« 4月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「戸隠秘宝の砦 第二部 気比の長祭り」 甦った王道伝奇 »

2012.03.30

「兵法柳生新陰流」(その四) 兵法の辿り着く先

 五味康祐の柳生ものの集大成「兵法柳生新陰流」収録作品紹介のラストであります。時代は流れ、柳生新陰流のたどり着く先は…

「秘し刀霞落とし」

 尼崎に道場を落成した新陰流の猪之田兵斎。宗矩は、その道場の存在を理由に、猪之田新陰流潰しを十兵衛に命じるが。

 おそらく黒宗矩なるものが生まれたのは、「柳生武芸帳」と「柳生一族の陰謀」によるところが大ではないかと思いますが、その一端を担った(?)作者らしい宗矩のマキャベリストぶりが描かれるのが本作。

 疋田陰流の流れを組む、柳生新陰流とはいわば親戚同士の猪之田新陰流。
 彼らが新造した道場が、柳生新陰流が江戸城内に造った道場と同じ大きさ・構造であったことが将軍家に対する不敬だという理由で、流派そのものを潰さんとする宗矩には、作中の十兵衛ならずとも言葉を失います。

 しかし、本作で描かれる猪之田新陰流の悲劇は、同時に兵法というものの移り変わりの象徴でもあります。彼らが兵法に励む姿が無邪気に見えれば見えるほど、それが一層鋭く胸を刺すのです。


「少年連也と十兵衛」

 ある事件がきっかけで、師・柳生兵庫のもとを訪ねた尾張藩士・葉弥太兵衛。そこで彼は、少年連也と謎の浪人・鈴木文兵衛と出会う。

 江戸城を襲った大地震が、意外な方向に転がっていく本作も、柳生新陰流の非情さを描いた作品です。
 大地震の中、主君と誤って水戸公を助け出した尾張藩士・稲葉弥太兵衛。水戸から大禄を以て召し抱えられることとなった彼ですが、しかし、行けば主君を助けられなかった水戸藩士による死が待ち受けていることに気づきます。
(ちなみに本編の内容とは関係ありませんが、尾張公を助けた別の藩士が、逃げる途中で行く先を遮った人間十八人を当て身で殺して通った、というエピソードがもの凄い)

 そこで師である柳生兵庫のもとを訪れた彼が出会ったのは、少年時代の連也と、彼に慕われる鈴木文兵衛と名乗る浪人。
 もちろんこの文兵衛が実は…なのですが、その彼が終盤に見せる行動は驚きの一言。その背後には、江戸柳生の恐るべき真意があるのですが、しかし、それがこの行動に結実した陰には、宗矩と十兵衛の方向性の違いが見えるようにも思えるのであります。


「柳生連也の伜たち」

 柳生連也の晩年には三つの謎があった。柳生拵えの鐔と鞘、死に顔を見せるなという遺言、知行の召し上げ――その謎の陰には、武士の兵法を究めんとする意志があったが…

 ついに最後の作品となりました。本作は100頁にもなる中編ですが、その分量にふさわしい重みを持つ作品であります。
 尾張柳生最強を謳われる柳生連也が晩年に見せた謎の行動の数々を、彼と、彼の三人の養子の姿を通じて描く本作は、兵法とは何か? という根源的疑問を我々に投げかけてくるのです。

 兵法としてある意味頂点を極めた柳生新陰流。しかしその内実は、如何に相手を欺き、油断させ、隙を突くかの工夫に腐心する、いわば畜生道と晩年の連也は捉えます。
 それは、これまで描かれてきた柳生新陰流の姿を考えれば頷けるものではありますが、しかしこれは柳生新陰流に止まらぬ兵法そのものが持つ性格と言うべきもの。
 彼は真に武士が収めるべき兵法を求め、それぞれ異なった境遇の三人の若者を養子に求め、一種の実験を行うことになるのですが…
 あらまほしき真の兵法を求める連也の試みとその顛末を描く本作は、作中の年代順に配置された、「兵法柳生新陰流」と題された本書の掉尾を飾るに、まことにふさわしいものと申せましょう。
 兵法というものの自己矛盾とその克服の試みを描いた本作は、剣豪小説としても白眉であり、そしてそのある意味皮肉な結末の中に、人間というものの本質を浮き彫りにした優れた文学とも言えます。


 そして、本書に収録された作品の中で、執筆順で言えば本作が最も古いという事実に、剣豪小説家として知られた作者の視線の鋭さを見たようで、粛然とさせられた次第です。

「兵法柳生新陰流」(五味康祐 徳間文庫) Amazon


関連記事
 「兵法柳生新陰流」(その一) 流浪の柳生新陰流

|

« 4月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「戸隠秘宝の砦 第二部 気比の長祭り」 甦った王道伝奇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/54306559

この記事へのトラックバック一覧です: 「兵法柳生新陰流」(その四) 兵法の辿り着く先:

« 4月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「戸隠秘宝の砦 第二部 気比の長祭り」 甦った王道伝奇 »