« 「楊令伝 七 驍騰の章」 生を全うすることの意味 | トップページ | 「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻 さじ加減を誤った熱血 »

2012.01.29

2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 先日新年を迎えたと思えば、もう2月は目の前に。2月は日にちが少ないので発売点数も少ない…ということはなく、それなりに充実していてホッとした2月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 文庫時代小説については、今年も活躍間違いなしの上田秀人の「闕所物奉行 裏帳合」シリーズ第6弾「奉行始末」が、何となくラストっぽい雰囲気のタイトルでやはり気になるところ。
 また、これまで捕物帳メインのイメージがあった千野隆司がバリバリの時代伝奇を書いた「戸隠秘宝の砦」も楽しみです。

 そして何よりも、左近殿の活躍再び! ということで築山桂の「左近 浪華の事件帳」シリーズ第2弾「闇の射手(仮)」は、何を置いてもチェックしたいところです。

 その他、おかしな妖怪退治のエキスパートが活躍する佐々木裕一「もののけ侍伝々」の第2弾「蜘蛛女」や、早くも第3巻登場の浅生楽「桃の侍、金剛のパトリオット」も注目。
 また、解説本としては多田克己の妖怪概説本「幻想世界の住人たち 日本編」の文庫化も気になります。初版が1990年というのはいささかショックですが…

 また、文庫以外では、なんと言っても仁木英之の「くるすの残光」の続編「月の聖槍」がやはり一押し。よかった、続きが読めて…


 漫画の方では、(昨年末にこのブログでも原作を紹介しました)宮部みゆきの「あやし」を皇なつきが漫画化した「あやし お江戸ふしぎ噺」に注目。収録作品は「梅の雨降る」「女の首」「時雨鬼」「灰神楽」「蜆塚」とのことですが、皇なつきの美麗な絵があの世界をどのように描き出すのか――気になるところです。(「影牢」がなくてちょっと安心…)

 また、シリーズものの最新刊としては、碧也ぴんく「天下一!!」第4巻、梶川卓郎&西村ミツルの「信長のシェフ」第3巻、河合孝典の「石影妖漫画譚」第6巻が要チェック。
 文庫化の方では、「るろうに剣心」第3,4巻、「あずみ」第3,4巻、「殷周伝説」第3巻と、快調に巻が重ねられる模様です。
(にしても、るろ剣の新作――というより「エンバーミング」がどうなるのか、大いに気になるところですね)


 DVDの方で気になるのは「赤胴鈴之助」のDVD-BOXですが…あと、個人的に苦い記憶のある中央電視台の「水滸伝」のDVD-BOXの廉価版が二種類同時に出るのがちょっと複雑な気分ではあります(ダイジェスト版を今から見る人いるのかなあ…)



|

« 「楊令伝 七 驍騰の章」 生を全うすることの意味 | トップページ | 「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻 さじ加減を誤った熱血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53847649

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「楊令伝 七 驍騰の章」 生を全うすることの意味 | トップページ | 「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻 さじ加減を誤った熱血 »