« 文庫版「柳生大戦争」 十兵衛封印 | トップページ | 「黒衣忍び人」 敵は柳生十兵衛!? »

2010.12.19

「快傑ライオン丸」 第08話「分身魔王デボノバと怪人イワゲバ」

 ゴースンは自らの分身・デボノバを生み出し、ライオン丸抹殺を命じる。デボノバはイワゲバに命じ、とある村に娘を差し出すよう脅迫させる。生け贄役を買って出た沙織に襲いかかるデボノバを前に獅子丸が変身しようとした時、イワゲバの銃が獅子丸を撃つ。攫われた沙織を追う獅子丸だが、傷が元で変身できない。しかし果心居士の幻影に叱咤された獅子丸は痛みをこらえて変身。イワゲバを倒し、間一髪で沙織を救うのだった。

 冒頭、今まで現場の怪人に好きにさせていたのがいけないと思ったのか、口から分身魔王デボノバを生み出すゴースン。
(そういえば怪人たちは「デボー」「ノバー」と鳴いていましたが…これなに?)

 仮面をかぶっているような生身の顔のような、今であればスタンドっぽい不思議なデザインのデボノバ、さっそくそこらで好き勝手に人を襲っていたイワゲバと配下を屈服させ、命令を下します。
(この時、デボノバがドクロ忍者に襲われるのがおかしい。まあ生まれたばかりだから知らないんでしょうけども)

 それは、獅子丸たちが厄介になっていた村に、娘を一人生贄に差し出せと矢文を打ち込ませること。
 あっさり言うことを聞いた村長がくじ引きで選ぼうとする中、生贄役を買って出たのはもちろん沙織なのですが…もう捕まるフラグが立ちまくっています。

 長持に入れられ指定の場所に向かう沙織さんを襲撃するデボノバとドクロ忍者。沙織を攫って(やっぱり…)逃げるデボノバを、獅子丸が変身して追おうとしたとき…その背後に隠れていたイワゲバの短銃が火を噴く!

 辛うじてその時は変身できたものの、肩に弾丸を受けたライオン丸は精彩を欠き、岩を転がり落とす岩つぶて(その1)に苦しみ、その場から逃れます。

 ちなみにこの短銃、デボノバに与えられたものですが、怪人が自分の能力ではなく短銃で襲ってくるというのが妙なリアリティ…と言うべきでしょうか。

 さて、弾丸は小助が取り去ってくれたものの(本当に立派な子や…)、獅子丸は肩を撃たれたため腕が動かせず、獅子変化のポーズが取れないという大ピンチ。
 沙織は、牢に入れられ、なんかいやらしい感じでイワゲバにいたぶられ…そうになったのはデボノバに止められますが、(またもや)処刑執行を宣言されます。

 そんな沙織を捜す獅子丸ですが、ドクロ忍者に襲われて変身しようにも腕が動かせず、珍しくも「お師匠さまーっ」と泣き言が出てしまいますが、そこに律儀に登場するお師匠・果心居士の幻影。
 冷静に考えれば魂がヒカリ丸に宿っているからアリなんですが、それはさておき、お師匠様は獅子丸を叱咤激励、獅子丸もあっさりと立ち直ります。

 そして、痛みをこらえつつ、片手変身を見せる獅子丸が、先ほどの泣き言が嘘のように格好いいのです。
 主題歌をバックにヒカリ丸で肉薄するライオン丸を狙撃せんとするデボノバですが、ライオン丸はさっとヒカリ丸の馬腹に隠れてこれを躱し、いよいよイワゲバと一騎打ち!

 しかし、イワゲバもドクロ忍者を岩に変え、そこに手槍を突き刺し、そこから弾丸のように岩の欠片を撃ち出すイワゲバ忍法岩つぶて(その2)で反撃。
 意外と身が軽いイワゲバとライオン丸が戦うその背後から再び短銃を放つデボノバですが、しかし弾丸はイワゲバに誤爆!

 イワゲバはなおもイワゲバ忍法岩石で岩に変じ、太刀を吹き飛ばしますが、しかし組み合いの末、再び太刀を手にしたライオン丸に目を抉られ、岩に戻って(?)大爆発!

 処刑台に縛り付けられ(ほとんど首輪みたいな緊縛のされ方がマズい)、頭上から吊り天井式に竹槍を落とされかかった沙織も間一髪で救われたのでした。

 そしてデボノバは、ライオン剣法の極意を確かに見せてもらったとなにげに凄い言葉を残して姿を消すのでした。

 幹部怪人の登場回でしたが、むしろどう見ても脳筋なイワゲバの言動が印象に残ってしまった今回。
 中間管理職は大変だな…とヘンなところで感心しつつ、やっぱり怪人が短銃というのはどうなのかな、と思ってしまうのでした(いやこの後出てくるガンマン連中はいいんですけどね)


今回のゴースン怪人
イワゲバ

 岩のような硬い体を持つ鬼のような姿の怪人。手槍状の得物を持ち、イワゲバ忍法「岩つぶて」「岩石」といった岩を操る。
 好き勝手に暴れていたところをデボノバの指揮下に入り、短銃でライオン丸を負傷させたが、一騎打ちで目を突かれて敗れた。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 文庫版「柳生大戦争」 十兵衛封印 | トップページ | 「黒衣忍び人」 敵は柳生十兵衛!? »

コメント

分身魔王デボノバの初登場回。しかし主水さんの書かれた通り、コイツの最初の作戦
は1、沙織を気絶させ、捕らえる2、変身途中の獅子丸を狙撃するといった狡猾な物。特にいきなり沙織を狙うあたりが、何とも....ただこの2つの作戦は獅子丸ら
三人組の弱点をうまくつかんでいます。この話を見た限りでは、沙織を捕らえる
事など簡単だし...(笑)とにかく最悪に近い受難の回の沙織。
気絶させられ、処刑台にのせられ、最後には小助にまで冷やかされ
最後にまた出たデボノバにビビリ、獅子丸の後ろに隠れるようなしぐさも?
......ただ生け贄になりかけた娘を見かね「私が行きましょう」と勇ましく
身代わりを買ってでた姿は美しく、かっこよかった。
しかしその後のデボノバは、むしろ無策、無能ぶりが目立つような....

投稿: エージェント・スイス | 2010.12.19 23:27

渋い役柄で有名な清川元夢さんも若い日はこんな役を演じていたんですね~。

投稿: ジャラル | 2010.12.21 22:23

ジャラル様:
後年は温厚なキャラのイメージが強かったので、今見るとちょっと驚きますねえ…

投稿: 三田主水 | 2010.12.31 22:15

エージェント・スイス様:
いやー沙織さん頑張ってるんですけどね(と毎回書いているような気がします)
デボノバは見かけによらず(?)頭脳派…というか姑息なのが面白いですね。
いきなり中間管理職的なわびしさを感じさせられますが…イワゲバが脳筋すぎて

投稿: 三田主水 | 2010.12.31 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/50345935

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第08話「分身魔王デボノバと怪人イワゲバ」:

« 文庫版「柳生大戦争」 十兵衛封印 | トップページ | 「黒衣忍び人」 敵は柳生十兵衛!? »