« 「天海の暗号 絶体絶命作戦」下巻 史上最大の籠城戦に生を掴め! | トップページ | 「白魔伝 御庭番宰領」 吹雪の中で変転する運命 »

2012.12.05

「浣花洗剣録」第3集/第4集 決闘、蓬莱剣士対紫衣侯

 わずかに2回で超展開の「浣花洗剣録」、武林全体を敵に回した呼延大臧、彼を仇とする方宝玉、二人の青年に無数のキャラが絡み、今回も大変な展開が繰り広げられます。

 自らの強さの証明のため、中原の達人との果たし合いを繰り返す大臧。天下一の達人と言われる「紫衣侯」が7月7日に渤海に現れると聞かされた彼は一人渤海を目指します。
 途中、宝剣・泰阿(実は偽物)を持つ青年・木郎神君と立ち合った彼は、相手の鎧に刃を阻まれて痛み分けとなったものの意気投合。養父の遺言で腕を磨く大臧と、毒に倒れた父のために解毒剤を探すという木郎神君、二人の間に古龍名物・男の友情が芽生えます。
 が、木郎と分かれた直後、かつて決闘で全滅させた一門の生き残りの子供に胸を刺され、大臧は倒れてしまうのですが…

 一方、祖父の仇討ちのために紫衣侯への弟子入りを決意した方宝玉は、珠児たちとともに渤海に向かう途中、「老不死」王大娘なる怪老女が木郎を襲うのを目撃。そこで止せばいいのに木郎が残したお宝を漁っていた宝玉は王大娘に囚われてしまいます。
 実はこの王大娘は珠児の祖母、つまり王巓の母ですが、魔教・白水宮の一員(ちなみに木郎神君の所属する青木堡も魔教らしい)。この世界にも魔教があるのですなあ…

 さて、祖母を恐れて逃げ出した珠児は大臧を発見、手当てすることに。そこに彼女に想いを寄せる馬鹿息子が登場、命知らずにも珠児や大臧を侮辱するのですが…これを抜く手も見せずこれを叩き斬る大臧。おかげで珠児は自分は無実であることを証言させるため、彼と旅をする羽目になります。
 しかし、殺人鬼かと思いきや、大臧は剣客以外には――誤解から理不尽に暴力を振るわれようと――決して刃を向けぬ男と珠児は知ってしまい、大臧も彼女に心を開き始めて、何となくイイ感じになるのですが…

 さて、王大娘に捕らわれた宝玉は、恐ろしいほどに世間知らずながら、大娘と互角の腕を持つ謎の美少女・奔月に助けられ、成り行きで二人旅とをすることになります。と、そこで激しい戦うを目撃する二人。そこでは大宛国から紫衣侯に献上される汗血宝馬を狙った木郎が、大宛国の美女・脱塵郡主と戦っていたのですが…その隙に馬をこっそり乗り逃げする二人は本当にひどいと思います。
(ちなみに大娘が狙っていたのもこの馬)

 馬に乗ってキャッキャウフフする二人ですが、そこで宝玉が大臧と珠児を発見。とりあえず珠児を攫って逃げるのですが、奔月はそれに嫉妬爆発。走り去った彼女を追った宝玉ですが、二人の前に現れたのは脱塵郡主――奔月と脱塵の激突が始まったところに割って入ったのは紫衣侯からの使者二人。実は奔月こそは紫衣侯の娘だったのであります。

 と、これでようやく渤海に集結する登場人物たち。王巓、木郎、脱塵は紫衣侯の船に招かれますが、そこに現れたのは――第2話で痴話喧嘩中に過失から兄(宝玉の父)を殺してしまった候風その人。常に船で旅して武林との関わりを断っているという紫衣侯ですが、その過去も影響しているのでしょう。
 その割に異常に江湖の人間からリスペクトされている候風。しかし彼を軍師に招きたいという脱塵、毒消しが欲しいという木郎、江湖のために戦って欲しいという王巓、いずれの願いも彼は断ってしまいます。

 そんなところに一人現れたのは大臧(長刀を肩に背負った姿が格好良い)。その挑戦は受けた候風と大臧の決闘が船上で繰り広げられることとなりますが、この決闘場面が今回の白眉でありましょう。
 ガンガンと船を壊しながら戦う(木郎がその破片から脱塵を庇ってフラグを立てたり)のはいかにも武侠ものですが、その中でも中原と蓬莱の武術の違いが(あくまでもそれなりに、ですが)見えてくるのが嬉しい。
 軽功を多用し、素早い攻撃の連続で攻める候風に対し、一発一発の攻撃に重みを持たせる大臧と、二人のかき分けがなされているのは、中国の武侠ものも日本の時代ものも大好きな人間にはたまりません。
 と、死闘の果てに奥義・燕返しを繰り出す大臧ですが、切受け止められて逆に一撃を食らい、刀を残して海に転落するのでした。

 その後に開かれた宴会では、毒消しを諦めきれない木郎が奔月を誘拐しようとしたり脱塵がそれに助太刀したりと色々ありましたが、候風が度胸に免じて見逃したことで何とかその場は収まり、宝玉と候風が対面したところで次回に続きます。


 というわけで、展開を追うだけで一杯一杯の今回。メインは大臧と候風の決闘なのですが、そこに至るまでが色々入り組んでもう大変。主役級の男が3人、ヒロイン格が3人登場したのも注目でしょう。
 そしてそんな中、王巓の背後で陰謀を巡らす謎の人物。カメラアングルで口元から上は映されないその正体は――?(髪とか眉毛とかなさそうな感じですが)

関連記事
 「浣花洗剣録」第1集 未知なる古龍世界の幕開け
 「浣花洗剣録」第2集 入り乱れる因縁と血

関連サイト
 公式サイト

|

« 「天海の暗号 絶体絶命作戦」下巻 史上最大の籠城戦に生を掴め! | トップページ | 「白魔伝 御庭番宰領」 吹雪の中で変転する運命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/56237769

この記事へのトラックバック一覧です: 「浣花洗剣録」第3集/第4集 決闘、蓬莱剣士対紫衣侯:

« 「天海の暗号 絶体絶命作戦」下巻 史上最大の籠城戦に生を掴め! | トップページ | 「白魔伝 御庭番宰領」 吹雪の中で変転する運命 »