« 「孔雀茶屋 ひやめし冬馬四季綴」 新旧冷飯の共演の意味 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第99回「破滅之門・後篇」 田虎篇、ついに大団円! »

2012.05.19

「UN-GO 因果論」(漫画版) 二つの改変、三つ目の因果論

 漫画版の「UN-GO 因果論」が発売されました。これまで映画・小説とこのブログでも取り上げてきた作品ですが、三つ目の「因果論」であるこの漫画版(以下、「本作」)は、それらとはまた違った形の「因果論」を見せてくれるものとなっています。

 本作で描かれる事件や物語――すなわち新興宗教別天王会の儀式の最中に起きた連続怪死事件、そしてその背後にある新十郎の過去、すなわち因果との出会いは、映画そして小説のそれとほとんど変わるものではありません。

 しかし本作において決定的に異なる点が二つあります。一つは、ここで描かれる別天王会事件の時系列が――新十郎最初の事件ではなく――TV版の中頃に起きたものである点。
 それだけでも十分に驚かされますが、それ以上に大きいのは、もう一つの点…新十郎と世良田蒔郎、そして倉田由子が、高校時代からの友人であることであります。

 映画及び小説では、アジアの某国で初めて出会った新十郎と由子、そして世良田と由子。しかし彼らが高校時代からの友人であることにより、キャラクターの関係性と物語展開が変わってくることは言うまでもありません。
 映画や小説では、由子がごく短い間の交流ながらも新十郎に強烈な印象を残し、彼にとってのファム・ファタールとなったのに対し、この漫画版では、その点がより納得がいくものとして感じられるようになった…という方もいるでしょう。

 しかしそれ以上に、世良田もまた、新十郎だけでなく由子と知り合いであった――そしてそれ以上を望んでいたということにより、彼女は、世良田にとってもファム・ファタールとなっているのであります。
 それが物語にどのような影響を及ぼすか…それはここでは明示しませんが、新十郎にとっての因果と由子の関係を考えれば、世良田にとってのそれは誰になるかは想像が付くのではないでしょうか。
(そしてそれが、新十郎の目を結果的に曇らせるという展開も面白い)

 いずれにせよ、この二点目の改変により、物語の構造が、映画と小説から、また大きく変化していることは間違いありません。
 それは、こう表すことができるかもしれません。映画では新十郎は由子を見ていた。小説では新十郎と世良田はお互いを見ていた。そして漫画では、新十郎と世良田は由子を見ていた――と。

 この辺り、映画と小説が、新十郎最初の事件であることで彼自身の事件であることが明確となっていたのに対し、「UN-GO」という物語の途中に位置する本作(その理由は會川昇によるあとがきを参照されたし)において、新十郎自身の事件という要素がやや薄れがちに見えるのを回避するためでは、と勝手に想像もするのですが…


 それはさておき、人物配置を一つ動かして再構築することにより、ここまで大きく物語の方向性が変わって見えるというのは実に面白い。
 この辺り、これまで様々な原作もののアニメにおいて、原作の要素を再構築することにより、新たな、独自の物語を提示してきた會川昇らしいひねり方だな、と感じてしまうのであります。


「UN-GO 因果論」(pako&高河ゆん&會川昇 カドカワコミックス・エース) Amazon
UN‐GO~因果論 (カドカワコミックス・エース)


関連記事
 「明治開化 安吾捕物帖」と「UN-GO」を繋ぐもの
 作り物の街にて「UN-GO」第1話特別先行試写会を見る
 「UN-GO」 第01話「舞踏会の殺人」
 「UN-GO」 第02話「無情のうた」
 「UN-GO」 第03話「覆面屋敷」
 「UN-GO」 第04話「素顔の家」
 「UN-GO」 第05話「幻の像」
 「UN-GO」 第06話「あまりにも簡単な暗号」
 「UN-GO」 第0話「因果論」
 「UN-GO」 第07話「ハクチユウム」
 「UN-GO」 第08話「楽園の王」
 「UN-GO」 第09話「海勝麟六の犯罪」
 「UN-GO」 第10話「海勝麟六の葬送」
 「UN-GO」 最終話「私はただ探している」
 「UN-GO 因果論」(その一) 「日本人街の殺人」
 「UN-GO 因果論」(その二) 「因果論」

|

« 「孔雀茶屋 ひやめし冬馬四季綴」 新旧冷飯の共演の意味 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第99回「破滅之門・後篇」 田虎篇、ついに大団円! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/54747356

この記事へのトラックバック一覧です: 「UN-GO 因果論」(漫画版) 二つの改変、三つ目の因果論:

« 「孔雀茶屋 ひやめし冬馬四季綴」 新旧冷飯の共演の意味 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第99回「破滅之門・後篇」 田虎篇、ついに大団円! »