« 「浣花洗剣録」第26集 明かされた秘密と新たなる謎! | トップページ | 「水滸伝」 第09話「大いに野猪林を騒がす」 »

2013.06.13

「燦 4 炎の刃」 現れた二つの力

 読本作家としてのデビューを目前としながらも、父の死によりいよいよ藩主の道を歩み始めた圭寿。なりゆきからそんな圭寿と、彼を守る伊月を見守る燦は、同族である版元から、闇神波なる一族の存在を聞かされる。一方、亡き兄の側室であった静門院と対面した圭寿だが、静門院は伊月に思わぬ言葉を…

 運命の荒波にもまれながらも懸命に生きんとする三人の少年の姿を描くあさのあつこの青春伝奇時代小説「燦」、久々の新刊であります。

 田鶴藩の(前)藩主の次男という身分ながら、読本作家になることを夢見る圭寿と、そんな彼の幼なじみにして守り役を務めてきた伊月。そしてかつて田鶴藩に一族を滅ぼされ、復讐のために藩主らの命を狙った燦。
 圭寿と伊月を追うように江戸に出た燦は、そこで圭寿と対面し、不思議な魅力を持つ彼と、友情ともなんともつかぬ不思議な関係で結ばれることとなります。

 本シリーズにおいては、そんな三人が巻き込まれた運命を描きますが、これがなかなかにややこしいのであります。
 燦にとっては仇の一族である圭寿を守る伊月は、なんと神波の血を引く、彼の双子の兄であり、しかも圭寿が原稿を持ち込んだ江戸の読本問屋の正体は、田鶴を離れた神波の生き残り。しかしその一方で、少しずつ、しかし確実に圭寿と伊月に姿無き魔手が迫り――

 というわけで、少年たちの青春の悩みと、お家騒動が平行して描かれるユニークな本作ですが、この第4巻において、ついに敵の正体(の一端)と思われるものが描かれることとなります。その名は闇神波!
 と、何やらメジャーなネーミング(?)ですがそれはさておき、彼らが神波の一族同様の異能を持つとすればそれは由々しき事態であり、そしてこれまで謎の敵が密かに、しかし確実に圭寿の周囲を脅かしていたというのもわかるというもの。そしてその魔手は、遠く田鶴においても…

 と、そんな直接的な「力」とともに少年たちに迫るのは、もう一つのより間接的な、しかしより恐ろしい「力」…女であります。
 急死した圭寿の兄に寵愛された側室・静門院。圭寿に目通りした彼女は、その直後、伊月を呼び出すのですが…彼女が妖艶な美女、そして毒婦と書けば、伊月を襲う危機の正体もおわかりでしょう。
(そして再び伊月にかけられるあの疑惑)


 というわけで、ようやく描かれた「敵」の存在。果たして二つの「力」に繋がりがあるのか、それはまだわかりませんが、しかしいずれにしても三人にとっては容易ならざる敵であることは間違いありますまい。

 …が、読者にとって一番の難敵は、正直に申し上げれば一作あたりの分量の少なさでしょう。
 文春文庫の大きめの活字で200ページというのは、他の文庫書きおろし時代小説の7割~半分くらいの体感で、前作までの内容を思い出し、本作の新たな事件に馴染んできたところで続く、という印象なのであります。

 この辺りは作者の計算の上なのかもしれませんが、やはり「食い足りない」というのが第一印象。
 特に今回は、色々と心配な事件が起きたところで引きなのでなおさら…というのは、やはり作者の掌の上で転がされているのでしょうね。

「燦 4 炎の刃」(あさのあつこ 文春文庫) Amazon
燦 4 炎の刃 (文春文庫)


関連記事
 「燦 1 風の刃」
 「燦 2 光の刃」 三人の少年の前の暗雲
 「燦 3 土の刃」 三人の少年、ついに出会う

|

« 「浣花洗剣録」第26集 明かされた秘密と新たなる謎! | トップページ | 「水滸伝」 第09話「大いに野猪林を騒がす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57559799

この記事へのトラックバック一覧です: 「燦 4 炎の刃」 現れた二つの力:

« 「浣花洗剣録」第26集 明かされた秘密と新たなる謎! | トップページ | 「水滸伝」 第09話「大いに野猪林を騒がす」 »