« 「忍剣花百姫伝 3 時をかける魔鏡」 時と人を繋ぐ絆 | トップページ | 「新・水滸伝」第1巻 現代中国のオレ水滸伝 »

2012.09.14

「謙信の軍配者」 軍配者が見た景虎

 主家が滅び、越後に逃れた曾我冬之助。宇佐美定行と名を変えた彼は、長尾家の軍配者となり、長尾景虎に仕える。内政を一切顧みず、ただひたすら正義の戦を行おうとする景虎は、武田晴信を極悪人として激しい敵意を燃やす。それは、冬之助と山本勘助こと四郎左が戦場でまみえることを意味していた…

 富樫倫太郎を一気にブレイクさせた「軍配者」三部作のラストであります。
 軍配者を養成する足利学校で共に青春を過ごした若者たち――小太郎、四郎左、冬之助のうち、小太郎の物語は「早雲の軍配者」で、四郎左のそれは「信玄の軍配者」で描かれましたが、残る一人は冬之助。
 そしてこの時代に北条、武田とくれば、残るは上杉――というわけで、上杉謙信(長尾景虎)の軍配者となった冬之助の姿が、本作では描かれることとなります。

 元々は名家・曾我家の出でありながらも、前作の後半で主家が滅び、旧友の四郎左の計らいで辛くも逃れることができた冬之助。
 長尾家に仕えることとなった彼は、当時継嗣がいなかった宇佐美家を継ぎ、定行と名乗ることとなります。

 …と、ここでまずニヤリ。小太郎=風間小太郎、四郎左=山本勘助とくれば、冬之助も後世に名を残す――それでいて、明確な事績がほとんど残っていない――軍配者に違いないと思っていれば、宇佐美定行であったとは。
 定行は、甲州流軍学に対する越後流軍学の祖と言われる人物ですが、実際には上杉家の重臣・宇佐美定満をモデルにした架空の人物とも言われています。
 その定行を、四郎左とは腐れ縁の親友とも言える冬之助の後身に設定するとは、何とも心憎いではありませんか。

 …が、実は本作において、冬之助が軍配者として、いや主人公として活躍する場面はさほど多くありません。その代わりに大暴れするのが、彼の主君たる長尾景虎であります。
 言うまでもなく後の上杉謙信である景虎を、本作においてはその姿を非常にエキセントリックな――しかし史実を踏まえた姿で描き出します。

 その本作の景虎像は、一言でいえば子供がそのまま大きくなった大人(中二病も入っているかも)。裏切りや不義には怒髪天をつき、イイ話や人情に触れてはボロボロ泣き…キッパリした人物ではあるのですが、あまりにキッパリしすぎて、世俗の垢にまみれた人間には少々、いやだいぶ煙たい人物。

 それも普通の人間であればまだしも、長尾家の主であり、そして何よりも戦の天才というのだから始末に悪い。
 領土欲は一切無く(すなわち経済感覚皆無で)、戦うのはただ義のため、我こそは神仏に代わり地上に正義を行う者! と心から信じる――当時としては桁外れの戦国武将が、本作の景虎なのであります。

 本作はある意味、晴信を勝手に不倶戴天の敵と決めつけた景虎が引っ張っていく物語であり、その一方で四郎左の側のドラマが結構な重みで描かれることもあって、冬之助が割を食っているように感じられるのも、正直なところではあります。

 しかし、冬之助は、本作で唯一最大の景虎の理解者でもあります。これまでの経験によって、俗世の欲に囚われることのなくなった冬之助。彼が望むのは、ただ己の力を活かすことのできる合戦のみであり、そしてその点において、彼は景虎と共通点を持つのです。
 つまり、本作において――その言動にしばしば驚き呆れつつも――景虎の行動を正しく理解できるのは彼のみであり、そしてそんな彼、謙信の軍配者を通してこそ、本作で起きる事件、戦いの数々、そして何よりも景虎という人物を正しく描くことが出来るのであります。

 そしてまた、本作はもちろん、かつて足利学校で青春を過ごした軍配者たちの物語でもあります。本作におけるクライマックス、川中島の戦は、景虎と晴信の一連の戦いの総決算であると同時に、冬之助と四郎左の青春に終止符を打つものでもあるのです。
 それが戦である以上、そこには死がつきまといます。それでもなお、本作の結末に、冬之助と四郎左の戦いの決着に不思議な爽快感が残るのは、本作がこれまでに、合戦のみならず、人の想いと想いが織りなすドラマを描いてきたからにほかなりますまい。

 三人の軍配者の一人の小太郎の出番が少なかったことは残念ではありますが、三人の軍配者の物語の完結編として、まずは満足できる作品でありました。


「謙信の軍配者」(富樫倫太郎 中央公論新社) Amazon
謙信の軍配者


関連記事
 「早雲の軍配者」 関東三国志前夜の青春群像
 「信玄の軍配者」 勘助、人として起つ!

|

« 「忍剣花百姫伝 3 時をかける魔鏡」 時と人を繋ぐ絆 | トップページ | 「新・水滸伝」第1巻 現代中国のオレ水滸伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/55617597

この記事へのトラックバック一覧です: 「謙信の軍配者」 軍配者が見た景虎:

« 「忍剣花百姫伝 3 時をかける魔鏡」 時と人を繋ぐ絆 | トップページ | 「新・水滸伝」第1巻 現代中国のオレ水滸伝 »