« 「信長の暗号」下巻 | トップページ | 「神幻暗夜行」(その一) »

2011.08.17

「快傑ライオン丸」 第42話「殺しの流れ者 キルゴッド」

 獅子丸の命を狙ってやってきた賞金稼ぎキルゴッド。だが獅子丸がゴースンに倒されたと聞かされたキルゴッドは、ドクロ仮面2号に雇われ、錠之介を狙う。しかしキルゴッドは生きていた獅子丸と対面、決闘を申し込む。獅子丸が怪我で変身不能としった錠之介は獅子丸を気絶させ、代わりに決闘に臨む。しかし怪我から回復した獅子丸がそこに駆けつけ、キルゴッドと対決、撃破するのだった。

 ゴースンの正体を巡るエピソードも終わり、気がつけば残すところあと1クール。
 不幸な事故による戸野広浩司の急逝により、今回から福島資剛が虎錠之介を演じることになります。

 今回登場するのはライフルと拳銃を携えた賞金稼ぎ怪人キルゴッド。これまでも銃を使う敵は何人もいましたが、ここまで完全な無国籍スタイルは初めてで、「風雲ライオン丸」的な空気を漂わせた奴であります。
 アバンで錠之介と出くわし、すわ対決かと思いきや「お前と争っても一銭の特にもならない」というプロ意識も良い感じです。

 さて、このキルゴッド、獅子丸の首にかけられた賞金目当てにやって来たのですが前回のラストで大魔王ゴースンに挑み、再び完敗した獅子丸は、何と死亡扱い。
 と、途端にヒマになってしまった彼の前に現れたドクロ仮面2号は、裏切り者タイガージョーの抹殺を依頼します。
 以前タイガージョーがドクロ仮面(初代)の砲撃からライオン丸を庇ったことを根に持ってでもいるのか、自腹を切っての依頼という根性にはちょっと驚かされますが…

 一方、もちろん生きていた獅子丸ですが、左手に怪我して動かせず、ライオン丸に変身できないという状態。ドクロ忍者の追撃にも逃げることしかできません。
 しかし、獅子丸を追うドクロ仮面2号と出くわした錠之介は、自分以外に獅子丸はやらせんとばかりに2号を襲撃。哀れ2号は顔に象牙を刺されるという悲惨な死を遂げるのでした…

 一方キルゴッドの方は、タイガージョーと間違えて追いかけたら獅子丸だった、というややこしい展開。しかしここでゴースン怪人のある意味十八番の正々堂々精神を発揮したキルゴッドは、明日の朝に一対一で立ち会おうと告げて去るのでした。

 ここでキルゴッドの後をつける小助が、発見されて大ピンチになったところをを助けたのは錠之介(気絶した小助を背負って歩く錠之介の口元に笑みが浮かぶのが印象的)。
 そして小助から獅子丸の状態と、キルゴッドとの決闘のことを聞かされた錠之介は、獅子丸に対し、命を粗末にするな、逃げろとツンデレっぽく忠告するのですが…それが聞き入れられないとみるや、いきなり殴りかかり、獅子丸を気絶させて、代わりに自分が決闘に赴くのでありました。

 しかし、そんな錠之介/タイガージョーも、岩から変身したドクロ忍者が周囲を取り囲み翻弄するドクロ忍法岩囲みに苦戦。あわやキルゴッドに狙い撃たれんとしたところに、タイミング良く怪我が治った獅子丸が見参!
 手を振りながら復活をアピールし、笑顔で「そいつは俺の相手だ。交替してもらおうか」と錠之介に呼びかけるのですが、もう二人の仲良しっぷりから目が離せません。

 さて、ザコはタイガージョーに任せ、ヒカリ丸でキルゴッドを追うライオン丸。ライフルを乱射する馬上のキルゴッドを追う、同じく馬上のライオン丸とかなり盛り上がる追撃戦の果て、一対一の決闘に。
 さすがにライフルには苦戦しますが、ライオン丸はマントを使った目くらましでキルゴッドの目を封じ、一刀のもとに倒すのでした。
 一方錠之介の方は、小助に礼を言われたのに対し、どうしても獅子丸と立ち合うと言い張ったお陰で、小助と沙織にヘンな奴・変わった人呼ばわりされる羽目に…いやはや。


 と、獅子丸・錠之介の距離がだんだん近づいていくエピソードではありますが、どちらかと言えば、終盤に向けての小休止的な印象の今回でした。


今回のゴースン怪人
キルゴッド

 黒馬に乗り、ライフル銃と拳銃を武器とする賞金稼ぎ怪人。
 賞金目当てに獅子丸と錠之介を狙うが、ライオン丸が放ったマントの目くらましで視覚を失い、回転撃ちを躱されて倒された。

ドクロ仮面2号
 ドクロ忍者を指揮する幹部格。背中に背負った二本の太刀を武器とする。角付き兜の上につけられた「2」の字が特徴。
 裏切り者タイガージョーの抹殺をキルゴッドに依頼するが、当の錠之介本人と出くわし、象牙を顔に刺されて倒された。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「信長の暗号」下巻 | トップページ | 「神幻暗夜行」(その一) »

コメント

今回から虎錠之介を演じる福島資剛さん。いや、急きょ登板もあったのですが、全体的に演技、特に最初の怪人との会話が硬い!(失礼)ただ潮、九条さんも最初は硬かったし、まあこれからですね。そのキルゴッドですが、何とゴースンの手下でなく賞金かせぎで、生計を立てる一匹狼というのも驚き。あと今回の小助の役割は、沙織さんでやって、錠之介と絡ませてみたかったような。なぜか、獅子丸と小助は大好きな、錠之介...

投稿: エージェント・スイス | 2011.08.21 21:06

エージェント・スイス様:
戸野広さんが見事だったこともあって、さすがに比べると厳しいですが、それは仕方ないですね…
キルゴッドは、本文には書けませんでしたが、勝手にマントル一族からの助っ人だと考えてますよ(笑)
しかし、沙織さんと絡むと獅子丸の影が薄くなりそうというのはわかりますが、本当に獅子丸と小助は好きですね錠之介…

投稿: 三田主水 | 2011.08.28 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/52476292

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第42話「殺しの流れ者 キルゴッド」:

« 「信長の暗号」下巻 | トップページ | 「神幻暗夜行」(その一) »