« 「桃の侍、金剛のパトリオット 2」 運命に挑む、ということ | トップページ | 「秘剣柳生十兵衛」 帰ってきた柳生無頼剣! »

2011.10.12

「快傑ライオン丸」 第50話「ライオン丸を吊るせ!! 怪人ジュウカク」

 吾作とあけみの父子に出会った獅子丸一行。そこに襲いかかったジュウカクを撃退するライオン丸だが、小助がジュウカクの角の毒に倒れてしまう。吾作父子の案内で解毒の木の実を取りに向かう獅子丸だが、そこで吾作を人質に取られ、ジュウカクに捕らわれてしまう。勝ち誇るジュウカクに獅子丸が縛り首にされんとした時、沙織たちが駆けつけ、獅子丸を救出。ライオン丸はジュウカクを激闘の末に倒すのだった。

 タケノコ掘りをしている吾作とあけみ父子に出会った小助が、目を輝かせて自分も掘り出した…と思ったら爆発!
 タケノコに見えたのは、地に潜っていたジュウカクの角でした、というえらくシュールなアバンから始まる今回。

 ジュウカクはライオン丸と軽く手合わせしてあっさり引き下がったと思いきや、その晩吾作の小屋に泊まった小助は高熱を出して人事不省になってしまいます。
 実はジュウカクの角には猛毒が、その解毒のためには天神山になる木の実が必要…というわけで、獅子丸は吾作とあけみを道案内に、沙織と小助を残して山に向かいます。

 そこであっさり木の実を発見、と思いきや、それを予測してか待ち伏せていたジュウカクに吾作は捕らわれ、獅子丸は彼の命を助けるために太刀を差しだし、自分も捕らわれてしまうのでした。
 かつてゴースンに村を踏みつぶされ、自分たち以外の家族を失ったというあけみ。彼女にこれ以上悲しい思いをさせないというためでしょうか――いや、相手が誰であっても獅子丸は同じことをするでしょう。獅子丸が言うとおり、命の価値に上下はないのですから。

 かくて、捕らわれの身になった獅子丸を前に、ジュウカクは鼻高々。獅子丸が変身する前に捕らえた自分の頭の良さを自慢するジュウカクに、獅子丸は、お前はただ卑怯なだけだと返します。…ごもっとも。
 しかし手も足も出せないのは同じ、散々ボコられた末、獅子丸は縛り首にされることになったのでした。

 …と、悪役が調子に乗って長々と引っ張っていればロクなことにならないのは言うまでもありません。あけみが持ち帰った木の実で小助は回復、沙織と小助は急ぎ救出に向かいます。

 そして縛り首の瞬間、駆け込んできたヒカリ丸が獅子丸を受け止め、沙織と小助が太刀を奪還。二人をつけてきた錠之介の小柄スローのフォローも入り、獅子丸はライオン丸に変身します。
(ちなみに錠之介の出番は今回これだけ…獅子丸たちと全く言葉も交わさなかったのは、前回のことがやはり気まずかったのかしら)

 さて、卑怯な奴は肉弾戦では弱いのが定番ですが、ジュウカクは普通に強い。得物の矛を弾き飛ばされても、第二の得物のヌンチャクで接近戦、離れてはヌンチャクの先端から銃撃――そして超接近戦ではヌンチャクの紐で首締めと次から次へと繰り出してきます。
 さらに、ヌンチャクの紐を斬られて徒手になったと思いきや、今度はゴースン忍法角落とし(という名前の角で頭突き)まで連発。ビジュアル的には微妙な技ですが、角に猛毒があることを思えば、地味に脅威な技です。

 それをかわしながらのライオン飛行返しを繰り出せば、追いかけての対空頭突き! ライオン丸ももろに食らったか、と思いきや、角を「心」の字の胴丸が受け止め――卑劣なジュウカクの攻撃を、獅子丸の正義の心が受け止めた、と思うべきでしょうか――見事にライオン丸が勝利するのでした。

 母の形見のお守りを小助に託すあけみと吾作に別れを告げ、獅子丸たちは再び旅立つのでした。


 …と、クライマックスの一騎打ちはそれなりに面白いのですが、内容自体は特に見るべきところもない、ごく普通のお話という印象の今回。
 今回を入れてあと五回という時期で、こういうお話を入れてくるのには驚かされますが…


今回のゴースン怪人
ジュウカク

 一つ目に一本角を持つゴースン八人衆の一人。三つ叉の矛と、矛の刃が変形するヌンチャクを武器とする。ヌンチャクの先端からは銃撃が可能。また、猛毒の一本角による頭突きであるゴースン忍法角落としを使う。
 小助を毒で倒し、解毒薬を探しにきた獅子丸を、人質を取って捕らえ、頭の良さを自慢した。が、縛り首にしようとした獅子丸を沙織たちに救出され、変身したライオン丸と激闘の末に破れる。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「桃の侍、金剛のパトリオット 2」 運命に挑む、ということ | トップページ | 「秘剣柳生十兵衛」 帰ってきた柳生無頼剣! »

コメント

ジュウカクが、無抵抗の獅子丸を殴る、蹴る...のシーンは頭にきます。
小助も卑劣な手で、負傷させ「ただ、卑怯なだけ」でなく剣も強くて、獅子丸一行
を苦しめます。でもここで沙織さんが活躍(...またか 汗)するので、沙織ファン的にこの回は好きですよ。一人で、果敢に獅子丸救出に向かおうとする姿が、かっこいい(結局、小助。あけみと一緒に女性、子供ががんばってヒーローを助けるのが痛快)
投げ縄に、小太刀をつけ振り回す珍技...いや新技も見せてくれます。

投稿: エージェント・スイス | 2011.10.14 22:27

エージェント・スイス様:
獅子丸を苦しめる怪人は数あれど、ここまで好き放題にやってくれたのはジュウカクくらいかもしれませんね。
小助の回復力には驚かされますが(笑)、しかし、これまで幾度となく描かれてきたように、獅子丸一人ではなく、沙織と小助あってこそのライオン丸だと再確認させられました。

投稿: 三田主水 | 2011.10.14 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/52960196

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第50話「ライオン丸を吊るせ!! 怪人ジュウカク」:

« 「桃の侍、金剛のパトリオット 2」 運命に挑む、ということ | トップページ | 「秘剣柳生十兵衛」 帰ってきた柳生無頼剣! »