« 「かぶき姫 天下一の女」第1巻 天下一の意味は | トップページ | 「娘始末 闕所物奉行裏帳合」 ただ人でなく走狗でなく »

2011.09.07

「快傑ライオン丸」 第45話「抜け忍けもの道 怪人ハンザキ」

 錠之介の親友だったハンザキは、獅子丸を倒し、錠之介を取り戻そうとする。しかし錠之介はゴースン打倒の鍵である象牙をハンザキから奪い取ってしまう。ついにハンザキと対峙するも、圧倒されるタイガージョー。そこに駆けつけたライオン丸にハンザキは倒されるが、錠之介はなおもゴースン打倒への執念を燃やすのだった。

 今回登場するのは、ゴースン八人衆の二番手・ハンザキ。冷静に考えると本作では珍しい、人間に変身するゴースン忍法人間変身の遣い手であります。
 アバンタイトルで山賊に追われている母子を助け、子供が自分の顔を見て泣き止まないとみるや、人間に変身してあやしたり、獅子丸と対峙した時に子供が出てきたので戦いを止めて引き下がるなど、なかなか情の厚い怪人なのですが…

 このハンザキ、実は錠之介とは親友の間柄。錠之介とは二人仲良く釣りをしたり、剣の稽古をしたり…あの錠之介が心を開くのですから大したものですが、しかし今のハンザキの使命は、その錠之介の抹殺であります。
 悩むハンザキの怒りの矛先が向いたのは、獅子丸。あいつさえいなければ錠之介は裏切り者にならないで済んだのに…と、何やら嫉妬心すら感じさせます。

 しかし錠之介の方は、そんなハンザキの気持ちを知らず、獅子丸とどちらがゴースンを倒すか競争する始末。
 ドクロ忍者との戦いで、ボウガンで崖際に追い詰められて、下に飛び降りたところで待ち受けるドクロ自爆陣の大爆発に巻き込まれるなど、そりゃハンザキも大変です。

 爆発音を聞いてやってきた獅子丸に、ゴースン忍法ハンザキ変身で怪人に戻ると、錠之介の恨みを受けてみろと、襲いかかるのですが…これは獅子丸にはいい迷惑でしょう。
 さすがゴースン八人衆、ゴースン忍法風ハンザキ、火炎ハンザキに追い詰められるライオン丸は、マントの変わり身を使って脱出、ライオン丸の一刀にハンザキは崖から転落するのでした。

 その頃、不死身の錠之介は、ドクロ忍者の一人が象牙を持っているのを目撃(このシーン、ドクロ忍者の一団から一人遅れた奴が、象牙を掲げて走ってくるという、なかなかシュールな眺め…)、彼らを追って、社の地下に作られた基地に潜入します。
 そこで待っていたのは、同じくらい不死身のハンザキ。俺と一緒に獅子丸を倒そう、ここにある象牙を手にした時が本当に裏切り者になる時だと、錠之介に熱く語りかけるのですが――

 錠之介、ドクロ忍者の群れからハンザキに救われておきながら、ハンザキが目を離した隙に、速攻で象牙を持って逃げる始末。
 互いに変身してついに激突する二人ですが、あまりの仕打ちに怒ったか、ハンザキはタイガージョーを圧倒!
 と、そこに現れた獅子丸がライオン丸に変身して割って入ると、錠之介はボロボロの体のまま、いずこかへ消えてしまうのでした…
 さて、残った二人は最後の激突。
 ゴースン忍法闇ハンザキで視力を奪ってきたハンザキに対し、ライオン丸はライオン心眼闇浮かしで対抗。ハンザキの位置を掴むや、謎の新必殺技・ライオンドルフィン飛行斬りを喰らわせ、なおも立ち上がるハンザキにとどめの一刀を見舞うのでした。

 そんな激闘の結果を知ってか知らずしてか、錠之介は一人、手に入れた象牙を研ぎながら、ゴースンへの闘志を燃やすのでした…


 敵であるはずのハンザキが、ほとんど主役という印象の今回。人間的な心を持った怪人というのは既に本作ではお馴染みですが、そこに錠之介のかつての親友という設定を加えることで、物語に深みが…
 といいたいところですが、ダメな男に振り回される深情けの女性みたいに見えてしまったのは、私の目が腐っていたからというわけではないと思いたい。
 数々の忍法を使いこなし、必殺技を喰らっても立ち上がる強豪だったのですが…


今回のゴースン怪人
ハンザキ

 ゴースン八人衆の一人で、錠之介のかつての親友。十文字と三つ叉、二つの穂先と分銅のついた槍を得物とし、強風を起こす風ハンザキ、口から炎を吐く火炎ハンザキ、相手の視界を奪う闇ハンザキなど、数々のゴースン忍法を使う。また、ゴースン忍法人間変身で人間に変身できる。
 錠之介の道を誤らせた獅子丸に敵意を燃やすとともに、錠之介を何とか取り戻そうとするが、ライオン丸のライオンドルフィン斬りに深傷を負わされ、なおも立ち上がったところをとどめをさされた。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「かぶき姫 天下一の女」第1巻 天下一の意味は | トップページ | 「娘始末 闕所物奉行裏帳合」 ただ人でなく走狗でなく »

コメント

錠之介にも友達がいたのか(笑)と本放映の時、結構驚いた記憶があります。現在ならハンザキ×錠之介で腐った娘さん達の喜びそうな設定ですね(笑)。

投稿: ジャラル | 2011.09.07 12:18

ハンザキの人間態役(あるいは、元は人間かも)の人。どこかで見たとおもったら、「トリプルファイター」.....もろにオッサンネタですな..の主演だった方じゃないすか。いやあ、敵ながらかっこいいです。セミレギュラーでも通用しそう。そんなハンザキと対決するジョー。親友同士の凄まじい、つばぜり合いを楽しみにしたら何と、ハンザキが圧倒し、タイガージョーはやっと逃げ出すとは。何かタイガージョーが、獅子丸たちとつるむようになったら、弱くなった?

投稿: エージェント・スイス | 2011.09.13 20:30

ジャラル様:
いやもうハンザキはどうみても獅子丸に嫉妬しているようにしか…今だったら絶対薄い本がたくさん出てますよ!

エージェント・スイス様:
なんと、確かにどこかで見たような方と思ったら…これはある意味夢の対決。
にしても、昔の親友との対決というおいしい舞台をあっさり流して退場してしまうタイガージョー、既に心はゴースンとの対決に向かっていると考えましょうか

投稿: 三田主水 | 2011.09.17 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/52647868

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第45話「抜け忍けもの道 怪人ハンザキ」:

« 「かぶき姫 天下一の女」第1巻 天下一の意味は | トップページ | 「娘始末 闕所物奉行裏帳合」 ただ人でなく走狗でなく »