« 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その一) 三度登場、古田五右衛門の安定感 | トップページ | 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2013.01.27

「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その二) 悩める名探偵の行方は

 昨日の続き、「五右衛門ロックⅢ ジパング・パンク」であります。
 破天荒な物語とキャラをきっりり抑える五右衛門の存在をもってしても抑えきれないもやもやが、本作にはあるように感じられるのです。(ここから先はネタバレになってしまうため、未見の方はご注意下さい。)

 実は本作が怪盗vs名探偵の宝探し対決であるのは(少なくとも形の上では)第二幕の初めまで。
 第二幕開始早々に秘宝の謎は解かれ、物語はその趣をがらりと変えて、宝探しから権力との対峙――そしてその挫折――の物語へと、姿を変えていきます。

 ここで主役となるのは、あの明智心九郎。名探偵といえば明智、というだけでなく、この時代設定でこの姓とくれば、ある程度予想できる彼の素性がやはりこの第二幕において動きだし、巨大なうねりを生み出していくのであります。

 しかし彼はその中で、自分自身が選んだ道ゆえに、大きな苦しみを味わうこととなります。
 自らの仇、そして庶民を苦しめる存在を倒すため、それまでの敵と結び、自らが一つの強大な力と化しながらも、そこに飲まれ、自らの理想との違いに苦しむ…第二幕の中心となるのは、そんな彼のドラマであります。


 それ自体は全く構わない、いや、いかにも中島かずきらしい展開で大いに興味深いのですが、個人的にはその彼のキャラクターの変遷が、「名探偵」というそもそもの設定と、今ひとつ噛み合わせが悪かった印象があります。
 謎を暴き、真実を解き明かす探偵――彼がそんな存在となった理由は、作中でもきちんと語られます。いや、まさにその点こそが、彼に一つの救いを与えるのですが…そこで語られるものが、彼のそれまでの経験に根ざすものとしてはいささか弱いと…そう感じられたのであります。

 探偵と革命者と…全く異なる二つの姿を繋ぎ、止揚するものを、もっと明確に描いて欲しかった――特に、そのドラマの部分に五右衛門が、そして空海の(真の)秘宝という本来であれば本作の中心であるべき存在が絡んでこなかったというのは、やはり残念なのです。


 …と、くだくだしく述べてしまいましたが、そんな気持ちをも吹き飛ばしてくれるのが、やはり古田五右衛門の大暴れであることは、やはり間違いのないところではあります。
 クライマックスで満を持して登場し、悩める青年たちを救い、混迷した状況を一気に解決してみせる五右衛門の活躍は、痛快の一言。そしてそこに至るまで、 第一幕・第二幕合わせて三時間半以上の長丁場で、気を逸らされることなく楽しめたというのは、やはり大変なことではありますまいか?

 これまで以上に、現実世界とのリンクが想定されていたように感じられる本作。それがいささか生々しく感じられた部分はありますが、それだけに、五右衛門にはこれからもままならぬ現実をぶっ飛ばし、笑い飛ばして欲しい、という気持ちがあります。
 どうやら「五右衛門ロック」は三部作のようですが、まだまだこの先も何年かに一度、古田五右衛門に登場してもらいたい――今はそう感じているところであります。


 ちなみに(これはこのブログでこそ書くべきことだと思いますが)「しんくろう」という名といい、冒頭で彼が解き明かすトリックの内容といい、悩める探偵であることといい、彼の姿からは、あの敗戦探偵の影が感じられるのですが…これはまあ、贔屓の引き倒しでありましょう。


関連記事
 「五右衛門ロック」 豪快で大バカで痛快で
 「薔薇とサムライ GoemonRock OverDrive」(その一) 痛快無比、古田五右衛門再登場!
 「薔薇とサムライ GoemonRock OverDrive」(その二) 新たなる五右衛門物の誕生
 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その一) 三度登場、古田五右衛門の安定感

関連サイト
 公式サイト

|

« 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その一) 三度登場、古田五右衛門の安定感 | トップページ | 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/56639400

この記事へのトラックバック一覧です: 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その二) 悩める名探偵の行方は:

« 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」(その一) 三度登場、古田五右衛門の安定感 | トップページ | 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »