« 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!? | トップページ | 「秘伝 元禄血風の陣」 呪怨の魔人、江戸に蠢く »

2011.10.19

「快傑ライオン丸」 第51話「最後の八人衆 怪人アブター」

 最後の八人衆・アブターの襲撃を受け、深傷を負って逃れた錠之介。偶然錠之介を見つけた獅子丸一行は、彼を連れて逃れ、手当をするが、居場所を発見されてしまう。錠之介と沙織・小助を逃すために単身残ってアブターと戦おうとする獅子丸。錠之介は、戦いの際に見破ったアブターの弱点を告げ、獅子丸はその言葉から強敵アブターを倒すことができた。ついに四人は打倒ゴースンに向けて歩み出すのだった。

 残すところ、今回を入れてわずか四話、ついにゴースン八人衆も最後の一人であります。
 その八人衆・アブターが、ドクロ仮面(無印)とチェス(!)をしているところに飛び込んできた錠之介。
 ドクロ仮面(無印)はあっという間に倒されますが、アブターはチェスの駒を投げつけて錠之介をあしらった上で、タイガージョーに変身させる余裕を見せます。

 タイガージョーの太刀を炎に包んで驚かせたり、ジャイアントロボチックに撃ち出す爪ミサイルの連発でタイガージョーを翻弄するアブター。
 斬り合いの最中、至近距離からの爪ミサイルをくらったタイガージョーは崖下に転落、川に潜って辛うじて逃れるのですが…

 一方、ナレーションで「旅立ってから早一年の歳月が」と言われた獅子丸たち三人は、楽しげに川辺で魚を焼いて食事の支度。
 小助が、錠之介は仲間がいなくてかわいそうだ、というのは、これまでの展開を見ていると、よく頷けます。

 そんな中、水を飲みに川に行った獅子丸は、錠之介を見つけて慌てて担ぎ上げます(また担がれる錠之介…)。
 一方、沙織と小助を見つけたアブターは、獅子丸の行方を吐かせるため、魚を炎に包んで脅しをかけるのですが、それはそれで便利な能力だなあ。

 三人を逃して単身アブターと戦うライオン丸は、軽快にジャンプしまくるアブターに苦戦。マントに身を包んで地の下(?)に逃れるという忍法でその場を逃れたものの、傷を負ってしまいます。
 逃げ込んだ洞窟で手当を受け、ようやく意識は取り戻した錠之介に対し、俺もやられた、と笑顔で語る獅子丸は、完璧に友達に対する態度であります。

 さて、一命は取り留めたものの錠之介の傷は深く戦闘不能。そんな中、居場所をドクロ忍者に嗅ぎつけられ、獅子丸は再び三人を逃して、アブターに挑もうとします。
 アブターの弱点を掴んだ、とはったりを言う獅子丸ですが、しかし驚くべきことに、錠之介は本当にアブターの弱点を掴んでおりました。
 深い踏み込みで剣を振るうアブター。それは脅威でもありますが、実は片目が見えない不安定さからだ、というのです。
(ここで、自分も片目だからわかる、という錠之介の説得力!)
 沙織・小助と共に去る錠之介ですが、もう獅子丸とは目と目で語りあってる感が…

 さて、弱点さえわかってしまえば怖いものはありません。数度の剣戟の末、右目が見えないことを見破ったライオン丸は、相手の死角へ、死角へと身を置くクレバーな動きでアブターを圧倒。
 アブターが得意とする(と思われる)空中戦も飛行返しで制し、最後の力で突っ込んできたのも、冷静に突きで返して完勝であります。

 ついに仲間に加わった錠之介。最後の戦いに向けて四人は歩み始めるのでした。


 冒頭の戦いでは、また錠之介がかませに…と暗い気分になった今回ですが、その敗北が無駄にならず、錠之介の助言が獅子丸を救うという展開が心憎い今回。最後の八人衆は今ひとつ目立てませんでしたが…

 もはやナレーションも言うとおり、「獅子丸と錠之介には、もはや言葉はいらない」状態になった二人が、いよいよゴースンに挑むことになります。


今回のゴースン怪人
アブター

 刀を仕込んだ伸縮式の槍と、無限に再生する爪ミサイルを武器とする最後の八人衆。発火能力も持つ。
 タイガージョーを圧倒して瀕死の重傷を負わせるが、片目が見えないという弱点を見破られ、それを伝えられたライオン丸に敗れ去った。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!? | トップページ | 「秘伝 元禄血風の陣」 呪怨の魔人、江戸に蠢く »

コメント

名前は伏せますが、あるライターの方が「この回で、獅子丸と錠之介のすべてのわだかまりはとけ、真の親友になった。二人の心はひとつになり、さえぎるものは何もなかった」という意味の事 をかかれてます、が、全く同感です。最後のシーンの二人は少し
危ういムードも...おいおい。ところでヒカリ丸から沙織「錠之介さん。」錠之介「おお。」沙織さんに、引き上げてもらい救出される錠之介といった場面もあります。頼もしい沙織さんですが、全編通じて、この二人の会話はおそらく、このシーンだけでは。これも不思議な話です(笑)

投稿: エージェント・スイス | 2011.10.22 21:15

エージェント・スイス様:
いやもう本当にラストは本文にも書きましたが、言葉なんていらない二人ですから…今放映されたら色々と大変なことになっていたような
と、錠之介と沙織さんの会話はこれくらいでしたか!? 言われてみれば錠之介、小助とばかり話してましたからねえ

投稿: 三田主水 | 2011.10.23 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53006693

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第51話「最後の八人衆 怪人アブター」:

« 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!? | トップページ | 「秘伝 元禄血風の陣」 呪怨の魔人、江戸に蠢く »