« 「天下 奥右筆秘帳」 骨肉の決戦、待ったなし! | トップページ | 「浣花洗剣録」第9集/第10集 盟主の最期と新たな波瀾 »

2012.12.25

1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 月日が巡るのは本当に早いもので、もう新しい年は目前。具体的に何があるというわけではなくとも楽しいのが新年ですが、さて時代伝奇アイテムの方は…というわけで、2013年1月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 と、新年への期待を煽っておいてなんですが、1月の発売アイテムは寂しいの一言。

 まず文庫小説の方では、シリーズものの新刊が色々と。
 いよいよ後半戦突入の越水利江子「忍剣花百姫伝 5 紅の宿命」、新シリーズも順調に展開中の上田秀人「御広敷用人大奥記録 3 小袖の陰(仮)」、第1弾からだいぶ間が空いた気もしますがシリーズ化でまずはめでたい、かたやま和華「不思議絵師 蓮十 2 江戸異聞譚(仮)」、こちらも同じくシリーズ化、「おばちゃんくノ一小笑組」の続編の多田容子「女忍隊の罠」。

 このあたりが気になるところ…というか、これでほとんど全部であります。

 内容は不明なものの、タイトルで気になるものとしてはエドワード・スミス「紳堂助教授の帝都怪異考察(仮)」、田辺わさび「本当はエライ始皇帝(仮)」もありますが…さて。


 一方漫画の方は珍しくと言うべきか、小説以上に寂しい状況。

 1月からのドラマ化で盛り上がるであろう
梶川卓郎&西村ミツルの「信長のシェフ」第6巻、前の巻からだいぶ間が空いて色々不安でしたがめでたく発売のながてゆか「蝶獣戯譚Ⅱ」第3巻がやはり楽しみなところで、その他、河合孝典「石影妖漫画譚」と福田宏「常住戦陣!! ムシブギョー」も順調に巻を重ねています。

 …漫画、これでおわり。


 映像の方では、山田風太郎の「くノ一忍法帖」「外道忍法帖」のそれぞれ映画化である「くノ一忍法」「くノ一化粧」がDVD化されるのですが…なぜか一緒に山風原作ではない「くの一忍法 観音開き」も一緒なのがうーむ。


 1月は古典を振り返る月間とするのが良いかもしれません…



|

« 「天下 奥右筆秘帳」 骨肉の決戦、待ったなし! | トップページ | 「浣花洗剣録」第9集/第10集 盟主の最期と新たな波瀾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/56381027

この記事へのトラックバック一覧です: 1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「天下 奥右筆秘帳」 骨肉の決戦、待ったなし! | トップページ | 「浣花洗剣録」第9集/第10集 盟主の最期と新たな波瀾 »