« 「猫除け 古道具屋 皆塵堂」 帰ってきたコワくてイイ話 | トップページ | 「陣借り平助」第2巻 冒険児、勘助・家康と出会う »

2012.05.03

「魔王信長」第1巻 人気作家幻の時代ライトノベル

 美貌を持ちながら気弱で癇癖だった少年時代の織田信長は、ある異国人との出会いで変貌を遂げる。異国人の誘いで悪魔に魂を売った信長は、いかなる武将・忍者も及ばない不死身の肉体と奇怪な能力の数々を手に入れたのだ。魔王としての力を振るう信長は、天下取りの最初の相手を今川義元と定めるが…

 いまや文庫書き下ろし時代小説界の寵児の一人である風野真知雄が、そのキャリアの最初期に、今で言うライトノベルを執筆していたことを憶えている人は少ないかもしれません。
 小学館スーパークエスト文庫から第3巻までが刊行された本作「魔王信長」はその一つ(というより、作者の初単行本ではないかと記憶していますが)であり、タイトルが示すように、紛れもない時代伝奇ものであります。

 そもそも、織田信長は、伝奇ものの世界では、魔王になったり吸血鬼になったり、謎の一族や宇宙人に操られたりと、色々と人外扱いを受けることが多い人物。
 これは、若き日のうつけ者の評判から一転しての有能ぶり、比叡山焼き討ちに代表される苛烈な所業(と既存宗教軽視)、第六天魔王の自称、ドラマチックな最期と、色々な要素が揃っているためでありましょう。

 逆にいえば、それだけ信長が魔王、というのはよくある題材なわけで、差別化は難しいわけですが…
 本作においては、その点を、他の戦国武将たちも――信長ほどではないにせよ――常人離れした存在として描いているのが面白い。

 例えば斎藤道三は、摂取した油を口から放つことで相手の自由を奪う忍法油地獄の使い手(ちなみに娘の濃姫も一つだけ忍法を教えられたという設定)、木下藤吉郎は山の民で本名・猿×××、そして今川義元は、まだこの第1巻の時点では正体は不明ながら、蹴鞠を応用した武術・体術の使い手…

 まだ戦国武将としての信長が本格的に動き出していないこともありますが、本作における戦いは、こうした異能の武将同士の個人戦の側面が強く――あえてセンセーショナルな言い方をすれば、当代の「戦国BASARA」的な世界観の先駆け、と言えるかもしれません。

 正直なところ、デビュー後最初期の作品ということもあってか、文体・描写などにおける作者らしさはまだ希薄なものの、たとえば魔王と化したはずの信長に、一面の人間性を描き出す点など、単純な悪人が存在しない最近の作品に通じる側面はあるかもしれません。

 実は本シリーズは、第3巻までで「第一部完」となっており、今に至るまで(そしておそらくこれからも)続きが書かれていないのですが、そうであっても様々な点で興味深い作品であることは間違いありません。
 この幻の作品、残り2巻も近日中に紹介したいと思います。

「魔王信長」第1巻(風野真知雄 小学館スーパークエスト文庫) Amazon

|

« 「猫除け 古道具屋 皆塵堂」 帰ってきたコワくてイイ話 | トップページ | 「陣借り平助」第2巻 冒険児、勘助・家康と出会う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/54595445

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔王信長」第1巻 人気作家幻の時代ライトノベル:

« 「猫除け 古道具屋 皆塵堂」 帰ってきたコワくてイイ話 | トップページ | 「陣借り平助」第2巻 冒険児、勘助・家康と出会う »