« 「大坂将星伝」上巻 親たちの戦場で | トップページ | 「妻は、くノ一」 第4回「忍びの宿命」 »

2013.04.28

5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 今年もはや四分の一が過ぎてしまいましたが、さらに時は流れてもうゴールデンウィーク突入。楽しみなゴールデンウィーク…ではありますが、一週間近くお休みになってしまうためか、気になる新作は少なめ。お休みの間は古典に親しむとしましょうか…と寂しいことを言いつつ、5月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 さて、文庫新刊では、相変わらず根強い人気の妖怪ものの新作が登場。角川に移籍して三ヶ月連続刊行のラスト、ついに新作で登場の佐々木裕一「もののけ侍伝々 3 たたり岩」、デビューからまだ数作とは信じられぬ完成度の作品を発表する仲町六絵「からくさ図書館来客簿 冥官・小野篁と優しい道なしたち」と、気になる作品が並びます。

 気になるといえば、続きが気になっていたサイコホラー時代劇、中谷航太郎「晴れときどき、乱心」の続編「黒い将軍」も登場。続いてよかった…

 そして文庫化の方では、何と言ってもシリーズ最終巻、越水利江子「忍剣花百姫伝 7 愛する者たち」に注目。文庫版には書き下ろしもあるとのことで、なおさら期待は高まります。
 また、先日は講談社文庫で「真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱」が復刊された海道龍一朗は、今度は「禁中御庭者綺譚 乱世疾走」が復刊。これを期に、続編書かれませんかね…


 漫画の方では、いずれもシリーズものの続巻が並びます。
 いよいよ連載の方では主役登場か、のせがわまさき&山田風太郎「十 忍法魔界転生」第2巻、ユニークな明治妖怪ものの鷹野久「向ヒ兎堂日記」第2巻、そして次の展開が気になって仕方がない明治伝奇活劇、唐々煙「曇天に笑う」第5巻と、時代も方向性もバラバラではありますが、楽しみな作品ばかりです。

 そして3月からコンビニコミックで復活した森田信吾「明楽と孫蔵」は、5月も2冊が刊行。このペースであれば6月には完結かな? そして次には是非「御庭番 明楽伊織」を…(しつこい)


 映像ソフトの方は、24日に同日発売される「必殺仕事人2013」「猿飛三世」「幕末奇譚 SHINSEN5 剣豪降臨」辺りが気になるところでしょうか…特に「SHINSEN5」は怖いもの見たさもあって…
 そして最近はちょっと紹介が遅れていますが、DVD-BOXが発売される「浣花洗剣録」も、武侠ものではおすすめです。謎の佐々木小次郎も登場しますし。



|

« 「大坂将星伝」上巻 親たちの戦場で | トップページ | 「妻は、くノ一」 第4回「忍びの宿命」 »

コメント

少し伝奇とは離れますが5/24に「腕白関白 」(フリーダムノベル) が発売されます。アルカディアなどで人気のネット小説の書籍化で、内容は所謂「転生物」、豊臣秀次に転生した現代人の主人公が切腹フラグを回避すべく、現代知識を使って悪戦苦闘する話です。ファンタジー関係のネット小説は数多く出版されていますが、時代物(正確には少し違いますが)は珍しいのでご一報します。

投稿: ジャラル | 2013.04.30 12:25

ジャラル様:
どうもありがとうございます。
現代人が過去に転生というのはちょっと珍しいですね…ネット小説の類もチェックせねばと思いつつ、なかなかチェクできていないのがお恥ずかしいところです。

投稿: 三田主水 | 2013.05.05 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57265895

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「大坂将星伝」上巻 親たちの戦場で | トップページ | 「妻は、くノ一」 第4回「忍びの宿命」 »