで、今回は獅子丸が緊縛&吊されることになってしまいました。

 と、村で待っていた沙織と小助は、帰ってきた源太の知らせで獅子丸の危機を知るのですが、ここで見事なのは沙織の振るまい。
 ギンザメが再び村を襲撃することを予想した沙織は、獅子丸を助けるよりも先に、村人を率いてギンザメを迎え撃つことを選びます。
 両側を山に挟まれた道で待ち伏せして、火を付けた藁を乗せた大八車を落として前後を塞ぎ、そこに上から岩を転がし降らす…なかなかに見事な軍師ぶりではありませんか。

 が、普通の人間ならともかく、相手は怪人。倒したかどうか確認しに近づいたところを、ほとんど無傷だったギンザメに村人ともども沙織は捕らわれてしまうのでした。

 一方、小助は獅子丸救出に向かうのですが、小助がやってきたことを知った獅子丸は、ドクロ忍者の注意を惹きつけ、相手が不用意に投じた槍を使って縄を切り、自由の身に。
 ドクロ忍者をばったばったとなぎ倒し、さらにはライオン丸に変身して、沙織や村人救出に向かいます。
 …この間、小助は獅子丸に合図を送ったのと、ヒカリ丸を呼んだだけ。

 そして金山に戻ってきたギンザメの前に現れたライオン丸。お互い、騎乗のまま激しい一騎打ちを繰り広げます。
 ここで忍法「雷剣」と叫んだライオン丸、赤く変じた太刀で一刀のもとに鎧を貫きます。
(どこが雷剣なのか、どんな効果があるのかさっぱり映像からはわからないのですが、おそらく太刀を強化したのでしょう)

 しかしここで鎧と兜を脱ぎ捨てるギンザメ! あのサメっぽくない頭は兜だったのか…と思いきや、下から出てきた頭もサメっぽくないのでした。

 それはさておき、なおも続く馬上の戦い、ここでライオン丸は馬の脇腹に身を隠し、すれ違いざまにギンザメに太刀を突き刺し、そのまま上昇!
 そのまま地面に叩き付けるという荒っぽいフィニッシュで勝利するのでした。


 今回は単なるお荷物ではない沙織の頭の冴えや、馬上での激しい戦いもあり、またやぐらのみのセットで金山らしく見せかけるという工夫など、面白い部分もあったのですが、肝心のアクションや演出が今ひとつ…勿体ない回でした。


今回の怪人
ギンザメ

 兜と甲冑に身を包み、ドリルのように回転する穂がついた槍を手にした怪人。
 黒山金山を占領し、金塊の力で日本に戦乱を起こそうとしたが、ライオン丸に阻まれ、激しい騎上での戦いの末敗れ去る。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 「柳生無頼剣 鬼神の太刀」第1巻 見参、岡村十兵衛 | トップページ | 「鬼かげろう 孤剣街道」 孤独の蜉蝣、血煙旅 »

コメント

今回は、沙織の才色兼ねた一面を、確かに感じました。殺陣もよかった。ただ
ガンバっても村人以外、獅子丸小助がいない。ドクロ忍者だけならよかったが、敵に
ギンザメがいる....事で、捕われるのは時間の問題だなあ...と思いました(笑)
ところで、はっとしたのは獅子丸の潮哲也さんのアクションシーン。
変身できないため、ほぼ素手で、ドクロ忍者たちとのアクションが魅せる。
圧巻は、自らガケを一気に駆け下りるシーン。今なら吹き替えなどでごまかしそう。
次回は、いよいよ初の敵幹部の登場。またまた三人を苦難が待ち受けます。

投稿: エージェント・スイス | 2010.12.12 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/50275665

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第07話「呪われた金山 ギンザメ」:

« 「柳生無頼剣 鬼神の太刀」第1巻 見参、岡村十兵衛 | トップページ | 「鬼かげろう 孤剣街道」 孤独の蜉蝣、血煙旅 »