« 「箱根たんでむ 駕篭かきゼンワビ疾駆帖」 意外な駕篭かき時代小説!? | トップページ | 「笑傲江湖」 第31集「野望の代償」 »

2012.10.05

「新選組刃義抄 アサギ」第8巻 新選組という場所の意味

 長きに渡って描かれてきた「新選組刃義抄 アサギ」もこれで第8巻。物語をさんざんかき回してきた外道・佐伯又三郎の最期が意外な展開を呼び、物語はここに一つの終わりを迎えることとなります。

 なかなか旗幟を鮮明にしない近藤に業を煮やしたか、実質的に芹沢側に付くと宣言した土方。
 もっとも、彼には彼なりの考えがあることは言うまでもありません。斎藤をただ一人の配下として、芹沢排除に動き始めます。

 そしてその第一歩となるのが、佐伯への制裁だったのですが――それが、思わぬ形で新見の排除、そして芹沢との対決に繋がっていくのが、実に面白い。
 新選組の局中法度の一つに違反し、私の金策を行った廉で切腹させられたという新見の最期自体は有名ですが、しかし個人的には、その過程には色々と釈然としないものを感じておりました(文字通り詰め腹を切らされたのですから当然かもしれませんが…)。

 しかし本作においては、そこに物語の比較的序盤に描かれた佐伯の凶行を繋げることにより、新見の切腹に説得力と、物語としての一種のカタルシス(もっともそうそう単純なものでもないのが本作らしい)を生み出しているのが、いかにも本作らしいひねりの入れ方でお見事。
 そしてそこから、芹沢との最後の対決が描かれるのですが――


 しかしまことに残念ながら、芹沢を討ち、「新選組」が誕生したところで、この物語は完結となります。
 なるほど、強大な内部の敵であった芹沢を倒し、近藤による新体制が生まれたこの時点は、一つのお話としても、史実上の区切りとしてもまとまりが良いでしょう。事実、同様の時点で完結する新選組ものはほかにも存在します。

 しかしながら、本作においては、もっともっと先を描いて欲しかった――そう強く感じます。
 それはもちろん、本作が単純に面白かった、というのも一つの大きな理由であります。しかしそれ以上に、本作で描かれるべきものが、まだ描き切られていない…そう感じるのです。

 特に終盤の展開で明確ですが、本作において、登場人物の多くは、己の居場所はどこなのか、己の価値はどこにあるのか――すなわち、己が何者であるのか、その答えを求めて、さまよい続けます。
 もちろんそれは我々にとっても共通の、いや大げさに言えば人類に共通の問題ではあります。しかし本作においては、時代性と言うべきでしょうか、その想いが他者との対峙、より極端に言えば、他者を傷つけることによって確かめられる姿が描かれます。

 それが明確なのは、ラストの総司と芹沢の死闘でしょう。
 己が役に立つことを――役に立たない者ではないことを――証明しようとするあまり、狂気に陥っていく総司(そんな彼が、同様の存在であった以蔵の技を使うのも象徴的)。
 そしてかつて己が無力であることを痛烈に突きつけられ、そこから己の中の狂気をもう一つの人格として生み出すに至った芹沢…

 二人の対決は、己がこの世に生まれた価値、それを証明するためにもがき、そのために他者を、それもネガティブな形で必要とする者の(本人たちも気づかない)悲しみを痛切に浮かび上がらせます。
 そしてそれは、程度の差こそあれ、本作の登場人物の多くに共通するものであり――そしてその現れが、本作において彼らが見せる様々な歪みなのでしょう。

 しかし本当に、人は己の価値を証明するときに他者と争わなければならないのか、己の中に歪みを生み出してしまうのか?
 …あるいはそれとは別の道があるのではないか、その答えが――そんなものはない、という答えも含めて――あるいは新選組という場所の中で描かれるのではないか。いや、描かれるべきではないか。

 私は本作に、そんな期待を抱いておりました。もちろんそれは私の勝手な思いこみ、思い入れではありますが――そんなことを感じさせてくれるものが、本作にはありました。
 物語の最後に生まれた新選組という場所、その意味と可能性を描いて欲しかったと感じますし、どんな形でもいい、それを目にする時が来ることを、待ちたいのであります。

「新選組刃義抄 アサギ」第8巻(蜷川ヤエコ&山村達也 スクウェア・エニックスヤングガンガンコミックス) Amazon
新選組刃義抄 アサギ(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)


関連記事
 「新選組刃義抄 アサギ」第1巻 手堅い中に輝きは既に
 「新選組刃義抄 アサギ」第2巻 一筋縄ではいかないキャラ描写!?
 「新選組刃義抄 アサギ」第3巻 両巨頭を襲う刃!
 「新選組刃義抄 アサギ」第4巻・第5巻
 「新選組刃義抄 アサギ」第6巻 更なる陰謀の刃!
 「新選組刃義抄 アサギ」第7巻 新選組の中の陰と陽

|

« 「箱根たんでむ 駕篭かきゼンワビ疾駆帖」 意外な駕篭かき時代小説!? | トップページ | 「笑傲江湖」 第31集「野望の代償」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/55782972

この記事へのトラックバック一覧です: 「新選組刃義抄 アサギ」第8巻 新選組という場所の意味:

« 「箱根たんでむ 駕篭かきゼンワビ疾駆帖」 意外な駕篭かき時代小説!? | トップページ | 「笑傲江湖」 第31集「野望の代償」 »