« 「猛き黄金の国 柳生宗矩」第3巻 | トップページ | 「快傑ライオン丸」 第31話「怨みの魔剣 オロチジュニア」 »

2011.05.31

「おばちゃんくノ一小笑組」

 剣の達人として西国で活躍しながら、女絡みで大失態を犯した公儀隠密・百地勇馬は、大坂でおばちゃんくノ一ことが率いる隠密集団・公伝方、通称「小笑組」に配属となる。幕府転覆を狙った暗躍する無法集団・背徳組を向こうに回し、あらゆる手段で徳川の人気上昇のため暗躍する小笑組の中で、勇馬は…

 多田容子というと、柳生新陰流を題材とした時代小説をメインとして、極めて真面目な作品が多い作家、というイメージがあるのですが、文庫書き下ろしで発表された本作は、まずタイトルの段階で、かなりの異色作に見えます。

 おばちゃんくノ一――「おばちゃん」と「くノ一」という、およそ結びつきがたい(あくまでもイメージ的に、ですが)二つの要素から成るこの異名を持つのは、幕府の隠密・御公儀公伝方を率いるくノ一・小笑。
 表の顔は、大坂の遊女屋で遣り手婆見習いの年齢不詳の美女、裏の顔は、「口」で、すなわち情報戦で活躍する凄腕のくノ一という、一種の怪人物であります。

 この小笑が活躍する背景となるのは、江戸時代初期の大坂という特殊な環境があります。
 伝統的に豊臣びいきの大坂という土地にあって、その豊臣家を滅ぼして天下を取った徳川家の人気は最低。
 折しも、背徳組なる徳川の権威を貶め、幕府転覆を図る無法集団が暗躍する中、徳川の人気上昇は、天下太平にも繋がる…というわけで、そこに情報戦――今流に言ってしまえば徳川のステルスマーケティング――専門の小笑組の出番、ということになるわけです。

 情報戦が忍者の得意分野の一つであることは言うまでもありませんが、それはむしろ攪乱といった側面が強い印象があります。そんな中に、統治のため、太平のための情報戦に着眼した本作は、なかなかにユニークな存在であります。


 さて、その一方で、本作の主人公となるのは、この小笑組に新たに配属された青年・勇馬であります。
 忍びの名門・百地家に生まれ、剣を取っては柳生新陰流でも屈指の剣士。その腕を買われ、未だ血なまぐさい暗闘の続く西国で活躍しながらも、忍びとしての、人間としての未熟からその任を外され、小笑組行きとなった勇馬の成長が、本作では描かれていきます。

 それまで彼が身を置いていたのは、剣の技が、戦闘能力が全てを決していた世界。しかし小笑組での任務は、搦め手から攻め、時には卑怯な手も使わざるを得ないものであり、その中で、勇馬は忍びとして、剣士として、人間としての自分自身を見つめ直すことになるのです。

 特に、背徳組の頭目で凄腕の豊臣浪人・猿川弥介との対決は、良くも悪くも忍びらしからぬ勇馬の心に、大きな影響を与えるのですが――
 その辺りのドラマ展開は、なるほど、タイトルは異色でも、やはり本作も多田作品だわいと感じた次第です。


 しかしながら、全体を通してみると、小笑側のドラマと、勇馬側のドラマの噛み合わせが、今一つ…という印象が否めません。

 勇馬が小笑のやり方に違和感を持つように、両者のドラマに違和感が生じるのはある程度狙い通りなのかもしれません。
 また、直接的に命のやりとりをすることしか知らない男たちを、小笑に代表される女たちが包み込むという物語構造も、大いに頷けます。

 にもかかわらずすっきりしないものが残るのは、やはりタイトルから期待するユーモラスな内容と、いささか離れた題材にあるのかな、と感じたところです。
 着眼点は面白いだけに、その点は残念に感じたところであります。

「おばちゃんくノ一小笑組」(多田容子 PHP文芸文庫) Amazon
おばちゃんくノ一小笑組(こえみぐみ) (PHP文芸文庫)

|

« 「猛き黄金の国 柳生宗矩」第3巻 | トップページ | 「快傑ライオン丸」 第31話「怨みの魔剣 オロチジュニア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/51804018

この記事へのトラックバック一覧です: 「おばちゃんくノ一小笑組」:

« 「猛き黄金の国 柳生宗矩」第3巻 | トップページ | 「快傑ライオン丸」 第31話「怨みの魔剣 オロチジュニア」 »