« 「元禄百妖箱」 善玉なき忠臣蔵世界 | トップページ | 「もろこし紅游録」(その一) 銀牌、歴史を撃つ »

2010.12.26

「快傑ライオン丸」 第09話「死を呼ぶ吸血怪人ゾンビー」

 人々を襲う吸血怪人ゾンビーを追う獅子丸たち。村娘を殺し、その死体を奪ったゾンビーを追った獅子丸たちは、迷い込んだ廃屋でゾンビーとミイラ忍者たちに襲われる。異次元に誘い込まれ、不死身のゾンビーに苦戦するライオン丸だが、ライオン飛行斬りで勝利。殺された娘たちも息を吹き返すのだった。

 これまで基本的に和風の怪人が登場してきた「快傑ライオン丸」ですが、今回の怪人はゾンビー。
 以前、ゾンビ時代小説特集をこのブログでやり、ゾンビが登場する時代小説はほとんど押さえてきたつもりですが、映像作品で時代劇にゾンビが登場したのは、これが嚆矢ではないでしょうか。

 そのゾンビー、コスチューム的には顔だけマスクで体は赤い忍者服というシンプルなものですが、それが逆に妙な現実感を漂わせるユニークなデザイン(変身すると青黒い水死体チックな気持ち悪さなのもよろしい)。
 配下も普段のドクロ忍者ではなく、茶色の顔をしたミイラ忍者と、なかなか雰囲気が出ています。
 作中では獅子丸たちから「吸血怪人」と呼ばれるだけあって、次々と人々を襲い、血を吸って殺すゾンビー。その犠牲者の死体を持ち去るのは、配下のミイラ忍者を増やすためでしょうか?

 さて、お話的には、ひたすらゾンビーの追撃戦という印象の今回。
 ゾンビーを追ってきた獅子丸たち三人が、夜、雷鳴の中でゾンビーたちと切り結ぶ場面から始まります。

 形勢不利とみて逃げ出し、次に旅人や村娘を襲って殺すゾンビー。
 ゾンビーを追いかけてきて娘の死体を見つけた獅子丸たちは彼女を弔おうとするのですが、ここで村人たちが、村に葬るとゾンビーが死体を取りに来るだろうから許すわけにはいかない、とうち捨てておこうとするのが、妙に土俗的で良いのです。

 その不安は的中し、死体を奪って逃げるゾンビーを追って行った獅子丸は、敵の本拠と思しい荒れ果てた屋敷に踏み込むのですが…この辺りから展開・演出が微妙な感じに。

 このゾンビー、斬られても突かれても死なない不死身の体の持ち主ですが、実は二つの弱点があります。
 その一つは銀の簪。偶然、殺された娘が持っていた(…そんな娘をよく襲ったな)のを沙織が拾って持ってくるので、これが逆転の鍵となるのかと思いきや、老婆に化けたデボノバに奪われてしまいます(これはこれで面白い展開)

 しかしもう一つは「本当の勇気」というのがよくわからない。
 しかも、この二つの弱点、ナレーションで語られるのみというのがひどい。
 結局劇中で獅子丸たちがこの弱点を知ることはなく、何となくゾンビーを倒してしまうのには悪い意味で驚かされます。…まあ、獅子丸は「本当の勇気」を持っていてもおかしくないですが。

 その他、変身した獅子丸に小柄を投げつけたらあっさり受け止められた上に投げ返され、すごすご逃げ帰ったらデボノバに一喝されていやいや戻るというゾンビーというのも雰囲気台無し(ゾンビーが戻ってきた時に主題歌が流れ出す呼吸はもうコメディかと)
 ラストの戦いは、異次元(らしい)真っ暗な空間の中でライオン丸とゾンビーの斬り合いとなるのですが、ここでかかるスローモーションのエフェクトにまたイライラ…

 上述の通り、普通にライオン丸がゾンビーを倒してしまうのも含めて、雰囲気は良かったのに演出が台無しにしてしまうという、非常に勿体ない回でした。


 そして最後のサプライズ、EDクレジットで老婆と旅人とゾンビー(のスーアク)のキャストにぼかしが!
 一体何事かと驚いたのですが、これはこの回のみED映像が残っていなかったため、他の回の素材を用いて作ったためとのこと。
 今回だけ出演の役者だったか、あるいは役者名が不明だったか…いずれにしても珍しいケースですね。


今回のゴースン怪人
ゾンビー

 ザンバラ髪に赤い忍者服の怪人。両脇に刃のついた剣と、口から吐き出し自在に飛び回る火の玉を武器とする。目からの光線で相手の体の自由を奪い、血を吸って殺す。全身青黒い姿の第二形態に変身することも可能。
 銀の簪と本当の勇気が弱点で、それ以外の攻撃は効かないが、あまり関係なくライオン飛行斬りに倒された。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 「元禄百妖箱」 善玉なき忠臣蔵世界 | トップページ | 「もろこし紅游録」(その一) 銀牌、歴史を撃つ »

コメント

主水さん、明けましておめでとうございます。ゾンビーは何か、見かけ倒しみたいな
ヤツでしたね。せっかく?ゾンビの怪人ですから、もう少しホラー的な演出も
欲しかったような。ただ最初から獅子丸ら3人とも、アクション、殺陣とも見せ場は
あつたんですが。どうしても気になる我らの沙織姉ちゃん(笑)。吸血鬼ゾンビの
怪人とあって、またまた狙われるのかと、思いきや...なぜか怪人の弱点のかんざしを手に入れ、怪人から獅子丸、小助を助けるまさかの活躍。大ピンチの回のあとは
必ず活躍する沙織。頼もしいです。

投稿: エージェント・スイス | 2011.01.02 21:46

エージェント・スイス様:
いやはや、本当にシチュエーションは面白かったのに色々と残念な回でした。ゾンビーの二段変身も謎でしたね(変身後は水死体みたいでやな感じでしたが…)

沙織さんもいつの間にかかんざしを回収していたのは良いのですが、それをデボノバに取られちゃったのは残念でした。

投稿: 三田主水 | 2011.01.04 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/50404436

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第09話「死を呼ぶ吸血怪人ゾンビー」:

« 「元禄百妖箱」 善玉なき忠臣蔵世界 | トップページ | 「もろこし紅游録」(その一) 銀牌、歴史を撃つ »