« 「あやし」(その2) 人の想いが生む鬼 | トップページ | 1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2011.12.30

「あやし」(その3) 閉ざされた世界の鬼

 宮部みゆきの時代ホラー短編集「あやし」収録作品の紹介、ラストの第三回目であります。

「時雨鬼」

 ある悩みへの助言を求めて口入れ屋を訪れたお信。そこで彼女の前に現れた口入れ屋の女房と名乗る女は、かつて鬼と出会った過去を語る…

 「鬼」と呼ばれる存在がしばしば登場する本書ですが、本作もまた、「鬼」が登場する作品。しかし、他の作品がそうであるように、本作の鬼もまた、独特の存在であります。

 恋しい男から奉公先を変わるよう促され、悩んだ末にかつて世話になった口入れ屋を訪れたお信。そこで彼女は、口入れ屋の女房だという見知らぬ女と出会い、お信の心中を知るかのように遠慮のない言葉をぶつけられます女。そして女は、かつて時雨の中で出会った鬼の存在を語るのです。

 実のところ、本作においては、本当に怪異が現れたのかはわかりません。しかし、それでもなお、そこに、人の世に、「鬼」がいることを、これ以上なくはっきりと本作は描き出します。
 果たして人と鬼と――その境目がどれだけ薄く、危険なものであるか、物語の結末は我々に語りかけるのです。


「灰神楽」

 奉公人が刃傷沙汰を起こした店に駆けつけた岡っ引きの政五郎。その奉公人が、火鉢の灰神楽に見入っていたことを知った政五郎だが…

 「ぼんくら」シリーズに登場する政五郎親分の登場する一編であります。
 ある商家で、奉公人の娘が主人の弟に斬りつける事件が発生。加害者と被害者の間に全く関係はなく、途方に暮れた政五郎は、娘が火鉢の灰神楽を見とれていたことを知ります。

 本作で描かれる怪異は、一応その原因らしきものは示されるものの、しかし、その正体は全くわからぬまま、政五郎を含めた周囲の者たちは、それに振り回されるままに終わるのが、何とも言えない後味を残します。
(この辺りの味わいは、岡本綺堂的と言えるかもしれません)

 灰神楽とは、火の気のある灰の中に、水などをこぼした時に灰の舞い上がる様を言いますが、本作の怪異もまた、その灰神楽のような曖昧模糊としたもの…と言いたいところですが、その中から、パッと人の胸を突き刺すようなものが飛び出してくるのが、また恐ろしいのです。

 ちなみに本作で描かれた怪異の真の正体は、「ばんば憑き」に収録された「お文の影」で明かされることとなります。


「蜆塚」

 桂庵の米介が見舞いに出かけた亡き父の碁敵。彼は、米介の父が、そして自分が出会ったある者たちのことを米介に語る…

 最後に収められたのは、老人との何の気ない会話の中に、江戸に潜む奇怪な者たちの姿が浮かび上がる一編です。

 若気の至りで家を飛び出し、父と言葉を交わすこともないまま、その死後に家業の桂庵(奉公などの周旋屋)を継いだ米介は、父の碁敵だった老人から、不思議な者たちの存在を聞かされることになります

 老人も、そして米介の父も、いや、同業の者たちも出会ったことがあるという者たち…
 一見平和な江戸の町の中に、人ならざる者が静かに入り交じっているという内容にもゾクゾクさせられます。しかしそれ以上に、老人たちの語りの中の存在が、フッと自分の隣にもいたことを知る、恐怖の遠近法とも言うべき描写が、ただ見事であります。


 三回に渡り紹介してきた全九編、これらはほとんど全てが、商家を舞台とした作品です。

 当時の商家は、主人一家のみならず、数多くの奉公人たちが、その中で働き、その中で生活を送ることになります。
 数多くの人々が、そこで一日の、いや一生の大半を送る閉ざされた世界――それが商家なのであります。

 実は、宮部みゆきの時代ホラーには、本書のように商家を舞台とした作品が少なからずあることを少々不思議に思っておりました。
 しかし、このような人の生を、人の世をミニチュア化した存在として、作者は商家を舞台に選んでいるのかもしれない…そのように、改めて感じた次第です。

「あやし」(宮部みゆき 角川ホラー文庫ほか) Amazon
あやし (角川ホラー文庫)

|

« 「あやし」(その2) 人の想いが生む鬼 | トップページ | 1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53578967

この記事へのトラックバック一覧です: 「あやし」(その3) 閉ざされた世界の鬼:

« 「あやし」(その2) 人の想いが生む鬼 | トップページ | 1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »