« 「ICHI」第6巻 そして命の重みを | トップページ | 「中年宮本武蔵」 迷惑武蔵、大暴走 »

2011.07.27

「快傑ライオン丸」 第39回「怪人キチク 悪の念佛」

 ゴースンの兄・東雲斎に会うために甲斐にやって来た獅子丸一行は、キチクに襲われていた村娘を助ける。娘を沙織と小助に任せ、一人城下へ急ぐ獅子丸の前に現れる錠之介。変身して激しく戦う二人だが、ドクロ仮面の砲撃からライオン丸を庇い、タイガージョーは負傷してしまう。錠之介を気遣う獅子丸だが、キチクが沙織たちを襲い、獅子丸は駆けつけてキチクを倒す。しかし戻った時には、錠之介は既に姿を消していたのだった。

 果心覚書編も終了し、ついに判明したゴースンの正体。その弱点を探るため、甲斐国は鷹取城にいるというゴースンの兄・東雲斎を尋ねてやってきた獅子丸一行ですが、今回はある意味小休止、しかしある意味非常に大事なエピソードであります。

 自分を間抜けにも獅子丸と間違えて襲いかかったドクロ忍者たちを無残に倒していく怪人キチク。
 ドクロ忍者たちはその存在を知らなかったキチクは、ゴースンに逆らって島流しに遭い、十年ぶりに日本に帰ってきたとのことであります(相変わらず妙なところで個性的なゴースン怪人…)。

 偶然出会った錠之介に興味を覚えつつも、しかし食欲を優先したキチクは、美しい村娘・やえを襲撃(演じる山田圭子は、またの名を丘野かおり、特撮でいえばウルトラマンレオのヒロインの百子さん)。
 やえを追い回して相当裾を乱して走らせた上、倒れた彼女の胸元を開いて血を吸おうとするキチクに対し、そこに駆けつけた獅子丸が挑み、刀も爆弾も通じないキチクに苦戦しつつも、何とかやえを救い出すことに成功します。

 さて、やえを沙織と小助に任せて一人先を急ぐ獅子丸の前に現れたのは錠之介。さっそく勝負をつけようとする錠之介に対し、前回命を救われたこともあり、情が移りつつあった獅子丸は足を洗えと諭すのですが、もちろん錠之介が聞くわけがありません。
 変身しての一騎打ちが繰り広げられる中、タイガージョーはライオン丸がジャンプした時を狙い、対空中に動きが止まった一瞬を斬る魔剣隼斬りを炸裂させようとするのですが…

 しかしその時、ドクロ忍者たちがボウガンでライオン丸を撃つ! さらに、変な二本角兜をつけたドクロ仮面が大砲まで持ち出してきます。
 勝手な助太刀に激怒するタイガージョーは、ついにライオン丸を庇ってしまうのですが、そんな彼を巻き添えにして大砲を放とうとするドクロ仮面…

 ライオン丸は、命を無駄にするなと諭し、タイガージョーは卑怯者にはなりたくないと答え…おお、もう完全に相棒の呼吸です。
 それはともかく、錠之介は砲撃を受けて谷底へ転落、土遁の術で避けた獅子丸はドクロ仮面を手裏剣で倒し、錠之介を背負って城下に向かうのでありました。

 もちろん反抗する錠之介ですが、お構いなしに歩く獅子丸。
 しかし、再び沙織とやえがキチクに襲われたことから、ここを動くなと言い置いて獅子丸は沙織たちの元へ向かうのでした。(それを見送る錠之介の表情が何ともいえず…)

 欲張りにもやえと沙織の二人を襲ったキチクに対し、ライオン丸は軽々と分身を蹴散らしたものの、やはり硬い体の前に苦戦。
 しかしライオンたてがみ吹雪で数珠を飛ばされ、隙が出来たキチクにライオン二段返しが炸裂!
 果たして数珠が弱点だったのか、キチクはバラバラになった数珠を手に、念仏を唱えて爆死するのでした。

 そして沙織たちを置いて錠之介のもとに急ぎ戻る獅子丸…しかし(当然)錠之介の姿はなく、獅子丸は東雲斎のことそっちのけで、錠之介の身を案じるのでありました。


 と、獅子丸と錠之介の関係を描く上では非常に重要なのですが、何だかキチクの存在が浮いてしまった今回。
 キチクは獅子丸のことを知らなかったのですが、一体ゴースンは何を考えてこいつを呼び出したのか、それは謎のまま…やはりちょっと浮いたエピソードではあります。


今回のゴースン怪人
キチク

 ゴースンに逆らって十年間島流しになっていた怪人。山伏のような衣装で、先が二つに分かれた矛と数珠を持ち、念仏を唱える。体は刀や矢を弾き返すほど硬い。忍法キチク分身で、自分と同じ顔の分身を何体も呼び出し、操る。好物は若い娘の生き血。
 ゴースンに解放され、久々に生き血を吸おうとしたところを獅子丸に阻まれ、ライオン二段返しに倒される。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「ICHI」第6巻 そして命の重みを | トップページ | 「中年宮本武蔵」 迷惑武蔵、大暴走 »

コメント

「若い娘の血がほしい」というキチクのセリフ。ああ、今回は沙織がターゲットにされるなと思ってたら、やえこと丘野かおりまで、毒牙にかけようとする憎いヤツ。
しかし後半の沙織は、今回敵に捕まったのは、久々でした。そして錠之介。何かいいヤツになってきて、かっこいいですな。
最初のキクチとの小競り合いもいい。キチク「やるな。名前は」錠之介「タイガージョー。」あえて変身前のこの名乗りもしびれました。

投稿: エージェント・スイス | 2011.07.30 21:20

いやもう両手に花でとんでもない奴ですキチク。しかし丘野さん美人でしたね…
そしてなりゆきとはいえ、だんだん沙織小助をフォローするポジションになっていく錠之介の姿も見逃せませんね。

しかしゴースン怪人って基本的にえらくマイペースですね…自分のポリシーに忠実すぎるというか。結構周囲は大変です

投稿: 三田主水 | 2011.08.03 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/52298618

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第39回「怪人キチク 悪の念佛」:

« 「ICHI」第6巻 そして命の重みを | トップページ | 「中年宮本武蔵」 迷惑武蔵、大暴走 »