« 「秀吉の暗号 太閤の復活祭」第2巻 死闘、利休争奪戦! | トップページ | 「信長の忍び」第4巻 まさかまさかのシリアス展開!? »

2011.07.06

「快傑ライオン丸」 第36話「折れた槍 怪人ハチガラガ」

 果心覚書に記された木猿を探して甲斐にやって来た獅子丸たちは、三人の子供と出会い、父親の名が小猿だと知る。小猿=木猿と考えた獅子丸だが、小猿はハチガラガの襲撃を受け、毒に倒れていた。獅子丸たちの看病により一命を取り留めた小猿だが、ハチガラガは再び彼を襲撃。獅子丸はライオン丸となってハチガラガを倒し、小猿が、木猿の弟子であると聞かされる。その頃、錠之介は、特訓の末、魔剣隼斬りを会得していた…

 アバンタイトルで登場するのは、今回の刺客・ハチガラガ。不運な旅の武芸者を襲ったハチガラガが、その長槍で相手の腕を傷つけると…腕は見る見るうちに溶けてしまいます(昔の特撮ものによくありましたね)。
 その槍には、ゴースンに与えられた印度渡来の猛毒が…

 さて、果心覚書に記された名前も残り二人。今回は、甲斐で生まれたという木猿なる男を捜してやって来た獅子丸たちは、ふとしたことから錠之介のことを思い出すのですが…

 その錠之介は、ゴースンの下で再修行中。ゴースンに与えられた隼を斬って落とそうとする錠之介ですが、さしもの彼にしてもそれは容易ではありません。
 そこに現れたハチガラガは錠之介を挑発、一触即発になるのですが――ここでゴースンのお呼びで水入り。
 しかしハチガラガはゴースンの前でも、俺の方が上と猛アピール。火のついた蝋燭を斬ったり、槍で突いたりとズバットチックな対決を繰り広げますが、結局ハチガラガは刺客として旅立ち、錠之介は再び特訓に戻されることになります。

 さて、忍者の隠れ里がある山に来た獅子丸たちですが、怒り心頭のお百姓さんに襲撃されてしまいます。すわ、敵に操られているのかと思えば、畑の芋を盗んだ疑いって…
 さすがに百姓に刃を向けるわけにもいかずに逃げた獅子丸たちは、真犯人である三人の子供に出会い、彼らの小屋に行くこととなります(そして盗んだ芋を一緒に食う)。

 彼らの父親が小猿という凄腕の忍者だと知った獅子丸。が、丁度その頃、小猿はハチガラガの襲撃を受けていました。
 ハチガラガと正面から渡り合う小猿ですが、あの槍でかすり傷を…! 倒れる小猿ですが、偶然沙織が通りかかります。

 沙織の献身的な看病と、獅子丸の作った毒消しで毒の効果は消え、小猿は命を取り留めた、って印度渡りの猛毒の立場は…

 それはさておき、すっかり仲良くなって獅子丸・小助と遊ぶ子供たちを笑顔で見つめる小猿。実は子供たちは、実の子ではなく、戦場で拾った孤児たちであると知った沙織は、自分たちも同じ身の上と語るのですが――

 同じ境遇というのに心を許したか、小猿が重い口を開こうとした時、再度襲撃してきたのはハチガラガ。それを知って駆けつけたライオン丸に対し、ハチガラガは背中の羽で空を自在に飛んで襲いかかります。

 単なるジャンプではなく、飛行する敵にライオン丸危うし…と思いきや、ライオン丸は普通にジャンプで迎撃、厄介な槍もはじき飛ばしてしまいます。
 そしてさらにライオン飛行斬り(飛行返しではなく)でハチガラガに致命傷を与え、飛んで逃げようとするハチガラガをフィニッシュムーブで空中爆破――いやはや、飛んだ一杯食わせものでした。

 さて、ついに真実を語る小猿。実は彼は木猿の弟子であり、木猿は自分の腕を戦いに利用しようとする武将たちに嫌気がさし、姿を隠してしまったと。獅子丸たちを信頼した小猿は、黒森山で額に傷のある男を捜せと教えるのでした。

 そしてその頃、見事に隼を斬った錠之介は魔剣隼斬りに開眼していたのでした…


 この数回、果心覚書に名を記された者たちが毎回一人ずつ登場してきましたが、今回はちょっとひねって本人は登場しないという展開。木猿=小猿というミスディレクションは、なかなかにうまいものだと思います。
 しかし、展開の方は、獅子丸が子供たちと遊ぶシーンが妙に長かったり、ハチガラガのへっぽこぶりと、今ひとつ…谷間の回という印象でしょうか。錠之介の再起など、イベント的に面白い部分もあるのですが――


今回のゴースン怪人
ハチガラガ

 長槍と西洋剣を操り、空中を自在に飛ぶ蜂の怪人。槍には印度渡来の猛毒を塗っており、傷を受けたものはやがて溶けてしまう。錠之介に強烈なライバル意識を持つ。
 ゴースンの命で木猿と獅子丸の命を狙い、一度は毒で小猿を倒すが、ライオン飛行斬りに深傷を負い、空中で爆破された。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「秀吉の暗号 太閤の復活祭」第2巻 死闘、利休争奪戦! | トップページ | 「信長の忍び」第4巻 まさかまさかのシリアス展開!? »

コメント

うーん、個人的にはタイガージョーが、久々にでてくれたのがよかったです。できればハチガラガともう少し、やりあってほしかったな。沙織ファンにとっては小猿を看病したり、彼をかばってハチガラガと戦う沙織さんの活躍が、うれしい話です。前半ならすぐ捕まってしまうところだけど、小猿のがんばりもあり見事獅子丸
がくるまで、持ちこたえました。子猿が、この番組の殺陣担当の渡辺さんなのも、イイですな。


投稿: エージェント・スイス | 2011.07.11 18:03

エージェント・スイス様:
ハチガラガといい次回といい、他のゴースン怪人と仲が悪いですね、タイガージョー。もっとも、我の強い連中ばかりのゴースン怪人、タイガージョー以外とも仲が悪そうですが…(笑)
今回は沙織さん頑張りましたね。しかし次回のインパクトがありすぎて…

投稿: 三田主水 | 2011.07.18 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/52114469

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第36話「折れた槍 怪人ハチガラガ」:

« 「秀吉の暗号 太閤の復活祭」第2巻 死闘、利休争奪戦! | トップページ | 「信長の忍び」第4巻 まさかまさかのシリアス展開!? »