« 「新撰組秘闘 ウルフ×ウルブズ」第1巻 少年近藤勇の見たものは | トップページ | 「琅邪の虎」 真の虎は何処に »

2011.11.02

「快傑ライオン丸」 第53話「悲しきタイガージョーの最期!」

都襲撃を目前に控えた大魔王ゴースンの行方を追う錠之介は、ドクロ忍者に化けてゴースンに接近するが正体を暴かれ、ガンドドロに追いつめられる。駆けつけた獅子丸と力を合わせガンドドロを撃退した錠之介。なおも単身ゴースンに挑む錠之介は、ゴースンサンダーに片目を潰されてしまう。盲目となったタイガージョーをいたぶるガンドドロの銃弾。駆けつけたライオン丸の眼前でタイガージョーは眉間を打ち抜かれるのだった。

 ついに最終回目前。あまりにも不吉なサブタイトルの今回、冒頭でゴースン八人衆の墓にカーネーションを手向けるのは、ゴースン一の幹部を名乗るガンドドロ。
 後ろから白クマが抱きついたような、見ようによっては可愛いコスチュームですが…

 と、その様子を見ていたのは沙織と小助。ガンドドロの後をつけた二人は、川の近くで姿を見失ってしまいます。
 その辺りにゴースンの本拠があるのではと睨み、探しに向かった獅子丸たちを襲うドクロ忍者の大群――錠之介はその中に紛れ込み、単身ゴースンに接近しようとします。

 都を叩き潰すための力を蓄えている間、山の中に潜んで久々に巨大な唇を見せていたゴースン。その間近まで迫ったものの、ゴースンには変装は筒抜け。錠之介はガンドドロの襲撃を受けます。
 ライフル銃の連射を受け、変身することすらできないまま圧倒される錠之介。タイガー忍法空蝉で服を残して逃れ、ついに変身したタイガージョーは、ガンドドロの懐に飛び込み、ライフルを弾いて接近戦に挑みますが――突如、彼に襲いかかるのは、ガンドドロが被っていた毛皮!

 後ろから彼を羽交い締めするように絡みつく、ゴースン忍法地獄締めで首や足を締め付けられたタイガージョーは大ピンチです。
 そこに駆けつけた獅子丸は、崖の上から大ジャンプ! 一直線に宙を飛び、空中でライオン丸見参!
(この辺りはワイヤーワークですが、ここに来て新しい変身パターンを見せてくれるのは驚きです)
 ライオン飛行斬りとタイガー隼斬りが同時に炸裂! と思いきや、二人をこわっぱ呼ばわりして去っていくのでした。

 戦い終わり、にらみ合う獅子丸と錠之介。それでもその場は収まり、沙織と小助は食事の支度に出かけるのですが、ゴースン打倒に凝り固まった錠之介は、ちょっと辺りを見てくると出て行こうとします。そんな彼に「無理するなよ」と声をかける辺りは、獅子丸の優しさが感じられますが…

 と、罠に捕らえられてしまう沙織と小助。ガンドドロは、ライオン丸をおびき寄せるため、沙織を人質に小助に笛を吹かせようとします。
 一方、ついに巨大神変化したゴースンと対峙したタイガージョーは、真っ向から突撃するも、ゴースンサンダーを残る左目を撃たれてしまいます。それでもなおゴースンに挑むタイガージョーに再び放たれるゴースンサンダー…

 ガンドドロの前に落下したタイガージョーを殺せと命じるゴースン。ガンドドロは、嬉々として盲目のタイガージョーに弾丸を浴びせていきます。
 足を打ち抜かれながらも、ゴースンを倒すまでは死なないと刀を杖に立ち上がるタイガージョー。更に両腕を打ち抜かれながらも、最後の力を振り絞ったタイガージョーの刃は、ガンドドロを貫いた!?

 と思いきや、刃が捕らえたのはガンドドロの背中の毛皮のみ。その時、小助の吹いた笛を聞いて獅子丸が駆けつけたのですが――
 その眼前でタイガージョーの眉間を貫く銃弾!


 と、あまりに衝撃的なシーンで終わったラスト一話前。
 主人公のライバルが、ヒロインと子供の前でさんざんいたぶられた末、ようやく駆けつけた主人公の眼前でとどめを刺されるというのは、凄まじいと言うも愚かでしょう。

 ゴースンを倒すことが自分の生きる道と思いこんだ錠之介の悲しさと言えばそれまでですが、ここまで衝撃的な死を遂げたライバルというのも珍しいでしょう。

 しかし、大魔王ゴースンの都襲撃は目前までせまっています。
 獅子丸よ、全ての苦難を乗り越え、今だ、今こそ変身の時だ!


今回のゴースン怪人
ガンドドロ

ゴースン一の幹部を名乗る最後の使者。ライフルと二本の巨大なナイフを武器とする。頭から背中に被った獣の毛皮を操って絡みつかせ、相手の動きを封じるゴースン忍法地獄締めを使う。
 ゴースンに目を潰されたタイガージョーをいたぶった末、眉間を銃弾で撃ち抜いた。


「快傑ライオン丸」(アミューズソフトエンタテインメント DVDソフト) Amazon
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]


関連記事
 「快傑ライオン丸」 放映リスト&登場人物紹介

|

« 「新撰組秘闘 ウルフ×ウルブズ」第1巻 少年近藤勇の見たものは | トップページ | 「琅邪の虎」 真の虎は何処に »

コメント

この回を見るたび、いたたまれない気持ちになります。錠さん、あんたこの間「力を合わせることの大事さがわかった。一気にゴースンを倒そう。」といったばかりじゃないすか!なんで単独で、ゴースンに挑むんだよといっても悲しいです。象牙のやりで、胸をつけば、ゴースンを倒せたしれんのに。しかも ガンドドロがまさに、制裁を加えるような凄まじさ。ライオン丸で、一番印象に残ってる回です。

投稿: エージェント・スイス | 2011.11.04 18:57

エージェント・スイス様:
錠之介の気持ちもわかるだけに、本当にこのエピソードは胸が痛みますね…
ラストのなぶり殺しは、ある意味子供番組の域を超えていたと思います。

投稿: 三田主水 | 2011.11.13 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53122234

この記事へのトラックバック一覧です: 「快傑ライオン丸」 第53話「悲しきタイガージョーの最期!」:

« 「新撰組秘闘 ウルフ×ウルブズ」第1巻 少年近藤勇の見たものは | トップページ | 「琅邪の虎」 真の虎は何処に »