« 「信長の二十四時間」 真に信長を殺したもの | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2013.04.27

「大坂将星伝」上巻 親たちの戦場で

 先日紹介した「戦国年鑑2013」にも見られるように、相変わらず戦国時代を舞台とした作品の人気は根強いものがあります。本作はその戦国もののその最新の成果一つ――戦国末期に豊臣秀吉に仕えて活躍し、大坂夏の陣でも大活躍した毛利勝永の生涯を描く痛快な物語であります。

 といっても、本作の主人公たる毛利勝永は、残念ながらともに大坂の陣を戦った豊臣方の武将たちに比べると、知名度は高くないというのが正直なところでしょう。
 もっともそれは今に始まったことではなく、江戸時代後期の随筆集「翁草」において「惜しいかな後世、真田を云いて毛利を云わず」と評されたほどなのですが…

 しかし、まさにこの言葉を本作の冒頭に掲げた本作は、この未知の英雄の姿を見事に甦らせます。
 大坂夏の陣のクライマックス――大坂城に迫る徳川軍に対して最後の戦いを挑まんとする颯爽とした姿を描くプロローグに続いてこの上巻で描かれるのは、勝永の子供時代、彼がまだ森太郎兵衛と名乗っていた頃の姿。秀吉の側近たる黄母衣衆の一人であった父・森吉成(後の毛利勝信)が秀吉の命を受けて奔走する後をついて回る子供に過ぎなかった彼は、父の、森一族の、長宗我部元親の、丸目長恵(蔵人)の――戦場の先輩とも言える男たちの背中を見ながら、少しずつ成長していくのであります。

 舞台となるのは、信長の、秀吉の手により、乱世は少しずつ終息に向かっていたとはいえ、まだまだ戦国の世は続いていた時代。本作のオープニングであり、ラストとなるであろう大坂の陣がその締めくくりであることは言うまでもありませんが、この上巻では、信長の死の直後から秀吉の九州征伐を中心に、その戦国乱世の中に生まれ、育ち、生き抜いてきた世代、いわば勝永たちにとっては親の世代の戦いが描かれることとなります。

 親の世代の戦いを目撃した子供たちが、これからどのように成長し、自分たちの戦場、自分たちの戦いの意味を見つけていくのか――中巻では、おそらくそれが語られることとなるのでしょう。

 そしてまたそれは、単に戦国時代にのみ当てはまる成長絵巻ではありますまい。

 本作が刊行されたレーベルは「星海社FICTIONS」――簡単にいえば、ソフトカバーのライトノベルレーベルであり、ここで想定される読者層も、おそらくは「子供たち」なのですから…

 戦国時代から現代に通じる風穴を開ける、痛快な勝永の活躍に期待したいと思います。

「大坂将星伝」上巻(仁木英之 星海社FICTIONS) Amazon
大坂将星伝(上) (星海社FICTIONS)

|

« 「信長の二十四時間」 真に信長を殺したもの | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57221112

この記事へのトラックバック一覧です: 「大坂将星伝」上巻 親たちの戦場で:

« 「信長の二十四時間」 真に信長を殺したもの | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »