« 「絵巻水滸伝」 第94回「幻夢」 一騎当千の怪人現る!? | トップページ | 「アタラクシア 戦国転生記」 異形の腕が導く戦国奇譚 »

2011.11.23

「妖術武芸帳」 第02話「怪異みず地獄」

 尾張藩の江戸家老の前に現れ、その死を予言する死者たち。怪しげな道士の後をつけて五重塔に至った誠之介はそこで毘沙道人と対峙するが、塔は炎に包まれ、覚禅の助けで辛うじて脱出するのだった。予言通り洪乱道士の術により苦しむ家老の前に現れた道人は、自分を尾張大納言に会わせろと告げる。その術の有り様を目撃したため、道士に襲われる楓。そこに駆けつけた誠之介は、覚禅の助けを得て洪乱道士を討つのだった。

 尾張藩の侍三人が、国元に帰参しようと旅立つ場面から始まる今回。しかしその前に現れた黒衣に右上の犬歯が長く伸びた怪人・洪乱道士が出現、彼らに死を宣告します。
 これに怒った三人の刃を素手で握り止めた道士は、彼らの足元から水を湧き出させ、見る見るうちに彼らは水の中へ…

 と、屋敷の中の尾張藩の江戸家老の周囲が突然暗闇に包まれ、驚く家老の前に青白い顔で現れたのは、先ほどの三人…彼らは陰々滅々と、家老が今宵九つに死出の旅に出ると告げるのでありました(この辺り、子供番組としてはかなりコワイ演出であります。その後に出てくる骸骨はいまいちですが…)

 さて、屋敷の外には、何やら印を結んでいた道士の影が。その後をつけてどこぞの五重塔にやってきたのは、我らが鬼堂誠之介。
 塔に潜入した彼の前に現れた毘沙道人は、誠之介の経歴をずばりと言い当てるのですが、それが面白い。
 道人によれば、誠之介は、五歳の時に日本を離れ、以来ルソンマカオジャカルタ清国を渡り歩いた人物であると…なるほど、誠之介は当時としては稀な国際人でありました。

 その誠之介の国際感覚に訴えるように、西洋からの侵略に対して、我が清国(!)と同盟を組もうと誘う道人ですが、もちろんこれを鵜呑みにする誠之介ではありません。
 毅然と断る誠之介は、道人の首を一刀の下に落としますが、道人は平然と首を取ってすげ治してしまいます。
(しかしここで西洋の侵略に言及したということは、もし番組が続いていたら西洋妖術師も登場したのかも…)

 更に、宙に浮いて道人が窓から飛び出すや、炎に包まれる塔。そこに現れた覚禅は、地上から塔に鉤縄を投げて脱出を促します。
 縄を伝って途中まで降りたところを、洪乱道士に縄を切られたものの、無事地上に降り立った誠之介は、覚禅と共に敵の兵士を撃退するのでした。
 しかし共闘しながらも自分自身の任務とやらに拘る覚禅を、自室に誘う誠之介。そこには、書物など西洋のご禁制の品々が山積みされ、誠之介は覚禅に地球儀を見せて、世界の大きさを語るでありました。

 と、刻はまもなく九つ。尾張藩江戸屋敷では、江戸家老が飲もうとした水差しから勢いよく、限りなく水が噴き出します。
 部屋の戸はビクとも動かず、宿直の侍は妖術で固められ、あわや家老が水に飲まれかかった時、舟に乗って現れたのは毘沙道人。
 彼は、命を助けるのと引き換えに、尾張大納言に会わせるよう、家老に命じます。何と道人は、時の将軍・家治を呪殺し、尾張大納言を将軍に据えると言い出すのですが――

 そこに通りかかった腰元・楓が部屋の中を覗いてみると、そこでは洪乱道士が家老の顔に水をかけていただけ。どうやらこの術により家老は溺れたと錯覚していたようですが…一見微妙なようで、この辺りは由緒正しい(?)妖術描写で楽しいのです。

 さて、気付かれて逃げ出した楓は洪乱道士に捕まり、あの足元から湧き出る水の術をかけられてしまいますが…
 そこに馬で駆けつけたのは、もちろん誠之介。香たき殿の情報により、尾張藩江戸屋敷の怪事を察知してきたのです。
 楓を馬で逃がした誠之介ですが、しかし道士の地獄雪崩の術で突如現れた地割れに飲まれかかってしまいます。誠之介危うし!

 が、その時強い光が道士の顔に当たり、気が散って術が敗れた一瞬に、誠之介の一刀が道士を斬るのでした。
 月光を手鏡で反射させて道士の気を逸らしたのは、覚禅。何と楓は覚禅の妹だというのですが…
 仮は返したと去って行く覚禅を見送る誠之介なのでした。


今回の妖術師
洪乱道士

 毘沙道人配下の四賢八僧の一人で、黒衣に右上の犬歯が長く伸びた男。幻術を得意とし、無限に水を湧き出させてその中で相手を溺れさせたり、地割れで相手を飲み込む地獄雪崩などを操る。
 数々の妖術で尾張藩江戸家老を脅かし、誠之介も苦しめたが、覚禅が反射した月光に目が眩んだ隙に誠之介に斬られた。


関連記事
 「妖術武芸帳」 第01話「怪異妖法師」

|

« 「絵巻水滸伝」 第94回「幻夢」 一騎当千の怪人現る!? | トップページ | 「アタラクシア 戦国転生記」 異形の腕が導く戦国奇譚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53294886

この記事へのトラックバック一覧です: 「妖術武芸帳」 第02話「怪異みず地獄」:

« 「絵巻水滸伝」 第94回「幻夢」 一騎当千の怪人現る!? | トップページ | 「アタラクシア 戦国転生記」 異形の腕が導く戦国奇譚 »