« 「月の蛇 水滸伝異聞」第5巻 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第89回「天兵」 »

2011.05.20

「遠き祈り 左近 浪華の事件帳」

 大坂で人形芝居の一座が惨殺され、子供一人が生き残った。密かに調査に当たっていた大坂の闇の守護者・在天別流の一員で男装の美剣士・左近は、その最中に破落戸に追われる娘を助ける。二つの事件に関係があることを知った左近だが、事件はさらに意外な方向に広がり、彼女の身にも危難が…

 新旧二作の「在天別流」登場作品が発売された在天ウィーク、その新の方が、この「遠き祈り 左近 浪華の事件帳」です。

 シリーズタイトルに示された左近とは、あの左近殿――そう、NHKの土曜時代劇「浪花の華 緒方洪庵事件帳」で栗山千明様が演じたヒロイン・東儀左近。
 難波宮の昔から大坂を護ってきた武装集団「在天別流」の長・弓月王の妹にして、男装の美剣士であります。

 先日紹介した「浪華の翔風」でチョイ役として登場した彼女がクローズアップされるのは、上に挙げたドラマの原作「緒方洪庵 浪華の事件帳」シリーズにおいてですが、本作はその二年前の左近を描いた物語。
 同シリーズでは、大坂の姿に戸惑う緒方章(洪庵)を導くかのような立場にあった彼女ですが、本作では未熟ながらも大坂の町を、そこに暮らす人々を守るために奔走する彼女の姿が描かれます。

 何者かに仲間を惨殺され、ただ一人生き残って弓月王に保護された人形芝居一座の少年。その背後に尋常ならざるものを感じた左近は、勇躍事件の調査に当たるのですが――その途中で盗人の疑いを受けて追われていた奉公人の娘を助けてしまいます。

 二つの厄介事を抱え込んだ左近ですが、その二つが――いや、そのほかにも大坂を騒がすある事件は水面下で次々と繋がっていき、意外な有名人まで顔を出す大事に。
 左近は、事件の背後に蠢く一団、さらには町奉行所を敵に回し、思わぬ苦闘を強いられることとなります。


 大坂を舞台とした時代ミステリを得意とする作者ですが、本作でももちろんその持ち味は健在。
 一見、全く関係のないようなささいな事件・出来事が、捜査が進むにつれて全く異なる側面を見せ、意外な真相を浮かび上がらせる…しかもそこには、一種伝奇的とも言える視点の展開もあるのが実に面白く、伝奇色の強い時代ミステリとして、私のような人間にはたまらない作品となっています。

 そしてもちろん、キャラクターものとしても、本作は実に楽しい作品となっています。
 「緒方洪庵…」では、上に述べたような作中での立ち位置から、どこか超然としたキャラクターとして、なかなかその内面を見せなかった左近ですが、その二年前である本作では、まだまだ在天別流では新参の未熟者。

 複雑な出生から、江戸で日陰者として育てられてきた彼女が、何故大坂で、在天別流の一員となったのか…
 そして何よりも、彼女が何を想い、何のために戦うのか、等身大の――しかしちょっとズレたところがまたよろしい――少女としての左近の姿が描かれるのが、何とも嬉しいのです。

 そしてシリーズ読者、築山ファンにはたまらない目配りも随所になされています。
 左近の兄・弓月王に、弓月も一目置く謎の飯屋・赤穂屋、左近の相棒兼お目付役の若狭といったお馴染みの面々(さらに、何とも懐かしいあの人物まで…)が生き生きと活躍する姿には、旧友に出会ったような嬉しさを感じますが、それだけではありません。

 かつて鴻池の初代が在天別流に助けられたらしい…という件にはニヤリとさせられますし、左近の若狭に対するあの台詞が今回もきっちり登場するも嬉しい。

 何よりも、作中の左近による蘭学者評は、もうニヤニヤするほかなく――こんなことを言ってるお兄ちゃん子の左近(ちなみに妹に対する弓月のツンデレぶりも楽しい)が、二年後にはあんなになるんだねぇと、実に微笑ましい気分になってしまうのです。


 独立した作品としてはもちろんのこと、在天別流もの(?)としても実に楽しい本作。帯には「新シリーズ」と銘打たれておりましたが、これは今後の展開を期待しても良いのでしょうか。
 久しぶりに再会できた左近殿と仲間たちの活躍を、これからも楽しませていただきたいものです。


「遠き祈り 左近 浪華の事件帳」(築山桂 双葉文庫) Amazon
遠き祈り-左近 浪華の事件帳 (双葉文庫)


関連記事
 「浪華の翔風」
 「禁書売り 緒方洪庵 浪華の事件帳」 浮かび上がる大坂の現実
 「北前船始末 緒方洪庵 浪華の事件帳」 二人の距離、大坂との距離
 「浪華疾風伝あかね 壱 天下人の血」 浪華を駆ける少女の青春
 「浪華疾風伝あかね 弐 夢のあと」 少女が選んだ名前

|

« 「月の蛇 水滸伝異聞」第5巻 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第89回「天兵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/51709223

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠き祈り 左近 浪華の事件帳」:

« 「月の蛇 水滸伝異聞」第5巻 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第89回「天兵」 »