« 「真・餓狼伝」第1巻 混沌の明治に餓狼現る | トップページ | 「水滸伝」第10話 「林冲 棒を持ち洪師範を打つ」 »

2013.06.18

「鬼と三日月 山中鹿之介、参る!」 鹿之介、鉢屋衆の闇に挑む

 かつて尼子家の出雲支配を助けた鉢屋衆は、しかし義久の代に至り毛利家と手を組み、尼子家を滅亡の淵に追いやる。尼子家再興を目指す戦いの中、鉢屋衆と対峙した山中鹿之介は、彼らが「しんのう様」なる存在を甦らせようとしているのを知る。果たして鉢屋衆の正体とは、そして鹿之介の戦いの行方は…

 現在、現代を舞台としたSFミステリ「完全なる首長竜の日」が映画化され公開されている乾緑郎ですが、時代小説の分野でもユニークな活動を続けております。
 第2回朝日時代小説大賞を受賞した「忍び外伝」、それに続く「忍び秘伝」と、いずれも時代小説の枠を飛び越える、超伝奇時代活劇で、大いに楽しませていただきました。

 そして時代小説第3弾である本作もまた、なかなかにユニークな作品です。
 主人公となるのは、タイトルにあるとおり山中鹿之介――毛利元就により一度は滅亡した尼子家を再興するため、尼子勝久を担いで立ち上がった豪傑であります。
 そして彼の生涯を通じて因縁を持つ存在が、鉢屋衆。元は漂泊の芸能集団でありつつも、その才を生かして月山富田城に潜入、尼子経久の富田城攻めに協力して以来、一種の忍者として活動してきた一族です。

 なるほど、尼子の家臣として共通項を持つ両者ですが、共演するのは珍しいという印象があります(というより、鉢屋衆が登場する作品自体、相当珍しいのではありますまいか)。しかもそれが敵対することになるとは…
 そして、この鹿之介の苦闘が物語の縦糸だとすれば、横糸となるのは、本作ならではの、作者ならではのとんでもない仕掛け――鹿之介がその生涯を通じて幾度となく出会うことになる「お国」の存在であります。
 見かけは普通の人間と全く変わらないながらも、全く脈というものを持たない――すなわち心臓の動きが感じられない――お国。
 しかも、彼女は、鹿之介の少年時代、青年時代、壮年時代と、全く異なる時代に出会っているにもかかわらず、常に同じ顔、同じ姿の「お国」として現れるのであります。

 果たして彼女は何者なのか――いや、より踏み込んで言えば、彼女は何のために生まれたのか? 本作は彼女の存在を通じ、超伝奇的世界に踏み込んでいくこととなります。
 「三日月」は「我に七難八苦を与えたまえ」と鹿之介が祈ったことで知られる、いわば彼のシンボル。それでは「鬼」の方は…


 と、実に作者らしい、意外すぎる、そしてスケールが大きすぎる物語が展開する一方で、しかし同時に不思議な説得力を感じさせる本作。
 これまでは忍者(もしくはそれに類する存在)を主人公にすることで、いわば裏側から歴史を描いてきた作者ですが、本作では歴史に名を残す戦国武将の視点から描くことにより、史実の側からも物語に広がりをもたらしているのは一つの工夫と言うべきでしょう。
 我々の知る歴史の背後で、とてつもない超常の秘事が展開していくというのは、まさしく時代伝奇ものの醍醐味であり、本作はその醍醐味を感じさせる作品なのですが――

 正直に申し上げれば、過去2作に比べると、少々インパクトに欠ける、という印象は否めません。
 ○○○○による××復活というアイディア自体は面白い(特に○○○○が登場する時代ものはほとんど読んだことがない)のですが、そこで終わってしまい、スケール不足に感じられてしまうのです。
(更に言えば、ここまではSF的だったものが、終盤で突然ファンタジーになってしまうのも少々残念)

 もちろんこれは、前2作がスケールが大きすぎただけ、本作が第1作であればまた違った印象になったのだとは思いますが…
 史実への目配りがより進んだことが、逆に足かせになった…とまでは言うつもりはありませんが、一長一短、まことに勿体なく感じられたところです。鹿之介をはじめとする、登場人物たちも魅力的であっただけになおさら…


「鬼と三日月 山中鹿之介、参る!」(乾緑郎 朝日新聞出版) Amazon
鬼と三日月 山中鹿之介、参る!


関連記事
 「忍び外伝」 恐るべき秘術・煙之末
 「忍び秘伝」 兇神と人、悪意と善意

|

« 「真・餓狼伝」第1巻 混沌の明治に餓狼現る | トップページ | 「水滸伝」第10話 「林冲 棒を持ち洪師範を打つ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57603839

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼と三日月 山中鹿之介、参る!」 鹿之介、鉢屋衆の闇に挑む:

« 「真・餓狼伝」第1巻 混沌の明治に餓狼現る | トップページ | 「水滸伝」第10話 「林冲 棒を持ち洪師範を打つ」 »