« 「魔界転生 夢の跡」 人間の想い、不死者の哀しみ | トップページ | 「鬼舞 見習い陰陽師と呪われた姫宮」 ついに出現、真の敵!? »

2013.03.10

「戦国SAGA 風魔風神伝」第2巻 風雲急の風神伝序章

 最近ビフォアストーリー「魔王の風」も発表された宮本昌孝の「風魔」を、かわのいちろうが漫画化した「戦国SAGA 風魔風神伝」の第2巻であります。この巻では、いよいよ秀吉の小田原攻めが始まるのですが、それに対する小太郎の活躍は…

 秀吉の天下統一のいわば締めくくりとして行われた小田原攻め。日本の大名をほぼ総動員して行われたこの一大攻勢に対し、北条家の方は…いわゆる悪い意味での「小田原評定」のまっただ中。
 野戦か籠城戦か――重臣たちが二つに分かれた評定の結果、娘婿である家康と、密約を交わした伊達政宗の助勢頼りに小田原城に籠城することとなった北条勢ですが、その結果がどうなったかは、歴史が示す通り。

 この厳然たる結果に対し、風間小太郎がどう挑んだか? それがこの第2巻で描かれることとなるのですが、いかに超人的能力を持つ小太郎であっても、この状況を覆すのは容易ではありません。

 ある時は単身で本陣の秀吉暗殺を狙い、ある時は偵察の結果を踏まえて野戦を献策せんとし――忍びとしての能力をフル活用して自分の戦いに挑む小太郎ですが、しかし言うまでもなく、忍びは、闇で働く者は、小太郎率いる風魔だけではありません。
 かつて武田家に仕えた海賊・神崎陣内、徳川家の伊賀忍びを束ねる服部半蔵正成、そして風魔の裏切り者・湛光風車――数々の強敵が、時に正面から、時に背後から、小太郎と風魔を襲うこととなります。


 実は、原作でいえばこの小田原城攻防戦はまだまだ物語全体では始めの部分。この先続く、小太郎の長い自由を求める戦いの序章に当たります。
 そのせいもあってか(一番の理由は別にありますが)、今回は小太郎のアクションが控えめなのが少々残念ではありますが、しかし終盤で溜めに溜めた状態から繰り出される風神、いや鬼神のような小太郎の暴れっぷりは、やはり痛快の一言。力と速さを兼ね備えた小太郎のアクション描写は、これはこの作者ならではの画だとしか言いようがありません。

 この序章で登場した強敵たちを向こうに回し、そして登場した味方たちとともに、この先小太郎がどのような冒険を繰り広げてくれるのか――これからが本番であります。

「戦国SAGA 風魔風神伝」第2巻(かわのいちろう&宮本昌孝他 小学館クリエイティブヒーローズコミックス) Amazon
戦国SAGA風魔風神伝 2 (ヒーローズコミックス)


関連記事
 「戦国SAGA 風魔風神伝」第1巻 風神の静と動を見よ

|

« 「魔界転生 夢の跡」 人間の想い、不死者の哀しみ | トップページ | 「鬼舞 見習い陰陽師と呪われた姫宮」 ついに出現、真の敵!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/56925230

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国SAGA 風魔風神伝」第2巻 風雲急の風神伝序章:

« 「魔界転生 夢の跡」 人間の想い、不死者の哀しみ | トップページ | 「鬼舞 見習い陰陽師と呪われた姫宮」 ついに出現、真の敵!? »