« 「戦国ケンタウロス」第1巻 まさに人馬一体!? 武田家意外伝 | トップページ | 「浣花洗剣録」第27集 伝説の古城と砂漠の修羅場と »

2013.06.23

「桜ほうさら」 温かみと苦味の青春記

 上総の小藩を離れ、深川の長屋で写本で生計を立てる青年・古橋笙之介。彼には、小納戸役だった父を罠にはめ、切腹に追いやった犯人を突き止めるという隠れた使命があった。周囲の人々に助けられながら様々な事件に巻き込まれるなか、少しずつ成長していく笙之介。彼がついにたどり着いた真実とは…

 個人的に宮部みゆきの時代小説というと、どうしてもホラーものの印象が強いのですが、もちろんそれに留まらないのは言うまでもありません。本作もその一つ、江戸深川を舞台に、藩のお家騒動に巻き込まれた青年武士の成長を描く人情ミステリとでも呼ぶべき作品であります。

 主人公は、上総の小藩の小納戸役の次男坊古橋笙之介。彼の父は見に覚えのない賄賂の嫌疑をかけられた末、追いつめられたか切腹。父を嫌っていた母と兄と違い、父の潔白を信じ、その汚名を濯ぐため江戸で暮らしながら、ある人物を捜すことになります。
 他人の筆跡を完璧に真似できるという模写の達人。書いた覚えがないにもかかわらず、自分が書いたとしか思えない書き付けを書くことができる人物――父が、藩のお家騒動に巻き込まれて命を落とすことになったと知った笙之介は、その筆がお家騒動の中でさらに悪用されるのを防ぐため、藩の江戸留守居役に、いわば密命を受けたのであります。

 かくて、同じ文字を書く仕事として、写本の仕事を受けながら江戸で雲を掴むような探索の日々を送る笙之介。そんな中で、自分自身の使命とは関係ない市井の事件に巻き込まれた笙之介は、長屋や写本屋の人々、そして故あって引きこもっていた仕立て屋の娘・和香ともに、解決に奔走することになるのです。


 お家騒動に巻き込まれて汚名を着せられた父、未熟ながら懸命に頑張る主人公、江戸の長屋の人情溢れる人々、切なくも微笑ましい恋模様…とくれば、これは時代ものの定番中の定番パターンの一つに見えるかもしれません。それは否定しませんが、しかし本作を本作をたらしめる要素は、はっきりと存在しています。

 その一つは、メインとなる事件はもちろんのこと、本作で笙之介が巻き込まれる数々の事件で、いずれも「書く」という行為が重要な要素となっていることであります。
 笙之介の父を死に追いやり、今またお家騒動の中で利用されようとしている完璧な偽文書。某藩の前藩主が隠居した後にひたすら書いている暗号めいた文書。さる大店の一人娘の誘拐事件の脅迫状――人が書いたもの、人に書かれたもの、それを中心に、物語は紡がれていくのです。

 そして何よりも面白く、そしていかにも作者らしいのは、笙之介が追う偽文書作りの正体、いや人物像でしょう。文字には、それを書く人間の心が映し出されるといいます。そうであるならば、完璧に人の文字を真似できる人間は、どのような心をしているというのか――
 この問いかけと、それを踏まえた「犯人」の人物造形は、いかにも作者らしい…と感心させられた次第です。

 そしてもう一点、本作ならではの要素は――これは物語の本筋に関わってしまう部分なので、本作に関するインタビューの中での作者の言葉を借りて申し上げれば、「家族は万能薬ではありません」という言葉に尽きるでしょう。
 いわゆる人情ものにおいて、その最も基本であり、最も強い人情は、親と子の、親同士子供同士の…すなわち家族のそれであると言ってよいのではないでしょうか。
 それは、家族が人と人の結び付きの最小単位であることを考えれば、むしろ当然と言えるかもしれませんが――しかし本作は、それを残酷なまでに明確に、否定してみせるのであります。

 家族という幻想の否定…と言ってしまえば強すぎるかもしれません。しかし人が社会において一番頼ることが出来る存在は、果たして家族なのか? と言い換えれば、それは頷けるものでありましょう。
 そしてそれは、家族という存在の価値が不自然なまでに称揚されている現代において、有用な問いかけであると申せましょう(尤も、
現代の格差問題を明確に意識した部分と合わせると、その問題意識がいささか鼻につく部分はあるのですが…)


 いかにも作者らしい、ユニークで温かいなミステリのようでいて、その実、いかにも作者らしい、毒と苦味で満ちた物語である本作。作者のどちらの側面を愛する人であっても、楽しめる作品ではないかと思います。


「桜ほうさら」(宮部みゆき PHP研究所) Amazon
桜ほうさら

|

« 「戦国ケンタウロス」第1巻 まさに人馬一体!? 武田家意外伝 | トップページ | 「浣花洗剣録」第27集 伝説の古城と砂漠の修羅場と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57647562

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜ほうさら」 温かみと苦味の青春記:

« 「戦国ケンタウロス」第1巻 まさに人馬一体!? 武田家意外伝 | トップページ | 「浣花洗剣録」第27集 伝説の古城と砂漠の修羅場と »