« 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「書生葛木信二郎の日常」第2巻 大正時代を舞台とする理由 »

2012.01.30

「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻 さじ加減を誤った熱血

 巨大蟲の群れから江戸を守るために日夜戦う蟲奉行所こと新中町奉行所の同心たちを描く「常住戦陣!! ムシブギョー」の第4巻です。

 蟲奉行所市中見廻り組同心のエースにして謎の集団・蟲狩の一員・無涯と超巨大昆虫・益荒王兜との対決も冒頭であっさり決着。
 この巻の大半で描かれるのは、その蟲狩の一員にして蟲奉行所と敵対する蟲を操る少女・蜜月の暗躍と、主人公・月島仁兵衛との対決(?)であります。

 蟲奉行所のトップである謎の存在・蟲奉行。蟲奉行の命を狙う蟲狩の一員として、蟲奉行が謎の儀式・御籠りを行う場所の秘密を探らんとした蜜月は、仁兵衛をターゲットとして暗躍を開始します。
 しかし、色仕掛けで仁兵衛を篭絡しようとしても超朴念仁の彼に通じるわけもなく、また色気という点では彼女以上のお春も現れて、業を煮やした蜜月はお春を誘拐、彼女を人質に、仁兵衛を呼び出すという展開に。

 そしてここでの戦いがこの巻の色々な意味でのクライマックスとなります。

 巨大蟻地獄によって造り出された、町一つが落ち込んだ巨大地下空洞の中で、周囲の蟲の襲撃を躱しつつ、崩れ落ちてくる建物の残骸を上りながら脱出、というのは、本作ならではのアクション設計。
 ヒロイン救出、蟲との戦闘、通常とは異なる縦方向に展開していく戦いのステージと、ややこしい要素をいくつも絡めて展開していくアクションには大いに感心させられたのですが…

 しかし、はっきり言ってしまえば、仁兵衛とお春のキャラクター描写がどうにもこうにも。
 何やら暗く重い過去を持ち、そのために歪んだ人格となったらしい蜜月に対し、どこまでも前向きで互いを思いやる仁兵衛とお春――という対比を意識しているはずなのですが、主役カップルが良く言って天然、悪く言えば何も考えていない状態なので、カタルシスも何もない。

 ここは笑わそうとしているのか燃やそうとしているのか、何とも真意を捉えかねるシーンとしか言いようがありません。

 元々仁兵衛というキャラクターは、無印の「ムシブギョー」の頃から、その真っ直ぐな熱血ぶりが多分にギャグの要素を含む造形で、それが強みでもあり弱みでもあったかと思いますが、そのさじ加減を誤ったのでは…という印象が、今回は強く残りました。

 物語の方は、第3巻でほのめかされた驚天動地の世界観の秘密に続き、蟲奉行と蟲狩の敵対関係、蟲奉行の謎めいた行動、そしてついに登場した他の見廻り組の存在と、物語を盛り上げる要素が次々と登場。
 そしてそれを受けてのこの巻ラストでの大事件発生と、物語は大いに盛り上がっているのですが、しかしそれに乗って動くキャラクター、というか、主人公がどうにもすっきりしないのが、残念でなりません。

 無印に比べ、本作では主人公の戦う理由、逃げられない理由をよりはっきりとする設定付けがなされており、期待していたのですが…
 この巻のラストの苦境を踏まえて、仁兵衛がどのような動きを見せるのか。まずはそこに注目させていただきましょう。

「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻(福田宏 小学館少年サンデーコミックス) Amazon
常住戦陣!!ムシブギョー 4 (少年サンデーコミックス)


関連記事
 「ムシブギョー」第1巻 大江戸モンスターハンター走る
 「ムシブギョー」第2巻 自分だけの武士道、自分だけの熱血
 「ムシブギョー」第3巻 明るすぎる熱血
 「常住戦陣!! ムシブギョー」第1巻・第2巻 引き下がれない理由
 「常住戦陣!! ムシブギョー」第3巻 一気に広がる世界観

|

« 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「書生葛木信二郎の日常」第2巻 大正時代を舞台とする理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/53855429

この記事へのトラックバック一覧です: 「常住戦陣!! ムシブギョー」第4巻 さじ加減を誤った熱血:

« 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「書生葛木信二郎の日常」第2巻 大正時代を舞台とする理由 »