« 「あやし」(その1) 人の中の鬼 | トップページ | 「あやし」(その3) 閉ざされた世界の鬼 »

2011.12.29

「あやし」(その2) 人の想いが生む鬼

 宮部みゆきの時代ホラー短編集「あやし」収録作品の紹介、第二回であります。

「梅の雨降る」

 縁日で大凶のおみくじを引いたおえん。ある娘を妬んでいた彼女が、凶運が移るように念じたことが悲劇を招くことに…

 冒頭で主人公と言えるおえんが亡くなり、その弟が、過去を回想するという、一風変わった形で語られる本作は、悲しい罪の記憶の物語であります。

 才気活発でありながらも、その容姿が理由で、別の娘に奉公の口を奪われたおえん。その彼女が、縁日で大凶を引き、かつて聞いたその振り払い方を実行した時、悲劇が起こります。

 誰の心にもふとした拍子に訪れる、妬みや憎しみの想い。それが呪いと変わり、そして成就したと知った時に、人の心に訪れるのは、喜びでしょうか、悔やみでしょうか…?

 本作で描かれるものは、実は怪異ではないのかもしれません。全ては偶然と、気の迷いの産物と、そう読むこともできるでしょう。
 しかし、それが招いた残酷な結果を思えば、そこに人の心の、善悪半ばする人の心の不思議さを感じるほかないのです。


「安達家の鬼」

 病床の義母の世話をすることになったわたし。わたしには何も見えないが、人によっては義母に憑いた鬼が見えるというのだが…

 女中の身分から、とある商家の主人に嫁いだ語り手を通じて、店の隠居――彼女にとっては義母の秘密が語られる本作。
 隠居には、出会った人間の人となりがわかる。いや、彼女に出会った人間で後ろ暗い部分を持つ者は、彼女に何かを見る、と言うべきでしょうか…
 語り手は、やがて隠居が若かりし頃に出会った「鬼」の存在を知ることとなります。

 「鬼」と言えば、角の生えた怪物を思い出しますが、本作におけるそれは、「人ならざるモノ」の意と理解すれば良いでしょうか。
 そして同時にその鬼は、人が、人のある種の想いが生み出したモノでもあります。それをもし鬼以外の言葉で呼ぶとすれば「業」と呼べるのかもしれません。
 なるほど、その姿を目にするのは、人によっては何よりも恐ろしいことでしょう…

 しかし本作においては、その鬼の姿を見ないことを単純に幸いとはしません。業を背負うということ――それは辛いことにも見えますが、しかし人の生はそれだけではないのですから。
 隠居の最期の表情に、それを感じ取るのは、決して楽観的に過ぎるというわけではないと信じたいのです。


「女の首」

 母を亡くし、袋物屋に奉公することになった太郎。しかしそこで彼が見たのは、唐紙に現れた、自分にしか見えない女の首の姿だった…

 幼い頃から口をきかず、母の手一つで育てられた太郎。その母が亡くなり、おっかないが人情家の差配の紹介で、袋物屋に奉公することになった太郎ですが、しかしそこでの生活は、普通の奉公人のそれとはいささか異なるものでありました。

 太郎がそれに違和感を感じ始めた頃、納戸部屋で見つけた唐紙に描かれていたのは、忌まわしい女の首の絵。しかもその絵は他の奉公人には見えず、そして彼の顔を見てにやりと笑ったのでした――

 果たして女の首は何者なのか、何故太郎には見えるのか…本書に収録された作品の中では数少ない、はっきりと魔物が正面から登場する本作では、少年の目を通して、悪夢のようなその姿が、生々しく描かれます。

 しかし、本作で描かれるのは、魔物の脅威のみではありません。それに立ち向かう、人の想い、そしてそれを嘉するかのような小さな奇跡もまた、同時にあるのです。
 本書の中で、特にお気に入りの作品の一つです。


 もう一回続きます。

「あやし」(宮部みゆき 角川ホラー文庫ほか) Amazon
あやし (角川ホラー文庫)

|

« 「あやし」(その1) 人の中の鬼 | トップページ | 「あやし」(その3) 閉ざされた世界の鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53570965

この記事へのトラックバック一覧です: 「あやし」(その2) 人の想いが生む鬼:

« 「あやし」(その1) 人の中の鬼 | トップページ | 「あやし」(その3) 閉ざされた世界の鬼 »